Weblio(ウェブリオ)英会話の口コミ・評判

weblio英会話ロゴ画像

Weblio英会話の特徴

Weblio英会話画像

キレイな発音する高学歴のフィリピン人講師が1対1で指導。コスパに優れたオンライン英会話。

  • Weblio英会話は、英語指導に長けた優秀なフィリピン人を講師に採用していますが、料金は、最も安いプランで1レッスン(25分)換算106円というコストパフォーマンスのよさを発揮しています。
  • オンライン英会話なので、受講者はリアル教室に通う必要がなく、自宅や職場で空き時間を使って、パソコン、タブレット、スマホでレッスンを受けることができます。
  • 24時間いつでもレッスンを受けることができます。
  • 多くの中学校や高校がWeblio英会話を導入しています。つまり、英語指導の専門家(学校の先生)に認められている、ということになります。

料金プラン・コース

料金プラン・コース

プラン名 月額料金(税込) 内容、1レッスン25分
お試しプラン 2,728円 月4レッスン
(1レッスン換算682円)
お手軽プラン 3,278円 月8レッスン
毎日レッスンプラン 5,478円 毎日1レッスン可能
基本プラン 8,778円 毎日2レッスン可能
集中勉強プラン 10,978円 毎日3レッスン可能
英語漬けプラン 13,178円 毎日4レッスン可能
(1レッスン換算106円)
こんな方に向いています

・マンツーマンで学びたい方
・なるべく料金を抑えたい方
・好きな時間・場所で学びたい方

Weblio英会話公式サイト
※無料体験レッスン実施中

Weblio英会話が人気の理由

Weblio英会話が人気の理由

中学校や高校が導入している実績

Weblio英会話は、多くの中学校や高校が導入しています。中高への導入実績についてWeblio英会話は「シェアNo.1」とPRしています。

24時間いつでもレッスン可能

Weblio英会話は、24時間いつでも受講できます。しかも予約は30分前でよいので、思い立ったときに学習できます。

独自のネット会議システムを使用

スカイプやZOOMを使っておすすめのオンライン英会話サービスを提供しているところは多いのですが、その場合、それらのソフトを自分のパソコンなどにインストールしなければなりません。

しかしWeblio英会話は独自のネット会議システムを使っているので、ブラウザで通話・視聴できます。手間がかからず簡単で、なおかつ高品質な画像で学べます。

ネイティブ並みの英語力を持つ高学歴フィリピン人を講師に採用

Weblio英会話講師

Weblio英会話が最も「自慢」しているのは、優秀な講師陣です。

母国語のように英語を操り、キレイな発音で話し、英語指導経験1年以上の高学歴のフィリピン人を約1,000人、講師に採用しています。

さらにWeblio英会話は、フィリピンに現地法人を持ち、採用したフィリピン人講師の研修をしています。

受講者のパソコン画面に現れる講師たちは、輝かしい経歴を持ち、実績とトレーニングを積んだ人たちです。

しかもフィリピン英語は元々なまりが少ないので、日本人が話者の顔を見ずスピーキングだけを聴いたら、アメリカ英語と区別がつかないでしょう。

フィリピン人講師の魅力は語学力だけではありません。

フィリピン人は明るくて温和な国民性なので、指導方法もマイルドです。講師の人柄のよさに魅かれる受講者は少なくありません。

日本語を話せる講師もいる

すべてはありませんが、フィリピン人講師のなかに日本語を話せる方がいます。Weblio英会話のサイトに講師一覧が掲載されていて、そこに

・「Japanese (Basic)(初歩的な日本語可)」
・「Japanese (Advanced)(日本語可)」

と書かれてある講師は日本語対応が可能です。日本語対応可能な講師に教わってもレッスン料を増額されることはありません。

原則「日本語禁止」環境

日本語を少し理解するフィリピン人講師はいますが、Weblio英会話の基本方針は「日本語禁止」です。そのため、日本人講師は1人もいません。

そしてフィリピン人講師も一部の人を除いて日本語を話せません。受講者は、日本語が通じないので講師とコミュニケーションを取るには英語を駆使するしかありません。

その必死さが英語スキルを体に染み込ませます。

Weblio英会話は、日本語禁止のポリシーについて次のように述べています(*)。

日本人の先生は教え上手ですが、日本人どうしの会話にはどうしても日本語や日本語的な考え方が介在してしまいます。

「日本語で言えば伝わるのになあ」と考えているうちは、本当の英会話能力は身につきません。

それに、英語の発音は、やはりネイティブスピーカーの発音を聞くのが一番です。

かなり強い信念を持って日本語禁止を貫いていることがわかります。ちなみにWeblio英会話では、フィリピン人を英語ネイティブととらえています。

*引用:https://eikaiwa.weblio.jp/

多彩な講師からいろいろなことを学ぶことができる

Weblio英会話には1,000人もの講師がいるので、いわゆる型にはまったレッスンは行なっていません。

Weblio英会話も「教え方には個性がある」と認めています。その代りというわけではありませんが、受講者は自由に講師を変えることができます。

Weblio英会話のサイトには、講師の略歴が顔写真とともに掲載されているほか、受講者の評価も載っています。

これを参考にしていろいろな講師のレッスンを受けて、さまざまな出会いを経験して、自分の理想の講師を探してください。

英語検定試験対策も可能

英語検定試験対策も行なっています。TOEIC、TOEFL、IELTS、英検の教材を用意しているので、これらを使ってレッスンを進めます。

発音の特訓を受けることもできます

Weblio英会話には「発音コース」が用意されていませんが、その代わり発音指導が上手な講師がたくさんいます。

受講者が発音練習を希望すれば、発音の特訓を受けることができます。

安い、1レッスン(25分)換算で106円のコースも

Weblio英会話では、受講者が長期にわたって受講できるように、極力レッスン料を押さえています。

最も割安になるコースは「英語漬けプラン」で、月額税込13,178円で毎日4レッスン受講できます。

31日の月なら1カ月で124回受講できるので、1レッスン換算は税込106円です。計算式は以下のとおりです。

・1レッスン換算料金=13,178円÷31日÷1日4回≒106.3円

1レッスン25分なので、1時間に直すと255円/時間になります。

・106.3円×60分/25分=255.12円/時間

テキストは無料

レッスンで使うテキストは無料で受講者に配布されます。

Weblio英会話はこんな人におすすめ

Weblio英会話はこんな人におすすめ

  • 場所と時間を選ばず英語を学びたい人
  • 発音がキレイなフィリピン人から学びたい人
  • コスト安に英会話を勉強したい人(最も安いコースだと1レッスン換算106円)
  • 1対1で教わりたい人
Weblio英会話公式サイト
※無料体験レッスン実施中

Weblio英会話の詳細

Weblio英会話の詳細

対象 主に社会人ですが、子供も対応可能です
レッスン時間帯 24時間
料金システム 月額定額
支払方法 クレジットカード
(VISA、マスターカード、JCB)
対応カテゴリ ・日常会話
・TOEIC・TOEFL・IELTS・英検対策
・ビジネス英語
・旅行英語
・留学準備のための英語
・発音矯正
講師の数 1,000人以上
講師の国籍 主にフィリピン

レッスン風景

こんな方に向いています

・マンツーマンで学びたい方
・なるべく料金を抑えたい方
・好きな時間・場所で学びたい方

Weblio英会話公式サイト
※無料体験レッスン実施中

Weblio英会話の口コミでの評判

Weblio英会話の口コミでの評判

仕事でより高度な英語能力を必要とする機会が増える一方で、子供がいるので英会話学校に行く時間がありませんでした。

Weblio英会話は、1対1指導なので実務にマッチしたレッスン内容や教材をリクエストできます。

レッスン料が安いのでたくさん受講でき、習得が早いと実感しています。

アメリカの大学を卒業したものの、仕事で使う英語には偏りがあり、日常英会話を学び直したいと思っていました。

Weblio英会話は早朝でも深夜でも空き時間に受講できるので、忙しい私にはピッタリでした。

今は定期的に受講し、時事、映画、旅行などの話をし、楽しみながら学んでいます。

英会話学校では、クラスメイトのレベルや、先生の教え方が自分に合わないのではないかと不安でした。

しかしWeblio英会話なら、多くの講師のなかから、自分の英語力に合った講師を選べます。

講師の教え方は丁寧で、日本語を少し話せる講師がいて安心できました。

こんな方に向いています

・マンツーマンで学びたい方
・なるべく料金を抑えたい方
・好きな時間・場所で学びたい方

Weblio英会話公式サイト
※無料体験レッスン実施中

Weblio英会話のレッスン教材

Weblio英会話のレッスン教材
※画像は日常会話の一部です。

Weblio英会話はオリジナル教材を使っています。教材の種類は次のとおりです。

  • 日常会話教材(入門、初級、中級、上級)
  • ビジネス英会話教材
    (初級、中級、中上級、上級)
  • 旅行英会話教材(初級~中級)
  • ニュース教材(初級、中級、上級)
  • カジュアルトーク教材
    (初級、中級、上級)
  • コラムディスカッション(上級)
  • 英文法教材(入門~中級)
  • 発音教材
  • TOEIC対策教材
  • TOEFL対策教材
  • IELTS対策教材
  • 英検対策教材
  • 中高大生向け外部試験対策教材
    (中学3年レベル、高校2年レベル、高校3年レベル、大学中級レベル、大学上級レベル)
  • 世界文学教材(上級)
  • 子供向け教材

受講者の英語ニーズに合わせ、きめ細かなテキスト(教材)が用意されています。

Weblio英会話のレッスンまでの流れ

Weblio英会話のレッスンまでの流れ

  1. STEP1:会員登録

    サイトから会員登録します。
    weblioの公式サイトから登録をします。

  2. STEP2:無料体験レッスンを受ける

    会員登録をすると、無料体験レッスンを受けることができます。

  3. STEP3:本契約をして講師とレッスンを予約

    本契約が済んだら、サイトから講師とレッスンの日時を指定し予約します。

    サイトには講師の顔写真、経歴、趣味、レッスン内容が書いてあるので、自分にマッチしそうな講師を選ぶことができます。

  4. STEP4:レッスンを受ける

    予約した日時の少し前に、スマホ・タブレット・パソコンでWeblio英会話オリジナルのネット会議システムを立ち上げます。

    指定時刻になったら画面に講師が現れ、レッスンが始まります。

こんな方に向いています

・マンツーマンで学びたい方
・なるべく料金を抑えたい方
・好きな時間・場所で学びたい方

Weblio英会話公式サイト
※無料体験レッスン実施中

Weblio英会話の運営会社について

Weblio英会話の運営会社について

会社名 GRASグループ株式会社
所在地 東京都港区芝5-14-13 アセンド三田7階
設立 2005年8月12日
資本金 8,350万円
お問い合わせ方法 お問い合わせフォームから
スマートフォンでの登録 可能

Weblio英会話のよくある質問

Weblio英会話のよくある質問

レッスンを受けるためには何が必要でしょうか。
受講で必要なものは以下のとおりです。

・インターネットに接続できるパソコン、スマートフォン、タブレット
・GoogleChromeやSafariなどのブラウザ
ヘッドセットか、パソコン内蔵のマイクやスピーカー、イヤフォン
Webカメラか外づけカメラ、もしくは内蔵カメラ

カメラを利用しなくても受講可能ですが、顔を見ながら会話することで、講師の口の動きを確認することができるとともに安心感も増すので、カメラの利用を推奨します。

受講者の英語力のレベルはどのように判別するのでしょうか。
受講者の英語力のレベルは、レッスン中に講師が判別します。そのなかで受講者のレベルに合ったレッスンやテキストを提案します。
レッスン中に日本語でサポートしてもらえますか。
レッスンは基本的にすべて英語で行われますが、講師プロフィールの特徴の欄に「Japanese (Basic)」や「Japanese(Advanced)」 と書かれてある講師は日本語でのサポートが可能です。
子供向けレッスンはありますか。
子供でも受講できます。講師プロフィールの欄に「子供向け(Kids)」と書かれた講師は、子供レッスンが得意です。
こんな方に向いています

・マンツーマンで学びたい方
・なるべく料金を抑えたい方
・好きな時間・場所で学びたい方

Weblio英会話公式サイト
※無料体験レッスン実施中