英語の数字・単位の読み方や表現方法の覚え方

英語の数字・単位の読み方や表現方法の覚え方

「英語の長さや重さなどの単位がよくわからないため会話のときに聞き取れない…」

「アメリカに行ったとき、日本との単位の違いに戸惑った…」

と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 

海外旅行、日常生活、ビジネスのどのシーンにおいても、長さや重さなどを表現しなくてはならない状況によく直面しますが、英語の数字の発音が日本で使う発音と違っていることや、単位が日本とは違うために上記のような問題が起きてしまいます。

しかし、カテゴリーに分けて整理して学習することで、最初は多少難しく感じるかもしれませんが、しだいに使いこなせるようになってきます。

単位を勘違いしてしまったことで、相手とのコミュニケーションに誤解が生じ、よからぬトラブルにあうことがあります。この機会に英語の単位をしっかり学ぶことをおすすめします。 

今回は、基本的な英語の単位とその表現方法について、例文をまじえて詳しく解説します。

YouTube動画で発音チェック!

動画では、英語の数字や単位の発音を聞くことができるので記事と合わせて効率的に学習しましょう。

数字の読み方

英語の数字の読み方

生活のいろいろなシチュエーションにおいて、ものの大きさや距離などを数字で表す言葉が頻繁に登場します。そして、たいていの場合は、「数字+単位」という形で、セットで使われています。

英語の数字の読み方は、日本語とは異なる表現をするので、日頃から数字の表現に慣れていないと、スムーズに読んだり、聞いてすぐに理解したりすることができません。

英語の単位について学習する前に、まずは、英語の数字の読み方に慣れておきましょう。

それぞれの数字を繰り返し声に出して読んでください。英語のリズムに馴染むことで、しだいに数字の表現を使いこなせるようになります。

桁数の多い数字の読み方

1桁2桁など、桁数の少ない数字の読み方は問題なくても、桁数が大きくなると混乱してしまう人が多いかもしれません。

日本語での数字は、「一・十・百・千」、「万・十万・百万・一千万」と4桁区切りで桁の読み方が変化しますが、英語では3桁区切りで変化します。

以下表のように、英語ではコンマにそって3桁で区切って読むということがポイントで、3桁上るごとに位取りが変化するということに注意しましょう。

漢数字 数字 英語での読み方
1 one
10 ten
100 one hundred
1,000 one thousand
一万 10,000 ten thousand
十万 100,000 one hundred thousand
百万 1,000,000 one million
一千万 10,000,000 ten million
一億 100,000,000 one hundred million
十億 1,000,000,000 one billion
百億 10,000,000,000 ten billion
一千憶 100,000,000,000 one hundred billion
一兆 1,000,000,000,000 one trillion
十兆 10,000,000,000,000 ten trillion
百兆 100,000,000,000,000 one hundred trillion

なお、書類やメールでは、桁数が多い数字はゼロを省略してアルファベット記号で省略して記すことがあります。

【例】

  • 5,000→「5K」
  • 50,0000→「50K」

このように表記されることがありますので覚えておきましょう。

記号 意味
K thousand
(0を3つ加える)
キロ
M million
(0を6つ加える)
メガ/ミリオン
G billion
(0を9つ加える)
ギガ
T trillion
(0を12つ加える)
テラ

小数点の読み方

小数点「.」は「point(ポイント)」と読みます。小数点より前の数字は、上記で記したように桁で区切って読みますが、小数点以下の数字は、日本と同じで1つずつ読みます。

【代表的な小数点の英語表現】

数字 英語での読み方
0.1 zero point one
1.25 one point two five / one and a quarter
1.5 one point five / one and a half
3.14 three point one four
10.25 ten point two five / ten and a quarter

なお、0.25は「quarter(クオーター)」、0.5は「half(ハーフ)」と読むこともあります。

分数の読み方

分数は分母と分子からなります。

日本語では、「二分の一」、「三分の一」というように「分母・分子」の順に読みますが、英語では「分子・分母」の順になり、分子は整数で分母は順番を数える序数を表します。

【代表的な分数の英語表現】

漢数字 数字 英語での読み方
二分の一 1/2 one-half / a half
三分の一 1/3 one-third
四分の一 1/4 one-fourth / one quarter / a quarter
五分の一 1/5 one-fifth
二分の三 2/3 two-third
二分の五 2/5 two-fifth
四分の三 3/4 three-forth / three quarters
二と三分の一 2 1/3 two and one-third

なお、1/2は「half(ハーフ)」、1/4「quarter(クオーター)」とも読むことがあります。

英語のおもな単位

英語のおもな単位
長さや重さを表す単位は「unit(ユニット)」といいます。

日本で採用されているメートルやグラムなどの単位は、「Metric Unit(メートル単位)」といいます。

このメートル単位は国際基準として多くの国で使われていますが、使われている単位は国によって異なり、アメリカなどでは「Customary Unit(慣用単位)」を使用しています。

また、単位の名称が同じであっても換算する基準値が異なることがあります。

海外を訪れる場合や、海外の人とやりとりをする場合、相手の国の単位のルールについて、ある程度知っておいたほうがいいでしょう。

今回は、おもにアメリカで使われている単位について、日本で使われている単位と対比させて紹介します。

長さを表す

どれくらいの長さかどれくらいの距離かを表す場合、日本ではメートルやキロメートルを用います。

一方、アメリカでは、短いものから順番に、

  • inch(インチ)
  • foot/feet(フット / フィート)
  • yard(ヤード)
  • mile(マイル)

を用います。

省略表記 日本の単位との対比
inch in / ″ 1インチ = 約2.54㎝
foot(単数) / feet(複数) ft / ′ 1フット = 約30.48cm
yard yd 1ヤード = 91.4cm
mile mi / ml 1マイル = 1.61km

なお、inch、foot/feet、yard、mileの関係は以下のとおりです。

  • 1 foot = 12 inches
  • 1 yard = 36 inches
  • 1 yard = 3 foot
  • 1 mile = 1,760 yards

【例文】

She is five inches taller than her mother.
(彼女はお母さんより5インチ背が高いです。)

The average height of this team is six feet.
(このチームの平均身長は6フィートです。)

The central station is about five miles away.
(中央駅は約5マイル先にあります。)

重さを表す

体重などの重量を表す場合、日本ではグラムやキログラムを用いますが、アメリカでは、

  • ounce(オンス)
  • pound(ポンド)
  • short ton(ショートトン)

を用います。

省略表記 日本の単位との対比
ounce oz  1オンス = 約28.35g
pound lb / # 1ポンド = 約0.45kg
short ton t 1ショートトン = 約907.17kg

なお、ounce、pound、short tonの関係は以下のとおりです。

  • 1 pound = 16 ounces
  • 1 short ton = 2,000 pounds

【例文】

Five ounces of butter is used in this dish.
(この料理には5オンスのバターが使われています。)

Recently I gained five pounds.
(最近、私は5ポンド体重が増えました。)

This machine weighs roughly two short tons.
(この機械はおよそ2ショートトンの重さです。)

面積を表す

土地などの面積を表す場合、日本では平方メートルや平方キロメートルを用いますが、アメリカでは、

  • square inch(スクエアインチ)
  • square foot / feet(スクエアフット / スクエアフィート)
  • acre(エーカー)
  • square mile(スクエアマイル)
  • hectare(ヘクタール)

を用います。

省略表記 日本の単位との対比
square inch sqin 1スクエアインチ = 約6.45㎠
square foot / feet sqft 1スクエアフット = 約0.09㎡
square yard sqyd 1スクエアヤード = 約0.84㎡
acre ac 1エーカー = 約4,046.87㎡
square mile sqmi 1スクエアマイル = 約2.59㎢
hectare ha 1ヘクタール = 約10,000㎡

なお、それぞれの単位の関係は以下のとおりです。

  • 1 square foot = 144 square inches
  • 1 square yard = 9 square foot
  • 1 acre = 4,840 square yards
  • 1 square mile = 640 acre
  • 1 hectare = 0.004 square mile

【例文】

This company owns about 5 acres of land.
(この会社は約5エーカーの土地を所有しています。)

The island of Hawaii is 4,028 square miles.
(ハワイ島の面積は4,028平方マイルです。)

This factory has an area of 2 hectares.
(この工場の敷地は2ヘクタールです。)

容量を表す

液体などの容量を表す場合、日本ではミリリットルやリットルを用いますが、アメリカでは、

  • ounce(オンス)
  • cup(カップ)
  • pint(パイント)
  • quart(クオート)
  • gallon(ガロン)

を用います。

省略表記 日本の単位との対比
ounce / fluid ounce oz 1オンス = 約29.57ml
cup c 1カップ = 約236.58ml
pint pt 1パイント = 約473.17ml
quart qt 1クオート = 約946.35ml
gallon gal 1ガロン = 約3.78ℓ

また、それぞれの単位の関係は以下のとおりです。

  • 1 cup = 8 fluid ounces
  • 1 pint = 2 cups
  • 1 quart = 2 pints
  • 1 gallon = 4 quarts

【例文】

This bread contains 1 cup of milk.
(このパンは、1カップのミルクを含んでいます。)

He drank a pint of beer after his workout.
(彼は運動後、一杯のビールを飲みました。)

The price of gasoline has increased by $2 per gallon.
(ガソリンが1ガロンにつき2ドル値上がりしました。)

温度を表す

気温や体温などの温度を表す場合、日本では摂氏(℃)を用いますが、アメリカでは、華氏(℉)を用います。

摂氏と華氏は、以下の変換式で計算しますが、大体の温度は以下の対比表を参考にしてください。

  • 摂氏(℃)={華氏(℉)-32}÷1.8
  • 華氏(℉)={摂氏(℃)×1.8}+32

【気温対比表】

華氏(Fahrenheit) 摂氏(Celsius)
0 -17.8
20 -6.7
32 0
40 4.4
60 15.6
80 26.7
100 37.8

【体温対比表】

華氏(Fahrenheit) 摂氏(Celsius)
95 35
96.1 35.6
97 36.1
97.9 36.6
99 37.2
100 37.8
101.1 38.4

【例文】

Water freezes at 32 degrees Fahrenheit.
(水は華氏32度で凍ります。)

The temperature can rise to 100 degrees Fahrenheit.
( 気温は華氏100度まで上がります。)

My body temperature is 97 degrees Fahrenheit.
(私の体温は華氏97度です。)

数量を表すときに使うボキャブラリー

数量を表すときに使うボキャブラリー
英語の単位をいろいろ学びましたが、具体的な数値を瞬時に計算するのは大変です。寸分たがわぬ正確性を求められている状況でないなら、大まかな数値で答えてもいいでしょう。

以下で紹介するボキャブラリーは、大体の数値を言い表すときに使えますので、覚えておくと便利です。

だいたい/おおよそ

数値を表すとき「だいたい○○くらいです。」と表したい場合は、以下の表現を用います。

意味 ニュアンス
about 約、だいたい 日常使い
around 約、だいたい 日常使い
roughly おおよそ、大まかに 日常使い
approximately おおよそ、近似的に 正確値にかなり近い
almost だいたい、ほとんど もう少しでその値に達する
nearly ほとんど、もう少しで 基準とする数値に迫っている

【例文】

She’s roughly five feet tall.
(彼女の身長はおおよそ5フィートです。)

The water temperature will nearly reach 32 degrees Fahrenheit.
(水温はもう少しで華氏32度に達します。)

以上/以下

数値の範囲を表す場合は、以下の表現を用います。表現によって、その数値を含めるのか含めないのかが異なるので、注意が必要です。

意味 ニュアンス
or more 以上 その数値を含める
at least 以上 その数値を含める
or less 以下 その数値を含める
more than 超える その数値を含めない
less than 未満 その数値を含めない
up to まで その数値含めて限界とする

【例文】

Today’s high temperatures will be more than 100 degrees Fahrenheit.
(今日の最高気温は華氏100度以上になるでしょう。)

Passengers are allowed to carry on luggage that weighs up to 22 pounds.
(乗客は重さ22ポンドまでの荷物を機内に持ち込めます。)

英語初心者におすすめのオンライン英会話

第1位 kimini英会話|10日間の無料体験あり

kimini英会話
料金形式強み
対象年齢:未就学児~大人まで
・スタンダードプラン
 月額 6,028円
 10日間無料

・ダブルプラン
 月額 10,428円

・プレミアムプラン
 月額 17,028円

・ウィークデイプラン
 月額 4,378円

※税込価格です。

・10日間無料
・友達紹介キャンペーンあり
・クーポンあり

・オンライン英会話
・スマホ、タブレットでも受講可能
・70年の歴史を持つ「学研」
英語上達の為には、まず講師の指導力が大事と考えています。
eラーニングで40時間トレーニングして、TESOL資格(英語を母語としない方に向けて英語を教える方法)を所持したマネージャーによるスキルチェックやカウンセリング、また生徒からのフィードバックを元に教育を行っていて、時間と手間を掛けてプロフェッショナルな講師を育てています。

第2位 ECCオンラインレッスン|無料体験レッスン2回

ECCオンラインレッスン
料金形式強み

【フィリピン人講師】
通常プラン
月4回 プラン 月額3,080円~
月8回 プラン 月額4,620円~
1日1回 プラン 月額8,866円
1日2回 プラン 月額13,640円

●レッスン時間:1レッスン25分(30分前から予習可能)
●予約制度:自由予約制
●開講時間:10:00 ~ 24:00

【デイタイムプラン】

月4回 プラン 月額2,772円~
月8回 プラン 月額4,152円~
1日1回 プラン 月額7,967円
1日2回 プラン 月額12,276円

●レッスン時間:1レッスン25分(30分前から予習可能)
●予約制度:自由予約制
●開講時間:月曜~金曜日 10:00~18:00

【ネイティブ・バイリンガル 日本人講師】
月2回 プラン 月額8,360円
月3回 プラン 月額12,540円
月8回 プラン 月額31,680円

●レッスン時間:1レッスン25分(30分前から予習可能)
●予約制度:自由予約制
●開講時間:日・土 8:00~24:00/月 7:00~24:00/火・水 6:00~25:00

※税込価格です。

・無料体験レッスンあり 2回

・オンライン英会話
・マンツーマン

学習サービスの国際規格「ISO29993」の認証を取得しています。
「ISO29993」とは、公式教育外で教育・訓練といった学習サービスを提供している事業者向けの国際規格です。
指導力と人間性も高くなるように採用基準、採用後の研修、定期トレーニングなどを行なっております。
ECCのオリジナルテキストとカリキュラムは、実際に役立つ言葉を効率よく身に付けて頂くための作りになっています。
自社で独自開発したレッスンシステムでパソコンをお持ちでない方でも、スマホやタブレットで受講可能で予習も復習も効率よく行うことができます。
レッスンは、マンツーマンなので、話す量が圧倒的に多くなります。
自分のレベルや関心に合わせて自由にレッスンを選択することができます。
グループレッスンのような周囲をいにする必要がなく、発言量を調整する必要がありません。
リラックスして英会話を習いたい方におすすめです。


第3位 レアジョブ|フィリピン人講師からのフィードバックが受けられる

レアジョブ画像

料金形式強み
・日常英会話コース 
 <月8回 1回25分>
 月額:4,620円 (1レッスン:578円)
 <毎日1回 25分>
 月額:6,380円 (1レッスン:206円)
 <毎日1回 50分>
 月額:10,670円 (1レッスン:172円)
 <毎日1回 100分>
 月額:17,600円 (1レッスン:142円)
 
・ビジネス英会話コース
 <毎日1回 25分>
 月額:10,780円 (1レッスン:348円)

・中学・高校生コース
 <毎日1回 25分>
 月額:10,780円 (1レッスン:348円)
 
・あんしんパッケージ(オプション)
日本人カウンセラー学習相談・レッスン自動予約
 月額+1,078円

※税込価格です。

・無料体験レッスンあり 2回
(7日間以内に有料会員登録をすると初月半額)

・オンライン英会話
・マンツーマン

レアジョブは、講師の質が高いことが評価されています。

英語表現に対するフィードバックや言い回しに関しては、その表現を使う背景も含めて丁寧に指導をしてくれる講師が多数在籍しています。

例えば、ビジネスの場面で同僚に予定を訊く場面があったとしましょう。

この時、

Do you have time on Tuesday?(火曜日は時間ありますか?)

と受講者が聞いた場合は、その表現は間違いではないけれども、ダイレクトに訊きすぎなので、

I was wondering if you have time on Tuesday?

と訊いた方が自然だとフィードバックをしてくれます。

このように、場面に合わせた適切な表現を細かくフィードバックしてくれる講師が多いため、25分間の中で多くのことが学べます。

こういう方には向いていません
レアジョブでは、フィリピン人は日本人のコミュニケーションを理解しやすいという前提に基づき、フィリピン人講師だけを採用しています。

しかし、よりいろんな国籍の講師と英会話を練習したい、特定の地域に出張や赴任、留学が決まっているのでそこの英語を学びたい!という方は他のオンライン英会話がおすすめです。

講師の国籍等を気にせず、まずはしっかり英語力を高めたいという方にはレアジョブはおすすめのサービスです。


まとめ

本記事では、基本的な英語の単位とその表現方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

英語によるコミュニケーションにおいて、数字と単位の表現は、いろいろな場面で出てきます。

今回紹介した内容を参考にしていただいて換算できるようになれば、おおよそのサイズや長さがイメージできるようになり、さまざまな場面で役に立ちます。

ぜひこの機会に練習して、実際の会話の場面で活かしてください。