費用が安い語学留学先は?費用が格安なおすすめの国と安く行く方法を紹介!

費用が安い語学留学先は?費用が格安なおすすめの国と安く行く方法を紹介!

「語学留学をしたいけど、費用が心配……」とお悩みではありませんか?

渡航費や授業料、現地での生活費など、語学留学にはまとまったお金が必要ですが、国選びや渡航時期、現地での過ごし方を工夫すれば、費用を抑えることは可能です。

今回は、留学費用が安いおすすめの国と費用を抑えて留学を実現する方法を紹介します。

そもそも費用が安い留学先とは?留学費用が安い国の見極め方

そもそも費用が安い留学先とは?留学費用が安い国の見極め方

語学留学にかかる費用を抑えるための最大のポイントとも言えるのが、「国選び」です。

というのも、同じ語学留学をするにしても、どこの国に留学するかによって「日本からの渡航費用」「滞在費・生活費」「学費」に顕著な差が出るからです。

一般的には、全体の留学費用の大半をこれらの費用が占めるため、費用の安い国を留学先に選びたいなら、「これらの3つの費用を安く抑えられるかどうか」を見極めることが大切です。

日本からの渡航費用が安い

留学費用が安い国を見極めるポイントの一つ目は、「日本からの渡航費用が安いかどうか」です。

欧米諸国に留学する場合、日本から距離が離れているため、往復航空券代だけでも10〜20万円程度の費用がかかります。

航空券代は留学期間にかかわらず一定ですので、留学期間が短いほど渡航費用が留学費用に占める割合も高くなります。

たとえば、数週間〜3ヶ月といった短期留学の場合、航空券代が留学費用の半分以上を占めることも珍しくありません。

このように、語学留学では渡航費用がかさみます。留学費用を抑えたいなら、日本からアクセスが良く、航空券の相場が比較的安い国を選びましょう。

物価(滞在費・生活費)が安い

二つ目のポイントは、「物価が安いかどうか」です。

アメリカやイギリス、オーストラリアなどの先進国は物価が高いため、家賃や食費、娯楽費といった現地での生活費も当然ながら高くなります。

一方、フィリピンやフィジーなどのアジア圏の国は、欧米と比較して物価が安いため、現地での滞在費や生活費を安く抑えられます。

語学留学中は、現地で生活しながら語学学校に通うことになりますから、物価が安い国を選ぶことで留学にかかる費用の総額をグッと抑えることができます。

また、一部例外はあるかもしれませんが、ほとんどの国では都心と郊外では、郊外の方が滞在費や生活費を安く抑えることができます。

すでに行きたい国が決まっている場合は、郊外を滞在先に選ぶことで留学費用の抑制が見込めるでしょう。

学費(授業料)が安い

物価が安いことに関連して、「学費(授業料)が安いかどうか」も留学費用が安い国を見極めるための大切なポイントになります。

基本的に、語学学校の授業料というのはその国の物価に比例しますが、航空券代や生活費などと比較すると、国が変わってもそれほど大きな差はありません。

ただし国によって、語学学校の数や学校が設けているコース、費用などは大きく異なります。

授業料に見合った英語教育を受けられる質の高い語学学校がある国を選ぶと、満足度の高い語学留学が実現するでしょう。

留学費用が安いおすすめの国4選

留学費用が安いおすすめの国4選

ここまでのポイントを踏まえて、語学留学の費用が安い国を4つ紹介します。

特徴
フィリピン ・日本からのアクセスがいい
・英語が公用語の一つになっている
・質の高いレッスンを受けられる
フィジー ・英語が公用語の一つになっている
・常夏の島国でリゾート気分を味わいながら学習できる
マレーシア ・準公用語として英語が話されている
・物価が安い
・日本人留学性が比較的少ない
マルタ共和国 ・費用を抑えてヨーロッパ留学を実現できる
・英語が公用語の一つになっている
・観光スポットが多く楽しみながら学習できる

フィリピン

フィリピンは、日本からのアクセスが良く、「費用を抑えて気軽に行ける留学先」として近年日本から多くの人が留学している国の一つです。

日本から距離が近く航空券代を安く抑えられる他、物価が安いため現地での生活費や授業料も安く抑えることができます。

また、フィリピンのセブ島やマニラ、バギオなど、留学生から人気の地域では、たくさんの語学学校が留学生獲得競争を展開していることから、質の高いレッスンを受けられるというメリットがあります。

中にはマンツーマンレッスンを提供している語学学校もあり、初心者から上級者まで自分のレベルや目的に合わせて英語を学ぶことができます。

ちなみに、フィリピンでは、フィリピン語の他に英語が公用語になっています。

アメリカ英語やイギリス英語と比べるとやや訛りはあるものの、語学学校で英語を学ぶ分にはフィリピン英語の影響を受けることはほとんどありません。

フィリピンは、「最安で語学留学を実現したい」「短期間でしっかり英語力を伸ばしたい」などという方におすすめしたい留学先です。

フィジー

フィジーは、オーストラリアの東に位置する島国です。リゾート地として高い人気がある国ですが、最近では格安留学先としての人気も高まっています。

日本からのフライト時間は直行便で約9時間と、欧米諸国と比較してアクセスが良いのが特徴です。

公用語はフィジー語と英語で、フィジーはもともとイギリスの植民地であったことから、フィジーで話される英語のアクセントはイギリス英語のアクセントに似ています。

したがって、訛りが強すぎて聞き取れなかったり、英語学習の妨げになったりする心配はありません。

また、フィジーは1年を通して平均気温が23〜28度と気候に恵まれています。

常夏の島国なので、日本の冬期に暖かい気候の国に留学したい方や、リゾート気分を味わいながら英語を学びたい方にぴったりの留学先です。

マレーシア

マレーシアは、東南アジアの中心に位置する国です。

さまざまな民族が共に暮らす「多民族国家」であることから、準公用語として英語が広く用いられています。

マレーシア留学の特徴としては、マレーシアの屈指の都市であるクアラルンプールと日本との平均フライト時間が約7時間半と渡航しやすいことが挙げられます。

欧米諸国と比べて日本からの距離が近い分、渡航費用を安く抑えることができます。

また、日本や欧米諸国と比較して物価が非常に安く、低予算でも快適な留学生活を送りやすいというのもマレーシアを留学先に選ぶ魅力の一つです。

なお、マレーシアは日本人留学生が比較的少ないため、「日本語を一切使わずに、英語漬けの留学生活を送りたい」という方にもおすすめできる留学先です。

マルタ共和国

マルタは、費用を抑えてヨーロッパ留学を実現したい方におすすめの留学先です。

マルタはヨーロッパの地中海にある島国で、英語が公用語の一つになっていることから、近年英会話学習の留学先として人気が高まっています。

マルタ留学の最大の特長は、ヨーロッパの中でも物価や学費が安いため、イギリスやアメリカなど定番の留学先と比較して留学にかかる費用を抑えられることです。

また、マルタは世界遺産や地中海などの観光スポットが充実している上、ヨーロッパ諸国へのアクセスも抜群なので、留学中にヨーロッパ観光を楽しみたいという方にもピッタリです。

「ヨーロッパで英語を学びたいけど、イギリス留学は予算を超えてしまう……」とお悩みなら、マルタを候補としてみてはどうでしょうか。

費用が安い国を渡航先に選ぶメリット

費用が安い国を渡航先に選ぶメリット

費用が安い国を渡航先に選ぶメリットを紹介します。

  • 低予算で語学留学を実現できる
  • 長期間留学できる

低予算で語学留学を実現できる

費用が安い国を渡航先に選ぶことで、低予算で留学することができます。

自分が支払うことができる予算内で留学を実現できるので、金銭的な理由で留学を諦めなくて済みます。

長期間留学できる

留学費用が安い国を渡航先に選べば、同じ予算でより長い期間、留学をすることができます。

これまで「費用が高いから……」と長期留学を諦めてきた方でも、フィリピンやフィジーなど格安留学先を選べば、長期留学を実現できる可能性が高くなります。

語学留学に安く行くには?費用を抑える方法:渡航前編

語学留学に安く行くには?費用を抑える方法:渡航前編

ここまで、留学費用が安い国の見極め方法や費用が安いおすすめの留学先を紹介しました。

そこで次に、語学留学の費用をできるだけ安く抑えるために渡航前にできることを紹介します。

  • 滞在先は大都市を避ける
  • オフシーズンに渡航する
  • 無料の留学エージェントを利用する
  • 円高のタイミングを狙う

滞在先は大都市を避ける

ここまで、留学費用が安い国を紹介しましたが、実は同じ国でも滞在する「都市」によっても留学にかかる費用は異なります。

一般的に、どの国でも大都市であるほど物価が高く、滞在費や生活費、授業料なども高くなる傾向があります。

たとえば、オーストラリアのシドニーやメルボルンなど、世界中からたくさんの留学生が集まる屈指の大都市は、物価が高く生活費がかさみます。

できるだけ費用を抑えて語学留学を実現したいのであれば、滞在先はできるだけ大都市を避けるようにしましょう。

オフシーズンに渡航する

留学期間によっては費用の半分以上を占めることがある航空券の価格は、シーズンによって大きく変動します。

年末年始やお盆休み、ゴールデンウィークなどといった日本の「ハイシーズン」は、海外に出かける人が多いため、航空券の価格が高騰します。

ですので、渡航日にある程度融通が利くのであれば、航空券が最も安くなる「オフシーズン」を狙って渡航することで、渡航費を安く抑えることができます。

また、語学学校によっては、ハイシーズンには「夏期追加料金」などの追加料金が発生したり、逆にオフシーズンには割引キャンペーンを利用できたりすることがあります。

このように、オフシーズンに留学することで留学費用を大幅に節約できることがあるので、渡航時期は慎重に選びましょう。

無料の留学エージェントを利用する

語学留学をするにあたっては、日本の留学エージェントを通して語学学校に申し込んだり、留学に必要な各種手続きを行ったりするのが一般的です。

留学エージェントには、「無料のエージェント」と「有料のエージェント」があり、一概にどちらが良いとは言えませんが、留学費用を抑えたいのであれば、無料の留学エージェントを利用することをおすすめします。

無料の留学エージェントとは、語学学校などからの紹介手数料を運営資金にしているエージェントのことです。基本的には、無料だからといってサポートが雑になるようなことはありません。

ただし、サポートの内容が十分であるか、またその留学エージェントが安全かどうかなどといったところは、留学エージェントを選ぶ際にしっかり見極めるようにしましょう。

留学をサポートしてくれるおすすめのサービス

各社留学先期間料金無料体験返金・保証強み公式サイト

夢カナ留学
夢カナ留学
アメリカ
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド
イギリス
1週間~料金はオーダーメイド無料相談あり
留学プラン無料診断
LINEで相談
あり
詳細吹き出し
公式サイト

スマ留
スマ留
カナダ
フィリピン
アメリカ
イギリス他吹き出し
1週間~例:アメリカ1週間
スマ留ライト:138,000円
スマ留スタンダード:177,000円
オプションあり
無料カウンセリング
(オンライン可)
LINEで相談
あり
詳細吹き出し
公式サイト

カナダジャーナル
カナダジャーナル
カナダ1週間~例:語学留学 7ヶ月
(学費予算:約75万円)
無料見積もり
LINEで相談
あり
詳細吹き出し
公式サイト

MeRISE留学
MeRISE留学
フィリピン・セブ島1週間~例:1週間留学(基本プログラム)
入学金:30,000円
現地費用:20,000円
基本料金:50,000円~
合計:100,000円
無料相談
無料見積もり
あり
詳細吹き出し
公式サイト

ネスグローバル
ネスグローバル
カナダ
フィリピン
アメリカ
イギリス他吹き出し
1週間~例:アメリカ 1ヶ月
211,316円
無料相談あり不明
詳細吹き出し
公式サイト

円高のタイミングを狙う

授業料や滞在費、生活費などといった留学費用は、外国為替レートによって大きく変動します。

たとえば、同じ「100USドル」でも、円安(例:1ドル=130円)の時と円高(例:1ドル=90円)の時とでは、日本円に換算すると前者は「13,000円」後者は「9,000円」と、支払わなければならない日本円の額に顕著な差が出ます。

そのため、円高のタイミングを狙って留学すれば、留学にかかる費用を大幅に節約することができます。

逆に円安のタイミングは、留学にかかる費用がかさむため、可能であれば避けるのが理想的です。

もちろん外国為替レートを読み当てるのは容易なことではありませんが、渡航日に融通が利くのであれば、円高のタイミングを狙うことをおすすめします。

また、円高のタイミングを見計らって、あらかじめ日本円を渡航先の通貨に両替しておくのもおすすめです。

現地での生活費を節約するには?費用を抑える方法:滞在中編

現地での生活費を節約するには?費用を抑える方法:滞在中編

続いて、留学中に現地での生活費を節約する術をお伝えします。

  • 郊外の滞在先を選ぶ
  • 自炊をする
  • 現地でアルバイトをする

郊外の滞在先を選ぶ

現地での生活費を節約する方法の一つ目は、郊外の滞在先を選ぶことです。

日本と同じように、都心と郊外に住むのでは「郊外」に住む方が生活費を安く抑えることができます。

生活費を節約したいなら、語学学校に無理なく通える範囲内で、家賃や生活費が安い郊外を滞在先に選びましょう。

自炊をする

現地での食費を節約したいなら、できるだけ自炊をするように心がけましょう。

海外で生活していると毎日外食したくなってしまいますが、外食ばかりしていると食費がかさみます。

また、国によっては食事代に加えてチップを支払わないといけないなど、出費がかさんでしまいがちです。

普段は自炊をして節約しつつ、たまに語学学校で出会った友人と外食を楽しむなど、バランスを意識しながら生活するといいでしょう。

現地でアルバイトをする

低予算で語学留学を実現したいなら、現地でアルバイトをして生活費を稼ぐのもおすすめです。

オーストラリアやニュージーランドなどでは、就労制限はあるものの学生ビザでも働くことが許可されています。

現地で収入を得られれば、生活費を実質抑えることができるので、留学費用全体を抑えることができます。

ただし、海外で働くには当然ながら一定以上の英語力と滞在期間が必要です。半年以上の長期留学を計画しているのであれば、現地でアルバイトをして生活費を稼ぐ方法も検討してみるといいでしょう。

また、バイトに打ち込みすぎて、肝心の学業が疎かにならないようにくれぐれも注意しましょう。

費用が安い国を留学先に選ぶ際の注意点

費用が安い国を留学先に選ぶ際の注意点

費用が安い国を留学先に選ぶにあたっては、留意しておきたい注意点もいくつか存在します。

  • 「費用が安い」だけを理由に渡航先を決めない
  • 現地での生活費や娯楽費は節約しすぎない
  • 短期留学の場合は、滞在する国が違っても費用差は小さい

「費用が安い」だけを理由に渡航先を決めない

この記事では、留学費用が安いおすすめの渡航先を紹介しました。

しかしながら、「費用が安いから」という理由だけで、留学する国を決めるのはおすすめできません。

なぜなら、「費用が安い」というのは渡航先を選ぶ際の判断材料の一つに過ぎず、他にも考慮すべき要素があるからです。

費用を抑えることを優先するばかりに、満足の行く留学生活を送ることができなければ元も子もありません。

せっかくの語学留学ですから、自分自身が留学生活を満喫できるように、自分の憧れの国や行きたい国など、自分に合う渡航先を選ぶこともぜひ意識してみてください。

現地での生活費や娯楽交際費は節約しすぎない

費用を抑えて留学を実現するには、現地での生活費や娯楽交際費を節約する必要があります。

しかし、留学費用を抑えたいばかりに生活費や娯楽交際費を削りすぎると、慣れない海外生活に嫌気がさしてしまいかねません。

現地での節約は、無理のない範囲内で行うのが最善です。

短期留学の場合は、滞在する国が違っても費用差は小さい

数週間といった短期留学の場合、全体の留学費用において渡航費の占める割合が大きいため、滞在する国による費用差はそこまで大きくありません。

留学費用を抑えるために物価が安い国を選んでも、滞在期間が短ければ留学費用全体に与える影響はわずかです。

インターネット上の情報を鵜呑みにせず、渡航期間に見合う費用だと納得できる渡航先を選ぶことが大切です。

費用が安い留学先についてのまとめ

今回は、「語学留学をしたいけど、費用が心配……」とお悩みの方に向けて、費用を抑えて留学できるおすすめの留学先と、留学費用を抑える方法を紹介しました。

留学に興味を持っている人にとって、「留学費用」は渡航先や留学期間を決めるのに欠かせない判断材料になります。

この記事で紹介したポイントを参考に、自分にピッタリな渡航先を見つけて、素敵な留学生活を実現しましょう。