英語の勉強をしている20代~60代の男女98人にアンケート調査

英語の勉強をしている20代〜60代の男女 98人を対象にアンケートを実施しました。
「勉強方法」や「英語学習において不安・不満・不便に感じること」「勉強時間・勉強回数」などについて調査した結果をまとめ、考察とともに紹介します。

アンケート回答者の属性

アンケート回答者の属性

アンケート回答者の「英語学習歴」は、次のようになっています。
「3ヶ月未満」の方から「10年以上」の方まで、さまざまな英語学習経験をお持ちの方に回答していただきました。

英語学習歴

英語を勉強している理由

英語を勉強している理由

英語を勉強している理由について調査したところ、「仕事で利用する」と回答したのは34人、「日常生活で利用する」と回答したのは64人という結果でした。

それぞれの理由の内訳は、次のようになっています。

仕事で利用する

  • 仕事上海外とのやり取りが多いから(50代・男性)
  • 業務上要求される技術だから(40代・男性)
  • 在宅で英会話講師をしたいから(40代・女性)
  • 外資系企業に勤めているから(50代・男性)
  • 英会話講師・翻訳者としてのスキルアップするため(30代・男性)
日常生活で利用する

  • いつかは海外で生活したいと思っているから(30代・男性)
  • 字幕や吹き替えなしで映画やドラマを観たいから(40代・女性)
  • 海外が好きで、海外の友達とコミュニケーションを取りたいから(30代・女性)
  • 海外旅行が趣味で、英語を話せると楽しくなると思ったから(40代・女性)
  • 好きなアーティストの英語を原文のまま理解したいから(30代・女性)

今回の調査では、「仕事で利用する」と回答した人が少数派であったものの、外資系企業に勤めている方や、英会話講師や翻訳家をしていたりするなど、業務上英語が必要な人が一定の割合を占めていることがわかりました。

一方、全体の6割以上の人は、日常生活で役立てたり、趣味として楽しんだりするために英語を勉強しているという結果となっています。

現在日本で生活している人でも、「海外ドラマや洋画を字幕なしで楽しみたい」「留学で身につけた英語力をキープしたい」など、高い目的意識をもって英語学習に励んでいることが見受けられます。

また、中には「将来的に海外移住を考えている」という人や、「暇つぶし」「英語を話せたらカッコイイ」などといった理由から英語を勉強している人もいました。

勉強方法について

英語の勉強方法について調査したところ、最も回答が多かったのは「独学(81人」でした。(※複数選択回答)
その他には、「オンライン英会話スクール(20人)」「英会話教室(9人)」という解答がみられました。
また、全体の半数以上にあたる56人が「独学のみ」と回答。

勉強方法について

1位 独学

98人中81人が「独学」で英語を勉強していることが分かりました。また、そのうちの56人は、「独学のみ」で英語を勉強しています。

多くの人が、参考書や英語学習サイト、海外ドラマ、洋画などを使って独自の方法で英語を勉強しているようです。

オンライン英会話スクールを利用するにしろ、通学型英会話スクールで英語を学ぶにしろ、英語を習得するには英単語のインプット学習や海外ドラマ鑑賞などといった「独学」は割けては通れないことがわかります。

2位 オンライン英会話スクール

2番目に回答者が多かったのは、「オンライン英会話スクール(20人)」でした。
オンライン英会話スクールは、教室に通うことなく、自宅に居ながら低価格で英会話レッスンを受けられるのが魅力です。

多くの方が、独学の一環として、または独学のサポート的にオンライン英会話を利用しているようです。

オンライン英会話スクールは、独学で不足しがちなアウトプット学習量を確保する方法としてもおすすめです。

3位 英会話教室(通学)

通学型英会話スクールを利用していると回答した人は、98人中9人でした。
一昔前までは、「英語を勉強する」というと、通学型英会話スクールを利用するというイメージがありました。

しかし、費用を抑えてより気軽に利用できるオンライン英会話スクールが普及している昨今では、通学型英会話スクールを利用して英語を勉強しているという方はそれほど多くないようです。

とはいえ、通学型英会話スクールには、「講師と対面でレッスンできる」「強制力があるから続けやすい」といったメリットも。

オンライン英会話スクールまたは通学型英会話スクールのどちらが自分に合っているのかを見極めることが大切でしょう。

勉強時間と月の勉強回数

次に、1回あたりの勉強時間と、月あたりの勉強回数について尋ねました。
その結果、1回あたりの勉強時間は「30分以上〜1時間以内」という解答が98人中48人と大多数を占める結果に。また、「30分以内」と解答した人は25人、「1時間以上〜2時間以内」と解答した人は23人となっています。

勉強時間

一方、「3時間以上〜」と解答した人は、2人とかなり少数派でした。

1回あたりの学習時間が1時間以内という人が、98人中73人と大多数を占めることから、「仕事や学校で忙しく、1時間以上のまとまった学習時間を日常的に確保できない……」という人が少なくないことがわかります。

月の勉強回数

1回あたり25分間でサクッとレッスンを受けられるオンライン英会話を利用したり、5分といったスキマ時間で学習に取り組めるスマホアプリを活用したりするなど、スキマ時間を有効に活用することが勉強時間を増やす方法として有効でしょう。

また、「月に何回勉強していますか?」という質問には、31人が「月5回未満」、続いて25人が「月11日〜20日」、24人が「月5日〜10日」と回答しています。

「ほぼ毎日」「毎日」と回答した人は、合わせて18人と少数派でした。

一般的に、英語を効率良く習得するには、毎日少しずつでも机に向かって勉強することが推奨されています。
しかし、実際に毎日英語を勉強できているという人は少数派のようです。

不安、不満、不便に感じること

英語を勉強するにあたって不安や不満、不便に感じていることを調査したところ、「独学の限界を感じる(33人)」「モチベーションが続かない(20人)」「成長が解らない(15人)」という結果でした。

解答数上位6位までのランキングは次の通りです。

不安、不満、不便に感じること

  1. 独学の限界を感じる(33人)
  2. モチベーションが続かない(20人)
  3. 成長が解らない(15人)
  4. 料金が高い(14人)
  5. 時間がない(9人)
  6. 発音に不安がある(7人)

1位 独学の限界を感じる

全体の約3分の1の方が、「独学での英語学習」に限界を感じているようです。
具体的には、次のような声がありました。

  • 最近は「独学では限界があるのかな」と思っています(40代・男性)
  • 独学なので、特に喋りがそこまで進歩しません(40代・男性)
  • 独学なので正解がわからない。頼れるのが参考書だけなので不安になることが多い(40代・女性)
  • 独学なので、英作文の添削が困っている(50代・女性)

自分の目的やレベルに合わせて、自分のペースで自由に学べるのが魅力の独学ですが、その反面「勉強の方法がわからない」「スピーキングが上達しない」「一人でできることは限られている」など、独学の限界を感じている人は多いようです。

特に、スピーキングやライティングは、喋り相手や添削を頼める相手を必要とすることから、独学で特に限界を感じやすい分野です。

2位 モチベーションが続かない

98人中20人の方は、英語学習とりわけ独学での不安や不満として「モチベーションが続かないこと」を挙げています。

  • 独学なので、疲れた時などどうしてもだれてしまう時があります(50代・男性)
  • 独学でしているので、どうしてもやる気が出ない(40代・男性)
  • 独学のため、眠くなる(40代・女性)

独学では、自分で自分のモチベーションを高く維持する必要があります。多くの方は、英語を独学するにあたって、モチベーションが続かないことを課題視しているようです。

3位 成長が解らない

98人中15人の方は、「(自分の英語力の)成長が解らない」と解答しました。

  • 上達している雰囲気が自分自身で感じられない(30代・男性)
  • 自分の現状の語学力が分からない(20代・女性)
  • 勉強していることが身についているのか分からない(30代・男性)

独学をするにあたっては、英語力を測定するテストを受ける機会が少ないこともあり、自分の英語力の成長が解らない・実感できないという悩みを抱えている方が多いようです。

この悩みを解消するには、定期的に英語試験を受けたり、英語レベルチェックテストを受けられるオンライン英会話スクール、通学型英会話スクールを利用したりして、自分の成長をしっかり把握できる環境を作ることが大切でしょう。

効率良く英語を伸ばすためには、一人ではなくオンライン英会話、通学型英会話スクールを利用するなどして、独学の弱点を補っていくことをおすすめします。

4位 料金が高い

98人中14人の方は、英語学習における不安や不満点として「料金が高い」と解答しています。

  • スクールに通いたいですが、スクール代が高いので通えていません(50代・女性)
  • 教室に行くにはお金がかかるため、英語の得意な友人に教えてもらいながらやっています(50代・男性)
  • 本当は英会話スクールに通いたいが、料金が高くて通えない(30代・女性)

今回の調査で、英語を独学している人が「98人中81人」と全体の多くを占めていたことには、「英会話教室やオンライン英会話スクール、英語教材の料金が高い」と感じている人が多いことも関係しているでしょう。

「できるだけ費用を抑えたいけど、独学はもう限界……」と感じているのであれば、月額2,000円台~5,000円程度の低価格でレッスンが受けられるオンライン英会話もあります。

たとえば、業界大手の「レアジョブ英会話」やプロの講師から英語を学べる「QQ English」は、月4回でお手頃なプランを用意しています。

各社月額無料体験返金・保証強み公式サイト

レアジョブ英会話
レアジョブ英会話
4,620円~吹き出し
2回あり
詳細吹き出し
公式サイト

QQ English
QQ English
2,680円~吹き出し
2回あり
詳細吹き出し
公式サイト

※価格は税込みです。

「月に1万円以上のまとまったお金は払えない……」という方は、お手軽な料金プランを用意している「レアジョブ英会話」や「QQ English」を試しに利用してみるといいでしょう。

6位 発音に不安がある

5位の「時間がない」に続いて、98人中7人が「発音に不安がある」と解答しました。

  • 独学だと、発音が合っているかが大変不安です(40代・男性)
  • 英語の発音が合っているのか分からず不安です(30代・女性)
  • 発音の細かいアクセントが今ひとつ分かりにくい。英文読みは理解できるようになってきたが、会話は自身がない(30代・男性)

発音は、語彙や文法、リーディングしなどと比較して、自分一人では勉強・練習するのが比較的困難な分野であるため、不安を抱いている人が多いようです。

また、自分一人では「自分の発音が合っているのか間違っているのか」をチェックすることができないから不安を感じているという声が目立ちました。

英語の発音に不安を感じているのであれば、マンツーマンレッスンやコーチングなどを通してネイティブから発音指導を受けられる英会話教室・オンライン英会話スクールを利用することをおすすめします。

たとえば、「ハツオン」「GSET」「ハミングバード」の3社は、いずれも英語の発音指導に特化したスクールなので、効率良く発音を上達させることができます。

各社料金無料体験返金・保証強み公式サイト

ハミングバード
ハミングバード
パッケージ
5,184円~吹き出し
1回あり
詳細吹き出し
公式サイト

ハツオン
ハツオン
2ヶ月
198,000円
無料カウンセリングなし
詳細吹き出し
公式サイト

GSET
GSET
月57,200円吹き出し
1回なし
詳細吹き出し
公式サイト

プロの講師から英語の発音を学ぶことで、独学にありがちな「発音が合っているかわからない」という不安や、人前で英語を話すことに対する苦手意識を解消できます。

スクールに通うとなると多少の費用はかかりますが、「短期間で英語の発音をマスターしたい」という人は、期間を決めてスクールに通うことも検討してみてはいかがでしょうか。

資格について

「英語系の資格を持っているかどうか」を尋ねたところ、資格ありが「47人」、資格なしが「51人」という結果になりました。

資格ありと回答したの方が保有している資格の種類の内訳は、次の通りです。

  • 英検(35人)
  • TOEIC®(10人)
  • サービス接遇検定2級(1人)
  • cambridge英検資格(1人)
  • 国連英検特A級(1人)
  • 通訳案内士(1人)

英検またはTOEIC®の資格を保有している方が大多数を占めています。
中には、「サービス接遇検定2級」や「cambridge英検資格」「国連英検特A級」「通訳案内士」の資格を保有している方もいました。

英語資格といえば、英検やTOEIC®の他に「TOEFL」や「IELTS」が有名ですが、今回のアンケート回答者の中にはこれらの資格を持っている方は居ませんでした。

理由としては、「日本国内の進学・就職では、TOEFLやIELTSよりも、英検・TOEIC®が役立つこと」が「TOEFLやIELTSは、英検・TOEIC®と比較して難易度が高く、一人で対策するのが難しいこと」などが考えられます。

「TOEFLに挑戦してみたいけど、独学では難しそう……」とか「IELTSを受けたいけど、どうやって対策していいかわからない……」などという方は、英語試験対策に特化したオンライン英会話スクールや、通学型英会話スクールを利用するといいでしょう。

今回のアンケート結果のまとめ

今回は、英語の勉強をしている20代〜60代の男女 98人を対象に実施したアンケート結果と考察を紹介しました。

アンケート結果サマリー

  • 98人中81人が「独学」で英語を勉強していると回答。また、そのうち、56人は「独学のみ」と回答。
  • 英語学習者の多くは、「独学の限界を感じる(33人)」「モチベーションが続かない(20人)」「成長が解らない(15人)」など、独学における不安や不満を感じている。
  • 98人中計73人が「1回あたりの勉強時間は1時間以内」、31人が「1ヶ月あたりの勉強日数は5日以内」と解答。
  • 回答者の約半数が、英語系の資格を保有している。資格の種類は「英検(35人)」と「TOEIC®(10人)」が主要。

今回のアンケート結果から、英語学習者の多くは「独学」で英語を勉強していることがわかりました。

しかし、英語を勉強している方の3分の1は、独学に限界を感じています。他にも、「独学だとモチベーションが続かない」「自分の英語力が成長しているのかどうか解らない」などという声も多くありました。

英語を独学で勉強している皆さんの中にも、このような悩みを抱えている方が少なくないでしょう。

英語の独学に限界を感じているという方には、オンライン英会話または通学型英会話スクールの利用がおすすめです。

課題について

オンライン英会話または通学型英会話スクールを利用することで、独学では限界を感じやすい「スピーキング」や「ライティング」を効率良く伸ばすことができます。

また、講師からマンツーマンで英語を学べるので、英語学習に対するモチベーションを高く保ちやすいというメリットもあります。

また、定期的にレベルチェックテストを受けられるスクールを選べば、自分の現状の英語力をチェックできるので、「自分の成長が解らない……」といった悩みも解消できます。

オンライン英会話スクール、および通学型英会話スクールのメリットを以下の表にまとめました。

  メリット
オンライン英会話スクール ・低価格で利用できる
・時間に融通が利きやすい
・場所を選ばない
通学型英会話スクール ・講師から対面で英語を学べる
・強制力があるので続けやすい

それぞれメリットが異なるので、自分に合うスクールを選ぶことが大切です。
各スクールが提供する「無料体験レッスン」を活用すれば、費用をかけることなくレッスンを試しながら、複数のスクールを比較選定できます。

独学での英語学習に限界を感じている方や、「モチベーションが続かない」「英語力が身についているのか解らない……」などとお悩みの方は、これを機にぜひ「オンライン英会話スクール」や「通学英会話スクール」の利用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。