ビジネス英語向け!おすすめのオンライン英会話サービス

ビジネス英語向け!おすすめのオンライン英会話サービス

「オンライン英会話でビジネス英語を学びたい!」という方に向けて、おすすめのサービスや選び方、学習のポイントを紹介します。

ビジネス英語向けおすすめのオンライン英会話サービス

第1位 ライザップイングリッシュ

ライザップ画像
料金形式強み
・無料英語力診断

・【初回限定】無料英語力診断を受けた人限定で無料体験レッスン(1回)

・入会金
55,000円(税込)

・TOEICR L&R TEST スコアアップコース
 16回 437,800円(税込)約2ヶ月
 24回 580,800円(税込)約3ヶ月
 (教育訓練給付金制度対象)
 32回 723,800円(税込)約4ヶ月

・RIZAP ENGLISH ONE
(ライザップイングリッシュの学習方法・レッスンを一日で体験可能)
 1回5時間 9,900円(税込)

・レッスン開始日から数えて30日以内の解約で料金を無条件で全額返金

・クーリングオフ
入会契約日から8日を過ぎていなければ、契約解除可能

マンツーマン英語コーチング
・スクール
・オンライン受講可能

結果にコミットする3つの理由
・英語脳にする為にアウトプット重視のレッスン
・学習効率を上げるために通学でも自宅でもレッスンが受けられる環境
・パーソナルジムで培った実績で挫折させないメソッドを取り入れたRIZAP独自の英語学習


第2位 ロゼッタストーン

ロゼッタストーン画像
料金形式強み
無料体験レッスンあり

・入会金
 33,000円(税込)
・教材費(レベル・コースで異なる)

・資格対策(TOEICR)
1レッスン50分
 38回 4ヶ月 ¥317,680(税込)

【短期集中プラン】
・資格対策(TOEICR)
1レッスン50分
 38回 4ヶ月 ¥238,260(税込)

・クーリングオフ
受講申込書を受領した日から8日間以内(受領日を含む)は、書面による契約解除可能。
返還対象:入会金・授業料・教材費
(eラーニング教材、発音レッスンのDVD教材、ストリーミング教材、CD等)

・マンツーマン
・eラーニング(WEBでのトレーニングが可能)
・パワーレビューシステム(前回の記録、録音、次回のレッスン予約、お知らせなどレッスンに集中する為のシステム。録音もしているので何度も復習できるツール)
・スクール受講
・オンライン受講

・TOEICをオンラインで教えている会社で比較すると安いです。安いけどプランやコースが充実
・レッスンの記録(会話・音声)を行って、重要ポイントを何度も復習できる
・日本人への指導経験がある講師なので、日本人学習者の特性を理解している
・一人ひとりの挫折ポイントの分析と目標設定、やる気の上昇・下降のタイミングに合わせた面談で、目標達成まで全力サポート


第3位 イングリード

イングリード画像

料金形式強み
・無料オンラインカウンセリング
・無料英語力診断テスト付き

・TOEIC点数保証
期間:12週間
入会金:55,000円(税込み)
受講料:440,000円(税込み)
教材費:込み

12週間でTOEIC® L&R最大200点アップを保証

  開始時      保証点数
 〜495点 200点アップ保証
500点〜595点 150点アップ保証
600点〜695点 100点アップ保証
700点〜795点 75点アップ保証
800点〜840点 50点アップ保証

・保証内容
スコアアップを達成できなかった場合、無料で1ヶ月延長

・クーリングオフあり
契約時の利用規約を要確認

・マンツーマン英語コーチング
・オンライン英会話
・料金がシンプルで解りやすい。
・英語力診断テスト、プログレステスト(英語習熟度)が月に1回受けて定期的にチェック・分析して学習進捗を可視化している。
・コーチは海外での滞在・就労経験があり実践レベルでの英語スキルを持っている。
・留学相談4000件以上のことから解る学習ノウハウを取り入れている。


ビジネス英語向けオンライン英会話サービスの選び方

ビジネス英語向けオンライン英会話サービスの選び方

数あるオンライン英会話サービスの中から、自分に合った1社を見つけるのは容易なことではありません。

実際に、「何を基準に選べばいいか分からない…」「どのサービスが自分に合っているのか分からない…」と悩んでいる方は少なくないでしょう。

ここでは、ビジネス英語を習得したい方向けのオンライン英会話サービスの選び方についてみていきます。

講師のスキル・経験

1つ目のポイントは、ビジネス英語を教えるためのスキルや指導・ビジネス経験を保有している講師が在籍しているかどうかです。

基本的に、オンライン英会話のレッスンは一対一のマンツーマンレッスン形式で行われるため、「ビジネス英語の指導に慣れた質の高い講師を選ぶこと」はとても大切です。

さらに、ビジネス英語を専門に教えているスクールでも、講師によって得意分野やこれまで培ってきたビジネススキルは大きく異なります。

例えば、不動産業界におけるビジネス英語を学びたい場合、不動産業界で勤務した経験がある英語講師を選ぶことで、不動産業界の専門用語や知識などを効果的に学べるようになります。

また、英語によるプレゼンテーションスキルを鍛えたい場合は、ビジネスプレゼンテーションスキルが高い講師、もしくは実際に数多くのプレゼンテーションをしたことがある講師を選ぶのが理想です。

このように、ビジネス英語向けオンライン英会話サービスを選ぶにあたっては、ビジネス英語の知識や指導スキルはもちろんのこと、自分が従事している業界と同じビジネス経験を有している講師が在籍しているかどうかも確認しておくと安心です。

ビジネス英語教材の質・充実度

2つ目のポイントは、質の高いビジネス教材が充実しているかどうかです。

一般的に、オンライン英会話のレッスンは、各スクールが提供している「オリジナル教材」を使って進められます。

そのため、質の高いビジネス英語教材が提供されているかどうか、そしてビジネス英語向けの教材が充実しているかどうかを事前に確認しておく必要があます。

当然ながら、ビジネス英語教材の質がよくなかったり、そもそもビジネス英語向けの教材の数が少なかったりすれば、満足のいくレッスンを受けることはできません。

複数のサービスの無料体験レッスンを受けるなどして、ビジネス英語教材の質や使い勝手、教材の充実度合いなどを比較・検討しましょう。

料金・コストパフォーマンス

次に、ビジネス向けオンライン英会話を選ぶにあたって、料金プランに納得できるかどうか、コストパフォーマンスが良いかどうかも確認しておきたいポイントです。

基本的に、ビジネス英語を専門に教えるオンライン英会話サービスやプランは、日常英会話に特化したものと比較して料金が高めにされています。

そのため、料金に納得できなかったり、予算に収まらなかったりするサービスやプランを選んでしまうと、学習の継続が難しくなってしまうので注意が必要です。

ただし、「料金が安いから」という理由だけでサービスを選ぶのは避けましょう。なぜなら、金額だけを基準にサービスを選んでしまうと、思ったような学習効果が得られなかったり、学習目的に合ったレッスンを受けられなかったりすることがあるからです。

ビジネス向けオンライン英会話サービスを選ぶ際は、料金が安いかどうかではなく、コストパフォーマンスを重視すると、サービス選びの失敗は減らせるでしょう。

対応している業界・職種

続いて、自分が学びたい業界・職種のビジネス英語に対応したコース・カリキュラムを提供しているかどうかも確認しておきたいポイントです。

一口に「ビジネス英語に強いオンライン英会話サービス」といっても、スクールごとに提供するカリキュラムやコースは異なります。

一般的なビジネス英語にフォーカスしたレッスンのみ提供しているサービスもあれば、業界・職種別に専門的なビジネス英語を学べるレッスンを提供しているサービスもあります。

オンライン英会話レッスンで学んだことを、実際のビジネスシーンで活用するためにも、自分が在籍している業界や職種に合わせたレッスンを提供しているかどうかを確認しておきましょう。 

各社料金無料体験学習形式返金・保証強み公式サイト
RIZAPイングリッシュ
RIZAP
イングリッシュ
16回
437,800円(税込)~吹き出し
1回コーチングあり
詳細吹き出し
公式サイト
ロゼッタストーン
ロゼッタストーン
40回
339,680円(税込)~吹き出し
1回コーチングあり
詳細吹き出し
公式サイト
イングリード
イングリード
月額
110,000円(税込)~吹き出し
無料
カウンセリング
コーチングあり
詳細吹き出し
公式サイト
Bizmates
Bizmates
毎日1回月額
13,200円(税込)~吹き出し
1回オンライン英会話あり
詳細吹き出し
公式サイト
産経オンライン英会話Plus
産経オンライン
英会話Plus
毎日1回月額
6380円(税込)~吹き出し
4回オンライン英会話プランによる
詳細吹き出し
公式サイト

オンライン英会話でビジネス英語を学ぶ際のポイント・注意点

オンライン英会話でビジネス英語を学ぶ際のポイント・注意点

続いて、オンライン英会話サービスを利用してビジネス英語を学ぶにあたって、押さえておきたいポイントと注意点を紹介します。

日常英会話と比較して料金は高くなる

通学型英会話スクールと比較して料金を安く抑えられることは、オンライン英会話サービスの魅力の1つです。

しかし、ビジネス英語に特化したサービスやコースは、日常英会話にフォーカスしたものよりも、料金が割高な傾向があります。

ビジネス英会話に特化したオンライン英会話サービスの方が料金が高い理由としては、

・ビジネス英語を教えるには、高い英語スキルや資格、ビジネス経験が必要
・日常英会話のレッスンを担当する講師に比べ、ビジネス英語を教えられる講師が少ない
・日常英会話レッスンよりも、ハイレベルで難易度の高い教材を使用して教える

などが挙げられます。

そのため、ビジネス英語を学べるオンライン英会話サービスは、「料金が高い!」「日常英会話レッスンよりも割高」となるのは当然のことなのです。

したがって、日常英会話に特化したサービスとビジネス英語に特化したサービスでは、学習目的や英語レベル、レッスン内容が大きく異なるので、「安いから」という理由だけで、日常英会話のサービスを選ぶことはおすすめできません。

ビジネス英語の習得を目的としたオンライン英会話サービスを利用すると、基本的に料金プランは高くなってしまいますが、その分ビジネス英語を効率よく習得することができます。

ビジネス英語を学ぶ目的・ゴールを明確化

オンライン英会話でビジネス英語のレッスンを受けるにあたっては、学習目的やゴールを明確にしておくことが大切です。

なぜなら、「TOEICで900点を取る」とか「1ヶ月後の英語プレゼンを成功させる!」などといった明確な目的やゴールがあった方が、学習効果を実感しやすいからです。

自分の中で学習目的やゴールが明確にしておけば、英語学習に対するモチベーションを高く維持できるのはもちろんのこと、教材やコース選びにおける失敗も減らせます。

レッスン前後の予習と復習は不可欠

ビジネス英語の習得に効果的なオンライン英会話ですが、ただレッスンを受けるだけでは実践的なビジネス英語力を身につけることはできません。

オンライン英会話の学習効果を最大化するためには、レッスン前の予習とレッスン後の復習を欠かさず行うことが不可欠です。

というのも、オンライン英会話のレッスンは1回あたり25分程度と短く、週に1〜2回レッスンを受けるだけでは、十分な学習時間を確保することはできません。

そこでおすすめなのが、レッスン前後の予習・復習を習慣化し、「予習→レッスン→復習」という学習の流れを作る方法です。

予習 レッスンで使用予定の教材に目を通し、知らない英単語や表現などを調べておく。リーディング教材を使う場合は、英文を読み内容を理解しておく。
復習 レッスンで新しく学んだ英単語や表現、フレーズなどをノートにまとめる。レッスンで取り上げたリーディング教材を音読するとともに、レッスン中に英語で伝えられなかったことやつまずいたポイントを確認しできるようにする。

予習・復習にしっかり取り組むことにより、毎日の学習時間が増えるのはもちろん、レッスンで学んだ知識が何倍も定着しやすくなります。

レッスンをただ受動的に受けるだけで、ビジネス英語を習得することはできません。オンライン英会話を利用する際は、講師に頼りすぎず、自分で主導権を握って英語学習を進めましょう。

レッスン以外でビジネス英語に触れる

続いて、実践的なビジネス英語力を身につけるには、オンライン英会話レッスンを受けたり、机に向かって予習・復習をしたりする以外に、実践的なビジネス英語に触れることも大切です。

具体的には、

・ビジネス英語に特化したポッドキャスト番組を聴いてみる
・オフィスシーンやビジネスシーンを舞台にした海外ドラマや洋画を視聴したりする

こういったことで、手軽に生きたビジネス英語に触れることができます。

日常英会話を習得するのに、日常生活をテーマにした海外ドラマを観るのが効果的なように、ビジネス英会話を習得するのであれば、『SUITS』や『White Collar』などのビジネス系海外ドラマの視聴がおすすめです。

字幕をオフにして海外ドラマを視聴すると、ビジネス英語のリスニング力が効果的に鍛えられます。

他にも、普段から職場で英語を話す機会がある方は、レッスンで学んだビジネス英単語やフレーズを実際に職場で使うなどして、日常的にビジネス英語に触れる機会を増やすよう心がけましょう。

ビジネス英語に関するよくある質問

ビジネス英語に関するよくある質問

ここでは、ビジネス英語に関するよくある質問とその答えをまとめました。

Q.ビジネス英会話と日常英会話の違いは?

A.ビジネス英会話では、丁寧かつフォーマルな表現が好まれるのに対して、日常英会話はカジュアルでくだけた表現が好まれます。

ビジネス英会話と日常英会話の違いや使い分けが難しいと感じる方は、少なくないかもしれません。

しかし、実際には、私たちが常日頃から無意識に使っている日本語も「ビジネス会話」と「日常会話」とでは大きな違いがあります。

日本語でもビジネスシーンにおいては、敬語や丁寧語、業界用語を使いこなす必要があるように、英会話でもビジネスシーンでは、敬語に相当するフォーマルで丁寧な表現や業界用語(専門用語)を使います。

しかも、業界・職種によっては、日常英会話では使われない業界用語(専門用語)や定型文も学ぶ必要があります。

Q.オンライン英会話でビジネス英語を学ぶメリットは?

A.オンライン英会話でビジネス英語を学ぶことの主なメリットとして次ことが挙げられます。

・場所や時間を選ばず、レッスンを受けられる
・通学が不要
・ビジネス経験やビジネス英語の指導経験が豊富な講師からマンツーマンで英語を学べる
・ビジネス経験のある講師に専門的な内容の質問ができる
・通学型英会話スクールよりも、費用を大幅に抑えられる

このように、オンライン英会話でビジネス英語を学ぶことには、さまざまなメリットがあります。

中でも、通学が不要で場所や時間を選ばず好きなタイミングでレッスンを受けられるのは、仕事で忙しいビジネスマンにとってかなりうれしいポイントではないでしょうか。

「ビジネス英会話を学びたいけど、スクールに通う時間がない」「費用を抑えてビジネス英語をマスターしたい」という方には、オンライン英会話サービスの利用をおすすめします。

Q.英語初心者でもビジネス英語のレッスンを受けて大丈夫?

A.多くのオンライン英会話サービスは、日常英会話コースだけでなく、初心者向けのビジネス英会話コースも提供しています。

もちろんレベルや難易度は、サービスやコースによって異なりますが、「初心者向け」とか「初級」、「初心者でも安心」などといった表記のあるコースを選べば、問題なくレッスンができます。

ただし、一般的には、ビジネス英語の方が専門的な話題を取り扱うことが多く、日常英会話よりも難易度はやや高くなっています。

そのため、「挨拶や自己紹介など基礎の基礎から学びたい」「いきなりビジネス英語のレッスンはハードルが高すぎる」などという方は、まずは日常英会話レッスンから始めるのもいいでしょう。

まとめ

今回は、ビジネス英語向けのおすすめオンライン英会話サービスと選び方、学習のポイント・注意点についてお伝えしました。

「オンライン英会話サービスでビジネス英語を学びたい!」という方は、以下のポイントに注目してサービスを比較・検討することをおすすめします。

・スキルやビジネス経験がある講師が在籍しているか
・質の高い英語教材が充実しているか
・コストパフォーマンスに納得できるか
・自分の業種・職種に対応したレッスンが提供されているか

自分の業種や学習目的、レベルに合ったオンライン英会話サービスを利用して、ビジネス英語の習得を目指しましょう。