英語で注文してみよう!レストラン・カフェで使える英会話フレーズと例文

英語で注文してみよう!レストラン・カフェで使える英会話フレーズと例文

海外旅行の楽しみのひとつといえば、現地の飲食店でおいしい食事やドリンクを堪能することですよね。

ですが、「英語力が心配で、英語で注文をする自信がない…」という人は多いのではないでしょうか。

レストランやカフェで使える英会話フレーズは、特に難しい単語や文法事項が多いわけではありませんので、事前に学習しておけば、英語でスマートに注文できるようになります。

この記事では、海外でレストランやカフェ、そしてファストフード店を訪れた際に使える英語フレーズと例文を紹介します。

レストラン・カフェで使えるYoutube動画

YouTubeチャンネルでもレストラン・カフェで使えるフレーズを紹介しています。
※➀~➂まであります。

入店から着席まで

入店から着席まで

まずは、お店に入ってから着席するまでに使える英語フレーズを紹介します。

入店時の挨拶

お店に入ったら店員さんが“Hi!”と声をかけてくれるので、こちらからも元気に挨拶をしましょう。

Hi, how are you?/Hello.
「こんにちは。」

Hi, are you open?
「こんにちは。営業していますか?」

お店が営業しているのか不確かなときは、“Are you open?”と聞いてみましょう。

What time do you open?
「何時に営業を開始しますか?」

Are you still open? What time do you close?
「まだ営業していますか?何時に閉まりますか?」

空席の確認

Table for 2?
「ふたりです。」

直訳すると「ふたり分の席はありますか?」という意味となりますが、「ふたりです。」という意味で使えます。

“Do you have a reservation?(ご予約はございますか?)”と聞かれたら以下のように答えましょう。

Yes, I booked a table for 2 at 6 o’clock.
「はい、6時にふたりで予約をしました。」

I’m Ayaka.
「私はあやかです。」

予約の確認のために名前を聞かれたら、苗字ではなくファーストネーム(名前)を伝えるのが自然です。

No, I don’t. Do you have a table for two?
「いいえ、予約はしていません。2人なのですが、席は空いてますか?」

How long is the wait?
「待ち時間はどのくらいですか?」

That’s no problem. We’ll wait.
「それなら問題ありません。待ちます。」

席の希望を伝える

Wherever is fine.
「どこの席でも大丈夫です。」

Do you have a table that’s more quiet?
「もう少し静かな席はありますか?」

Do you have a table by the window?
「窓際の席はありますか?」

Do you have a table with sofa?
「ソファー席はありますか?」

料理やドリンクについて質問しよう!

料理やドリンクについて質問してみよう!

Excuse me!
「すみません!」

ウェイターや店員に声をかけるときは、質問内容にかかわらず、“Excuse me!”と声をかけるのが基本です。

What’s today’s special?
「今日のおすすめはなんですか?」

What’s this dish like?
「これはどのような料理ですか?」

How big is the salad? Is it for two people?
「このサラダはどのくらい大きいですか?2人前でしょうか?」

Does this burger come with French fries?
「このハンバーガーにポテトフライはついていますか?」

What’s the difference between the regular burger and the special burger?
「この普通のハンバーガーとスペシャルハンバーガーは何が違いますか?」

Is this spicy?
「これは辛いですか?」

I’m allergic to dairy. Do you have anything dairy-free?
「乳製品アレルギーなのですが、乳製品を使用していない料理はありますか?」

友人と相談する際のフレーズ

続いて、一緒にレストランを訪れた友人と、英語で会話をする際に使えるフレーズを確認していきましょう。

Have you been here before?
「以前に、ここに来たことがありますか?」

What are you going to get?
「何にしますか?」

How hungry are you?
「どのくらいお腹が空いていますか?」

Is there anything that you can’t eat?
「何か食べられないものはありますか?」

I’ll have the same.
「私もあなたと同じものにします。」

I’m between the steak and the cheese burger.
「私は、このステーキとチーズバーガーで迷っています。」

Do you want to share a salad?
「サラダをシェアしませんか?」

英語で注文してみよう!

英語で注文してみよう!

頼みたい料理とドリンクが決まったら、さっそく英語で注文してみましょう。

ウェイターは注文が決まったかどうか“Are you ready to order?”とか“Would you like to order?”などと尋ねてきますので、“Yes”または“No”と返事をします。

Could we have a few more minutes?
「もう少し待っていただけますか?」

Could you give us another 5 minutes?
「もう5分ほど、お時間をいただけますか?」

Yes, we’re ready to order.
「注文が決まりました。」

Can we order now?
「注文できますか?」

“Just a moment please.”など、少しの間待つように伝えられたら、“no problem”と返事ができると印象がよくなります。

What do you recommend?
「何がおすすめですか?」

Can I have a cheese burger with french fries? 「チーズバーガーとフライドポテトをお願いします。」

一緒に食事をしている人の分をまとめて注文する場合は、主語を“we”にするのが自然です。

Can we have a Caesar salad and two cheese burgers?
「シーザーサラダをひとつと、チーズバーガーを2ついただけますか?」

“Can I have〜?”の他にも、以下の3つのフレーズがよく使われます。

I’ll have〜.
I’ll get〜.
I’d like〜.
「〜をください。」

どのフレーズも、レストランやカフェで注文する際に使えますので、覚えておきましょう。

Can I have extra pepper please?
「コショウを多めにしてもらえますか?」

Can I have just a little bit of pepper?
「コショウを少なめにしてもらえますか?」

No pepper please.
「コショウを抜いてください」

Can I have the sauce on the side?
「ソースは別にしてもらえますか?」

Just tap water is fine for me.
「(無料の)お水で大丈夫です。」

We’ll order drinks later.
「ドリンクは後で頼みます。」

That’s all.
「これで全てです。」

That’s all for now.
「とりあえず、これでお願いします。」

Can I keep the menu?・Is it okay if I keep the menu?
「メニューを持っていても大丈夫ですか?」

レストラン・カフェ滞在中に使える英会話フレーズ

レストラン・カフェ滞在中に使える英会話フレーズ

続いて、レストランやカフェに滞在している間に使える便利なフレーズを紹介します。

料理が提供されたら…

ウェイターが料理を提供する際に、“Caeser salad?”といったように持ってきた料理の名前を伝えてくれるので、以下のように返答しましょう。

That’s for me.
「それは私のです。」

That’s for her/him.
「それは彼女/彼のです。」

そして、料理が提供されたタイミングで、“Thank you!”と笑顔でお礼を伝えましょう。

This is not what I ordered.(これは私が頼んだものではありません。)

I’m still waiting for the salad. Could you check if it’s coming soon?
「注文したサラダがまだ来ていません。もうすぐ来るかどうか確認してもらえますか?」

食事中のコミュニケーション

食事をしていると、ウェイターが“How is everything?(お食事はいかがですか?)”と様子を見に来てくれます。

「大丈夫です。」と伝えたい場合は、以下のフレーズを使いましょう。

Everything is good, thank you.
「大丈夫です。ありがとうございます。」

せっかくなので、料理の感想を伝えたり、ドリンクのおかわりを頼んだりするのもいいでしょう。

This steak is amazing/so good!「このステーキがとても美味しいです!」

Can I have another coke?
「コーラーをもう1杯いただけますか?」

Can I have some more water?
「お水をもう少しいただけますか?」

Can I have a knife/spoon/fork?
「ナイフ/スプーン/フォークをひとついただけますか?」

Can I take a look at the menu again?
「メニューをもう一度見せていただけますか?」

Could you take a picture of us?
「私たちの写真を撮っていただけますか?」

食事が終わったら…

Can I have a take-away box?
「持ち帰り用の箱をもらえますか?」

海外のレストランでは、ほとんどの場合、残した料理を箱に詰めて持ち帰ることができます。

「予想していたよりも量が多くて食べきれない…」というときは、食べ残しを減らすためにも、持ち帰り用の箱をもらいましょう。

Could you clean the table?
「テーブルの上を片付けてもらえますか?」

We’ve finished with everything. Could you take these plates?
「食事がすべて終わりました。お皿を下げてもらえますか?」

Can I have a regular cappuccino please?
「レギュラーサイズのカプチーノをください。」

Do you have a dessert menu?
「デザートメニューはありますか?」

Can I take a look at the dessert menu?
「デザートメニューを見せていただけますか?」

Where is the restroom?
「お手洗いはどこですか?」

Where is the nearest ATM?
「ここから一番近いATMはどこですか?」

お会計・別れの挨拶

お会計・別れの挨拶

楽しい食事が済んだら、残すところはお会計と別れの挨拶のみです。

お会計とレストランを去る際に使えるフレーズを確認していきましょう。

お会計をするときのフレーズ

Can I have the check/bill please?
「伝票をいただけますか?」

伝票を意味する英単語は2つあり、アメリカ英語では“check”、イギリス英語では“Bill”がよく使われます。

基本的には、どちらの英単語を使っても通じますので、覚えやすい方を使えば問題ありません。

Do you accept cash/credit card?
「現金/クレジットカードで支払えますか?」

Where should we pay?
「どこで支払えばいいですか?」

Can we pay separately?
「別会計をしてもらえますか?」

I don’t need the change./Keep the change.
「お釣りは要りません。」

Can I have a receipt?
「レシートをいただけますか?」

別れの挨拶

Thank you!・Thank you very much.・Thank you for everything.
「ありがとうございました。」

別れの挨拶では、“Thank you”とお礼を伝えられれば、基本的には問題ありません。

特別おいしかった料理があった場合や、サービスが期待以上に良かった場合は、一言「感想」も伝えてあげられると好印象を与えます。

The food was excellent!「料理が本当においしかったです!」

Thank you for the great service.
「すてきなサービスをありがとうございました。」

レストラン・カフェ・ファストフード店で使える基本英単語

レストラン・カフェ・ファストフード店で使える基本英単語

最後にレストラン、カフェ、ファストフード店でそれぞれ使える英単語を紹介します。

とっさに英語が出てこない場合でも、「英単語」さえ知っていればどうにかなることもありますので、ぜひ覚えてくださいね。

レストラン編

前菜 Starter
主菜 Main
デザート Dessert
ドリンクメニュー Drink menu/Wine list
水道水 Tap water
無料の(サービスの) Complimentary
チップ Tip

カフェ編

アイスコーヒー Iced Coffee
アメリカーノ Americano
カフェラテ Caffe Latte
エスプレッソ Espresso
カプチーノ Cappuccino
カフェモカ Caffe Mocha
ディカフェ Decaf
甘味料 Sweetener

「アイスコーヒー」というのは実は和製英語で、英語では「冷えた」という意味の“Iced”を使います。

また、“Decaf”は「ディカフェ」ではなく、「ディカフ」と発音します。

ファストフード店編

フライドポテト French fries(米)/Chips(英)
チキンナゲット Chicken nuggets
ソフトドリンク Soft drink
ハンバーガー Burger
セット Combo

日常英会話が学べるおすすめのオンライン英会話

海外のレストランやカフェで使えるフレーズだけではなくて、日常英会話も身につけておけばさらに外国人とコミュニケーションがとれるでしょう。

ここでは、、日常英会話が学べるおすすめのオンライン英会話スクールを紹介します。
無料体験もあるので気になる方は試してみてください。

第1位 kimini英会話|10日間の無料体験あり

kimini英会話
料金形式強み
対象年齢:未就学児~大人まで
・スタンダードプラン
 月額 6,028円
 10日間無料

・ダブルプラン
 月額 10,428円

・プレミアムプラン
 月額 17,028円

・ウィークデイプラン
 月額 4,378円

※税込価格です。

・10日間無料
・友達紹介キャンペーンあり
・クーポンあり

・オンライン英会話
・スマホ、タブレットでも受講可能
・70年の歴史を持つ「学研」
英語上達の為には、まず講師の指導力が大事と考えています。
eラーニングで40時間トレーニングして、TESOL資格(英語を母語としない方に向けて英語を教える方法)を所持したマネージャーによるスキルチェックやカウンセリング、また生徒からのフィードバックを元に教育を行っていて、時間と手間を掛けてプロフェッショナルな講師を育てています。

第2位 ECCオンラインレッスン|無料体験レッスン2回

ECCオンラインレッスン
料金形式強み

【フィリピン人講師】
通常プラン
月4回 プラン 月額3,080円~
月8回 プラン 月額4,620円~
1日1回 プラン 月額8,866円
1日2回 プラン 月額13,640円

●レッスン時間:1レッスン25分(30分前から予習可能)
●予約制度:自由予約制
●開講時間:10:00 ~ 24:00

【デイタイムプラン】

月4回 プラン 月額2,772円~
月8回 プラン 月額4,152円~
1日1回 プラン 月額7,967円
1日2回 プラン 月額12,276円

●レッスン時間:1レッスン25分(30分前から予習可能)
●予約制度:自由予約制
●開講時間:月曜~金曜日 10:00~18:00

【ネイティブ・バイリンガル 日本人講師】
月2回 プラン 月額8,360円
月3回 プラン 月額12,540円
月8回 プラン 月額31,680円

●レッスン時間:1レッスン25分(30分前から予習可能)
●予約制度:自由予約制
●開講時間:日・土 8:00~24:00/月 7:00~24:00/火・水 6:00~25:00

※税込価格です。

・無料体験レッスンあり 2回

・オンライン英会話
・マンツーマン

学習サービスの国際規格「ISO29993」の認証を取得しています。
「ISO29993」とは、公式教育外で教育・訓練といった学習サービスを提供している事業者向けの国際規格です。
指導力と人間性も高くなるように採用基準、採用後の研修、定期トレーニングなどを行なっております。
ECCのオリジナルテキストとカリキュラムは、実際に役立つ言葉を効率よく身に付けて頂くための作りになっています。
自社で独自開発したレッスンシステムでパソコンをお持ちでない方でも、スマホやタブレットで受講可能で予習も復習も効率よく行うことができます。
レッスンは、マンツーマンなので、話す量が圧倒的に多くなります。
自分のレベルや関心に合わせて自由にレッスンを選択することができます。
グループレッスンのような周囲をいにする必要がなく、発言量を調整する必要がありません。
リラックスして英会話を習いたい方におすすめです。


第3位 レアジョブ|フィリピン人講師からのフィードバックが受けられる

レアジョブ画像

料金形式強み
・日常英会話コース 
 <月8回 1回25分>
 月額:4,620円 (1レッスン:578円)
 <毎日1回 25分>
 月額:6,380円 (1レッスン:206円)
 <毎日1回 50分>
 月額:10,670円 (1レッスン:172円)
 <毎日1回 100分>
 月額:17,600円 (1レッスン:142円)
 
・ビジネス英会話コース
 <毎日1回 25分>
 月額:10,780円 (1レッスン:348円)

・中学・高校生コース
 <毎日1回 25分>
 月額:10,780円 (1レッスン:348円)
 
・あんしんパッケージ(オプション)
日本人カウンセラー学習相談・レッスン自動予約
 月額+1,078円

※税込価格です。

・無料体験レッスンあり 2回
(7日間以内に有料会員登録をすると初月半額)

・オンライン英会話
・マンツーマン

レアジョブは、講師の質が高いことが評価されています。

英語表現に対するフィードバックや言い回しに関しては、その表現を使う背景も含めて丁寧に指導をしてくれる講師が多数在籍しています。

例えば、ビジネスの場面で同僚に予定を訊く場面があったとしましょう。

この時、

Do you have time on Tuesday?(火曜日は時間ありますか?)

と受講者が聞いた場合は、その表現は間違いではないけれども、ダイレクトに訊きすぎなので、

I was wondering if you have time on Tuesday?

と訊いた方が自然だとフィードバックをしてくれます。

このように、場面に合わせた適切な表現を細かくフィードバックしてくれる講師が多いため、25分間の中で多くのことが学べます。

こういう方には向いていません
レアジョブでは、フィリピン人は日本人のコミュニケーションを理解しやすいという前提に基づき、フィリピン人講師だけを採用しています。

しかし、よりいろんな国籍の講師と英会話を練習したい、特定の地域に出張や赴任、留学が決まっているのでそこの英語を学びたい!という方は他のオンライン英会話がおすすめです。

講師の国籍等を気にせず、まずはしっかり英語力を高めたいという方にはレアジョブはおすすめのサービスです。


まとめ

この記事では、海外のレストランやカフェで使える便利な英会話フレーズと例文を紹介しました。

日本で生活していると、使う機会がほとんどないフレーズばかりなので、最初は戸惑うことがあるかもしれません。

ただ、繰り返し学習して身につけてしまえば、海外のレストランを訪れた際に、自然に英語で注文ができるようになります。

この記事で紹介した英会話フレーズを参考に、友人や家族となどのパートナーと一緒に、ぜひ練習をしてみてくださいね。