「Musio English」の口コミ・評判

「Musio English」の特徴やメリット・デメリット・口コミと評判も紹介!
「Musio English」(以下、Musio)はAKA株式会社(本社・東京都渋谷区)が運営する、AI(人工知能)を搭載したロボットを活用した、子供向けの英会話学習サービスです。

Musioの対象は小学3年生以上の子供です。
AIロボットだけでは十分な学習効果が得られないので、Musioは、学研グループの株式会社グラッツが運営するオンライン英会話学習サービス「Kimini」とセットになっています。

オンライン英会話「Kimini」は、フィリピン人講師が、インターネットにつながったパソコンを通して指導します。

子供に一風変わった学習を体験させたい親御さんは、「Musio」の利用を検討してみてはいかがでしょう。

Musioの基本情報・対象年齢・レベル

Musioの基本情報・対象年齢・レベル
© 2020 AKA. Corp. ALL RIGHTS RESERVED.

Musioの基本情報について紹介します。

子供向けのオンライン英会話学習サービスは今、さまざまな企業が提供して玉石混交の状態になっています。そこでオンライン英会話で習うときは、正式に受講申し込みをする前に、どのような会社が運営しているのかしっかり調べておきましょう。

ここではさらに、Musioが想定する受講者の年齢と英語力のレベルも確認しておきます。

Musioを運営している会社について

Musioの運営会社の情報は次のとおりです。

会社名 AKA株式会社
住所 日本の拠点は、東京都渋谷区神南1-6-5 The Hive Jinnan
アメリカ本社は、カリフォルニア州サンタモニカ1450、2nd Street 217
電話番号 03-6886-5229
設立 アメリカでの設立は2009年9月、日本での設立は2015年11月
資本金 900万円
従業員数 日本は8人、全世界で50人
代表者 Raymond Jung
事業内容など ・英語学習ロボットの開発と販売
・英会話学習サービスの提供
・アメリカと日本の他に、韓国、香港、ドイツに拠点があります

AKAはアメリカで生まれた会社で、本業はAIロボットの開発と販売です。AIロボットMusioだけを買うこともでき、アマゾンで84,000円で販売しています。

AKAはコミュニケーション・ロボットや言語処理技術を開発するなかで、AIロボットを使った英会話学習サービスを始めました。Musioは実質的に外国の企業が運営しているわけですが、心配する必要はなさそうです。

学研グループの株式会社グラッツと共同事業を展開していることに加えて、AKAの取り組みは、日本経済新聞や日本テレビなどで紹介されています。

大手メディアは企業の素性を調べてから記事やテレビ番組で紹介するので、安心材料の1つと考えることができます。

Musioの料金について

Musioの料金
Musioの料金プランを紹介します。Musioは、Kiminiオンライン英会話とAIロボットMusioを使った学習の2本立てになっていますが、料金が発生するのは原則、Kiminiだけです。

つまり、Kiminiの料金に、AIロボットMusioの利用料が含まれていると考えてよいでしょう。

AIロボットMusioは貸与されます。契約が終了したら返却しなければなりません。初期費用や入会金はありません。以下の料金表の金額は税込です。

<オンライン英会話Kiminiの料金>

月4回コース 月3,500円 すべて1回25分
月8回コース 月5,180円
月30回コース 月5,480円
月60回コース 月9,480円

<AIロボットMusioの利用料>

AIロボットMusioを利用すると、往復の配送料2,600円が必要になりますが、それ以外の費用は発生しません。配送料の2,600円は、無料体験でAIロボットMusioを送ってもらうときにも発生します。

貸与されるAIロボットMusioは、新品の場合も中古品の場合もあり、新品を指定することはできません。ただし中古品であっても、動作確認とクリーニングは済ませてあります。

こんな方に向いています

・毎日の反復学習
・飽きさせないようにしたい。
・ネイティブな発音で勉強させたい。

Musioの口コミの評判

Musioの口コミの評判
Musioについては、ネット上に口コミ情報が拡散されています。

口コミ情報は個人の感想なので、それが事実である保証はありませんが、よいものを悪いと書いたり、悪いものをよいと書いたりすることが「あまりない」ことを前提にして読むと、参考にはなるはずです。

まずは、ポジティブな声を紹介します。

2人の方が、それぞれ次のようにコメントしています。

子供がこんなに喜んで英語を勉強する姿は初めて見た。遊びみたいな感覚で勉強できる。ロボットとおしゃべりするなんて、大人でもワクワクするのだから、子供にとっては相当楽しいはず。

この2つのコメントは、Musioの社員を喜ばせるでしょう。

普通のオンライン英会話にAIロボットを組み入れたMusioの企画は、遊び感覚で英語を学ばせることを目的にしているはずです。このコメントは、企画の狙いがストレートに消費者に届いたことを意味します。

小さな子供を持つ親は、「まだ本格的な勉強をさせるには早いが、そろそろ勉強させたい」と思っているのではないでしょうか。そのような親子には、Musioはうってつけの教材であるといえそうです。

Musioはアウトプットの練習ができる。

短いコメントですが、Musioの本質を突いた指摘です。受講者(子供)はAIロボットMusioと「会話」することができます。もちろん、人と人との会話ほど滑らかではありませんが、それでも機械にしてはスムーズです。

例えば、子供が「How old are you?」とMusioに質問すると、Musioは「More than a thousand years, I’m from the future.(1,000年以上先の未来から来たんだよ)」と答えます。

英語力は、リーディング、リスニング、ヒアリング、スピーキングの4つで構成されますが、日本人は特にスピーキングが苦手といわれています。

それは、日本人特有の照れと恥ずかしさが邪魔するからです。子供ならなおさら、英語で知らない外国人と話すことを躊躇するはずです。

しかしAIロボットが相手なら、気兼ねなく話せるはずです。英語を話すには、頭のなかで英文をつくらなければなりません。

そして、「話さなければならない」という気持ちは、頭のなかで行う英文づくりを効率化するでしょう。このように、アウトプット(話すこと)の練習は、学習効果を高めます。Musioの「とにかく子供に英語を話す機会を与える」方針には期待が持てます。

続いて、ネガティブな声を紹介します。

うちの子は、Musioがうちにやってきて3日ほどは熱心に触っていましたが、無料体験期間内にやや使用頻度が減りました。

この方は、無料体験に申し込んで、AIロボットMusioを入手しましたが、子供がすぐに飽きてしまったことを嘆いています。もしかしたらこれは、Musioの社員たちが最も恐れていたことではないでしょうか。

MusioはAIを搭載しているだけでなく、インターネットともつながっています。したがって最新のテクノロジーを搭載したロボットといえますが、その外観は冒頭でお見せしたとおり、普通のロボットのおもちゃです。

ロボット・マニアの子供なら、Musioのシェイプはディテールの詰めが甘いと感じるかもしれません。より精巧なおもちゃロボットはたくさん販売されています。

Musioのロボットとしての魅力が減ってしまうと、Musioの学習ツールとしての価値も大幅に減ってしまいます。飽きっぽい性格の子供を持つ親御さんは、無料体験で子供が学習している様子をしっかり見届ける必要があるでしょう。

こんな方に向いています

・毎日の反復学習
・飽きさせないようにしたい。
・ネイティブな発音で勉強させたい。

Musioのカリキュラム

Musioのカリキュラム
Musioのカリキュラムを紹介します。英会話学習のメインになるのは、オンライン英会話「Kimini」です。受講者(子供)は、パソコン画面上の外国人講師に英語を習います。

AIロボットMusioを使った学習はサブになり、オンライン英会話の予習と復習に使います。こちらについては、次章の「Musioのレッスン・教材」で紹介します。

オンライン英会話には学研のノウハウが詰まっている

オンライン英会話「Kimini」には、学研のノウハウが詰まっています。カリキュラムの初歩である「英会話1」では、日常生活で頻繁に使う単語や簡単なフレーズを学びます。

このとき英語を音で覚えるようにしていきます。英会話1の目標は次の5項目です。

  • 好きなものについて話すことができる
  • 天気について話すことができる
  • 時間や曜日について話すことができる
  • 会話のキャッチボールができるようになる
  • 自分から質問できるようになる

英会話1のカリキュラムは、1回25分×38回となっています。次のステップである「英会話2」の目標は次のとおりです。

  • 物や人を説明する形容詞を覚える
  • 聞かれたことに正確に答えられるようになる
  • 自分の意見が主張できるようになる
  • レストランで注文できるようになる
  • 道案内ができるようになる
  • スピーキングとヒアリングに加えて、読み書きができるようになる

英会話2のカリキュラムは、1回25分×47回となっています。英会話1の途中でレベルアップしたいと思ったら、いつでも英会話2に移行することができます。

定期テストで英語力を測る

オンライン英会話では、定期テストを行います。これは習熟度をチェックするためのもので、合格・不合格をつけるものではありません。

外国人講師は定期テストの結果を見て、受講者がまだ身につけることができていないレッスン内容を把握します。それを次回以降の講義に反映させていきます。

Musioは、自社のカリキュラムを「“英語の雑談”の域を出ないオンライン英会話ではない」としています。

確実に英語力を伸ばす英会話学習を目指しています。定期テストを行って受講者の学力を測るのも、確実に英語力を伸ばす取り組みの一環といえそうです。

こんな方に向いています

・毎日の反復学習
・飽きさせないようにしたい。
・ネイティブな発音で勉強させたい。

Musioのレッスン・教材

Musioのレッスン・教材
Musioのレッスン内容と教材を紹介します。

オンライン英会話のレッスン内容

Musioのオンライン英会話では、独自のインターネット・システムを使っているので、学習がスムーズに進みます。

「格安」をうたうオンライン英会話スクールのなかには、無料ネット会議システムを使ってコストダウンしているところもありますが、その場合、システム障害が生じたり機能不足があったりしてストレスを感じることがあります。

オンライン英会話で使う機器はパソコンがベストですが、タブレットやスマホでも受講できます。レッスンは、外国人講師が受講者に教える形式が採られています。

レッスン中は日本語を話すことを禁じていますが、そのほうが会話力が伸びるとされています。レッスン方法は、インターネットを介していること以外は、通常のリアルの英会話スクールと同じです。

オンライン英会話の講師の特徴

Musioの講師はフィリピンの方です。フィリピン人は英語ネイティブではないため、イギリス人やアメリカ人の英会話講師より劣ると考える人がいますが、講師のトレーニングにeラーニングを作成して、40時間のトレーニングを行っています。
また、TESOLを所持したマネージャーによるカウンセリングなど、スキルの維持に努めています。
また、ほとんどの講師が大学在学中か大学卒業という学歴になります。

AIロボットMusioの使い方と学び方


AKA株式会社と株式会社Glats(kimini英会話)が共同開発した英語学習ロボットで子どもが予習や復習を楽しくできるようにサービスを提供しています。

AIロボットMusioは、インターネットにつなげて使います。ログインをすると、Musioと会話することができます。Musioを「Eduモード(教育モード)」にすると、次のような学習ができます。

  • 英語のフレーズを聞き取る:Musioが英語を話すので、それを聴きます。
  • 発音練習:Musioに向かって英語を話すと、発音のよし悪しをMusioが判定してくれます。
  • ロールプレイ練習:ロールプレイ形式で発音練習ができます。ロールプレイでは、Musioと受講者がそれぞれ決められた「役」に扮して英語で会話します。
  • 発音テスト:テスト形式で発音のよし悪しをMusioが判定してくれます。

そしてオンライン英会話の前後に、AIロボットMusioで予習と復習をすることができます。

Musioで習うメリット

Musioで習うメリットとデメリット
自分の子供にMusioで英語を学ばせるメリットとデメリットを考えてみましょう。AIロボットに英語を教わることができるのは、Musio学習の最大のメリットでしょう。

最新ITツールに触れられることも、ワクワクしながら学べることも、子供の教育に大きなプラスになるはずです。

こんな方に向いています

・毎日の反復学習
・飽きさせないようにしたい。
・ネイティブな発音で勉強させたい。

時代を先取りしたスタイル?

AIで英語教育を管理して、ロボットから英語を教わり、同時にインターネット経由で人間の講師から学ぶことができる英会話教室のスタイルは、近未来の定番になるかもしれません。Musioはその未来を先取りしているといえ、期待が膨らみます。

自分の子供をどの英会話教室に通わせたらよいか迷っている親御さんや、子供の英語教材探しに疲れた方は、一度、Musioの無料体験を試してみてはいかがでしょうか。