子供から大人まで学べるおすすめ英会話教室・スクール

通学タイプの英会話教室は「このような人」におすすめです

英会話教室には、リアルの教室に通う、従来型の通学タイプと、インターネットを使ったオンラインタイプがありますが、この記事では、通学タイプの英会話教室について考えてみます。

通学タイプの英会話教室(以下、英会話教室)は、どのような人に向いているのでしょうか。

「このような英語ニーズを持っている人は、このような英会話教室に通ってみてはいかがでしょうか」といった形で解説していきます。

さらに、英会話教室での学習スタイルを紹介して、英会話教室の効果的な利用方法も考えていきます。

ズバリ、こういう人は英会話教室に行こう

ズバリ、こういう人は英会話教室に行こう

通学タイプの英会話教室での学習に向いているのは、次のような人です。

  • 外国人と英語でコミュニケーションしたい人
  • 英語力を習得する必要に迫られている人
  • 英語学習にコストをかけられる人
  • ほかの学習方法で挫折した人

1つずつみていきましょう。

外国人と英語でコミュニケーションしたい人はなぜ英会話教室に向いているのか

英語を学んで外国人とコミュニケーションを取りたいという、「英語学習+外国人とのコミュニケーション」のセットは、根強い需要があります。

外国人とのコミュニケーションは、とても魅力があります。外国人と話すと、自分の世界が広がり、未知の知識を得ることができ、それによって日々の生活が充実したり、ビジネスチャンスが増えたり、海外旅行が充実したりします。

外国人とコミュニケーションを取るには英語学習が必要であり、英語力が向上すると外国人とのコミュニケーションが充実します。

英会話教室に通えば、そこには外国人講師がいて、英語を教わりながら彼ら彼女らと交友を深めることができます。

外国人と英語でコミュニケーションしたい人が、英会話教室に通えば、英語知識と学習モチベーションの両方を得ることができます。

英語力を習得する必要に迫られている人はなぜ英会話教室に向いているのか

英語力を獲得する必要に迫られている人とは、次のような人たちです。

  • 3カ月後に海外赴任することが決まった
  • 職場に外国人管理職が着任することになった
  • 海外企業との契約業務を任されるようになった
  • 英語検定で高得点を獲得しないと昇給・昇進できない

英会話教室のなかには、高度なビジネス英語を集中的に教えるところがあります。

そのような英会話教室は、ビジネスパーソンが抱える深刻な英語ニーズを知っているので、そのニーズに応えられるようにカリキュラムを工夫しています。

そのような英会話教室に通えば、受講者は最短ルートで高度な英語スキルを獲得することができます。

ただし、高度なビジネス英語を教える英会話教室は、受講者に難易度の高い課題を出すでしょう。ある英会話教室は、受講者が毎日3時間自宅学習することを前提にしてカリキュラムを組んでいます。

中級の英語力を上級に引き上げたり、上級の英語力を超上級に引き上げたりするのが得意な英会話教室があります。

もちろん、初級の英語力を中級に引き上げるところもあるので、事前に下調べしてから受講を申し込んでください。なお、このような英会話教室の受講料は高めに設定されています。

英語学習にコストをかけられる人はなぜ英会話教室に向いているのか

英会話教室は、コストがかかるビジネスです。教室を用意して、受講者と講師を迎え入れ、受講者1人ひとりにカリキュラムを用意しなければなりません。

そのため、英会話教室の受講料は、テキスト学習やオンライン英会話より高くなる傾向があります。

しかし、英会話教室の受講料が高めに設定されている理由は、運営コストが高いからだけではありません。

教える内容が充実しているからです。講師が受講者と対面して教える方法ほど、高い学習効果を生む学習法はないでしょう。効果があるので、料金が高くなるのはやむを得ません。

オンライン学習がどれだけ進化しても、学校がなくならないのは、対面授業の効果が高いからです。

したがって、「英語力を身につけるためであればコストは惜しまない」と考えている人は、英会話教室に通ったほうがよいといえます。

ほかの学習方法で挫折した人はなぜ英会話教室に向いているのか

テキストやDVDを使った学習やオンライン英会話に取り組んで挫折してしまった人は、英会話教室に通ってみてはいかがでしょうか。英語学習の壁には、

  • 飽き
  • モチベーションの低下
  • 覚えられないストレス

などがあります。これらの壁が1つでも存在すると挫折につながってしまいますが、1つでもブレークスルーできると英会話学習を継続できる可能性が出てきます。

過去に英語学習を挫折したことがある人は、変化を求めて英会話教室に通ってみてはいかがでしょうか。変化は、飽きを解消し、モチベーションの回復にも寄与します。

また、英会話教室の人たちに英語力を上がるコツを聞けば、これまで試したことがなかった学習法を知ることができるかもしれません。

学ぶ目的別に英会話教室の利用法を考えてみる

学ぶ目的別に英会話教室の利用法を考えてみる

英語学習の効果は、目的を1つに絞ったほうが高まります。なぜなら、英語のすべての技能を同時にすべて向上させることはできないからです。

ライティングとヒアリングを例に取っても、つづりや構文などのライティング学習が、ヒアリング力にそのまま直結することはありません。

英語力を上げるには、まずは1つの目的に向かって進みましょう。そうすれば、それにつられる形で周辺の知識も増えていき、最終的に総合力が身につきます。

この章では、学ぶ目的別に、英会話教室の利用法を考えてみました。

日常英会話の習得を目的にしている人に向いている英会話教室とは

日常英会話のスキル獲得を目的にしている人は、フレンドリーで親身になって教えてくれる英会話教室が向いているでしょう。

フレンドリーな英会話教室をみつけることは簡単です。問い合わせをするときや無料体験に参加したときに、英会話教室の経営者や責任者に、自分の英語学習の悩みを伝えてみてください。

話をしっかり聞いてくれて、こちらの立場になって回答してくれれば、期待できます。

また、日常英会話を目的にしている人は、外国人講師とフリートークできる時間を長く確保している英会話教室がよいでしょう。

日常英会話はときに、細かい文法や難解英単語をあえて無視して、簡単な英単語だけで気持ちを伝えることに専念したほうが伝わることがあります。

外国人講師とのフリートークを重ねれば「とにかく自分の気持ちを伝える」スキルが身につきます。

ビジネス英語の習得を目的にしている人に向いている英会話教室とは

ビジネス英語の習得を目的にしている人は、英会話教室を厳選しましょう。自分が英語を使ってどのような仕事をしたいのかを英会話教室の担当者に伝えてください。

高度なビジネス英語を教えている英会話教室なら、「言わんとしていること」を理解できます。

また、元ビジネスパーソンの講師やカウンセラーがいる英会話教室も、ビジネス英語の習得を目指す人に向いています。

元ビジネスパーソンの講師やカウンセラーたちは、自分がビジネス英語を習得する際に苦労した経験を持っていて、その実体験は受講者に大きなメリットをもたらすでしょう。

英語検定や英語試験で高得点を取ることを目的にしている人に向いている英会話教室とは

英会話教室のなかには、英語検定の合格や英語試験の高得点を保証しているところがあります。

高得点保証とは例えば、「○○検定で、受講前に300点だった人が、受講直後に500点以上獲得できなかったら、無料で1カ月間受講を延長できる」といった形を取っています。

合格や高得点の保証は、英会話教室にとってリスクになります。リスクを取ってでも保証するのは本気で教える覚悟があるからです。

英語検定や英語試験に向けた学習は、勉強の目的が明確なので、英会話教室は検定や試験の最新状況を研究したうえでカリキュラムを提供していますから、最短ルートで合格または高得点に導いてくれるはずです。

幼児の英語体験と子供の受験対策に向いている英会話教室とは

幼児や児童、生徒を英会話教室に通わせようとしている親御さんは、次の3点を押さえておきましょう。

  • 親のニーズ
  • 子供のニーズ
  • 子供と英会話教室とのマッチング

親の英語ニーズと子供の英語ニーズが一致するとは限りません。親は、子供の希望を聞きながら、どのような英語スキルを身につけさせたほうがよいのか考えてみてください。

親子の英語ニーズが一致すれば、あとは子供向け英会話教室に、そのニーズに応える学習を提供しているか尋ねればよいわけです。

例えば「帰国子女並みの英語力を身につけさせたい」「外国人と対等な立場でつき合える国際感覚を身につけさせたい」といった要望を伝えるとよいでしょう。

子供のために英会話教室を選ぶ方法と、学習塾や予備校を選ぶ方法は、少し違います。

学習塾や予備校に通う目的は「テストの点を上げるため」「入試に合格するため」などと明確なので、選定基準がはっきりしていますが、英会話教室選びの基準はそこまで明確でないので、親子の英語ニーズが合致していることはとても重要です。

そして親は、子供がその英会話教室になじむかどうか注意深く観察してください。幼児や子供の英会話学習は、楽しく学べることが大切です。

自分の子供と講師の相性や、自分の子供とほかの受講生との相性を気にしてあげてください。

英会話教室の概要や料金

英会話教室の概要や料金

英会話教室の概要と料金について解説します。

英会話教室とは

英会話教室とは、企業や個人の事業者がビルのテナントなどを借り、そこに教室を開き、受講者に通ってもらいながら、外国人または日本人の講師が英会話を教える場のことです。

英会話教室の事業者は大企業から個人事業主までさまざまです。

銀座や渋谷といった大都市にいくつも教室を開設している英会話教室がある一方で、地方で、外国人が日本人配偶者と小さな英会話教室を開いていることもあります。

日本人が教えることもある

英会話教室によっては、外国人講師だけでなく、日本人講師が在籍していることもあります。

日本人講師を配置するのは、外国人に物怖じしてしまう受講者への配慮もありますが、日本人講師のほうが日本人の英語学習の悩みを深く理解しているから、という理由もあります。

日本人講師といっても、英語検定や英語試験で高得点を挙げている人や英語でビジネスをしてきた人が多いので、英語の指導力を心配する必要はありません。

英会話教室の最高料金と最低料金

英会話教室の受講料には「いくら」という目安はありません。

受講料は、授業の内容や質、時間によって大きく変わります。3カ月で数十万円という高額な授業料を必要とする英会話教室は珍しくありません。

高度なビジネス英語を指導する英会話教室は、高額になる傾向があります。その一方で、1時間数千円という英会話教室もあります。

外国人講師とのフリートークや雑談を重視している英会話教室は、厳格なカリキュラムを組んだり、自前のテキストを製作したりするコストがかからないので、低料金にすることができます。

種類もレベルも豊富すぎるので注意を

ひと口に英会話教室といっても、英会話教室ごとに、学習方針や到達目標、カリキュラム、教室の雰囲気はまったく異なります。

英会話教室業界は、日本人のさまざまな英語ニーズに応えてきたので、このような状態になりました。

そのため、どのような英語ニーズにも応えられる一方で、種類が多すぎて、受講希望者は英会話教室選びで迷うかもしれません。

自分の今のレベル、将来到達していたいレベル、英会話教室に求めるものなどを整理したうえで、自分に合った英会話教室を探してみてください。