おすすめのワーホリエージェント10選!失敗しない選び方も解説

ワーホリ準備に不安がある方には、渡航前から帰国後まで手厚いサポートを受けられるワーホリエージェントの利用がおすすめです。

しかし、手数料無料のエージェントから有料のエージェントまで、ワーホリエージェントにはたくさんの種類があるので、どれを選ぶべきか迷ってしまうことも。

この記事では、おすすめのワーホリエージェント10選と失敗しない選び方などを紹介します。

ワーホリエージェントおすすめランキング10選

ワーホリエージェントのおすすめランキングを紹介します。

StudyIn(スタディーイン)

StudyIn(スタディーイン)
費用プランによって異なる
※最低価格保証
対応国・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・イギリス
サポート内容・留学手続き
・出発前オリエンテーション
・無料英会話レッスン
・留学中LINE相談
オフィス・東京
・名古屋
・福岡
・シドニー
・バンクーバー
・トロント / モントリオール
無料相談あり (ワーキングホリデー説明会 / LINE留学相談)

StudyIn(スタディーイン)は、年間4,500名の留学サポート実績がある留学エージェントです。

特徴は、留学前の相談から帰国までのサポートが充実しているところ。海外経験のある留学コンサルタントによるサポートや、出発まで週3回の無料英会話レッスンなどを利用できます。

StudyIn(スタディーイン)は、世界中にある教育機関から運営費を得ることで、手数料無料での手厚いサポート提供を実現。お得なキャンペーン割引を利用すれば、自分で直接学校へ申し込みするよりも費用を安く抑えられることもあります。

また、業界最低価格を保証しており、他のワーホリエージェントでより低価格な見積もりが確認された場合は相談できるので安心です。

無料の英会話レッスンで英語力を高めてからワーホリに行きたい人におすすめです。

公式サイトはこちら
※無料相談あり
Studyin(スタディーイン)の口コミ・評判

スマ留

スマ留
費用■スマ留ライトプラン
・4週間:232,000円〜
・8週間:425,000円〜
・12週間:502,000円〜
・24週間:706,000円〜
※国によって異なる
対応国・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・イギリス
・アイルランド
サポート内容・留学手続き
・出発前オリエンテーション
・現地オリエンテーション
・学校とのトラブル対応サポート
・帰国後の就職・転職相談
オフィス・東京
・大阪
無料相談あり (無料カウンセリング / LINE留学相談)

スマ留は、語学学校の空き時間・場所を利用するスマートな留学スタイルで、留学費用を従来の最大半額に抑えられるのが特徴のエージェントです。

渡航前のカウンセリングや語学学校の入学手続き、留学中のトラブルサポート、帰国後の就職・転職相談など、無料サポートが充実しています。希望する場合は、有料で追加の留学サポートも受けられます。

世界100カ国以上に海外ネットワークがあり、有料サポートでは、24時間の安心安全コールサポートで現地での生活をサポートしてもらうことも可能です。

ワーホリの「渡航先」と「渡航期間」を決めるだけで、留学費用が明確になるシンプルな料金体系も魅力です。たとえば、24週間のアイルランドワーホリの場合、706,000円で利用できます。

できるだけ安い費用でワーホリがしたいと考えている人におすすめのエージェントです。

公式サイトはこちら
※無料相談あり
スマ留の口コミ・評判

夢カナ留学

費用オーダーメイドプランによって異なる
対応国・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・イギリス
・アイルランド
サポート内容・留学手続き
・空港送迎手配代行
・現地形態
・銀行口座開設の案内
・24時間365日現地サポート
・帰国後のキャリアサポート
オフィス東京
無料相談あり (無料カウンセリング / 無料LINE相談)

夢カナ留学は、実質0円でワーホリ留学を実現できる留学エージェントです。

オーダーメイドの留学・ワーホリプランで自分の「やりたい!」を実現。カウンセリングでの適性診断や対話を通じて、将来叶えたい夢や目標を具体化させ、それを実現するための自分だけのオーダーメイドプランでワーホリを実現できます。

完全オーダーメイドプランでは、実質0円で長期ワーホリできるプランの作成が可能です。

実質0円留学プランは、ワーキングホリデービザで現地で働くことで、留学費用の元を取れるような仕組みとなっています。

また、プロのネイティブ講師から学べるワーホリ特化の英語レッスンを受けられることや、語学学校に通う場合は日本人が15%以下の学校を紹介してもらえることも魅力です。

実質0円でワーホリを実現する方法について詳しく知りたい人は、ぜひまずは無料カウンセリングを利用してみてください。

公式サイトはこちら
※無料相談あり
夢カナ留学の口コミ・評判

留学情報館

留学情報館
費用国や都市によって異なる
対応国・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・イギリス
・アイルランド
サポート内容・出発前交流会
・留学準備講座
・英会話レッスン
・現地無料サポート
・帰国後のキャリアプランニング
オフィス・東京
・大阪
・ロサンゼルス
・バンクーバー
・トロント
・メルボルン
・シドニー
・パース
・ブリスベン
無料相談あり (無料カウンセリング / LINE相談)

留学情報館は、創業18年の信頼と累計15,000人以上の留学生をサポートしてきた圧倒的な実績がある留学エージェントです。

各教育機関から運営費を得ることで手数料無料を実現。自分で留学先の語学学校を直接手配するのと同じ金額で留学できます。

申し込み後は、「4技能集中レッスン」「渡航前オンライン英会話レッスン」の2種類の英会話レッスンが付いてくるので、渡航前に英語力をワンランク向上することができます。

また、帰国後は資格を持ったコンサルタントによるキャリアプランニングを受けられるので、留学中はもちろん帰国後も目標を見失う心配がありません。

渡航前の英会話レッスンから帰国後のキャリアプランニングまで、信頼と実績のある留学エージェントでサポートを受けたい人におすすめです。

公式サイトはこちら
※無料相談あり
留学情報館の口コミ・評判

カナダジャーナル

費用カスタマイズのためプランによって異なる
対応国カナダ
サポート内容・渡航前カウンセリング
・ホームステイ自社手配
・学校手続き代行
・渡航前の無料英会話レッスン
・現地サポート
オフィスバンクーバー
無料相談あり (無料相談 / LINE無料相談)

カナダジャーナルは、創業43年の信頼と実績がある、カナダ留学に特化したエージェントです。

留学生一人ひとりに合わせて留学プランを個別にカスタマイズしてもらえるので、予算に応じた理想のワーホリを実現しやすいことが特徴です。

また、カウンセリング料金や入学代行手続きの手数料は無料なので、安心してカナダ留学について相談できます。

カナダジャーナルはカナダ留学を専門としたエージェントであることから、カナダ・バンクーバー現地でのサポートサービスも充実。カナダ留学をサポートした経験が豊富であることから、カナダワーホリの情報や現地最新情報に強いことも魅力です。

カナダワーホリに関する情報収集がしたい人、ワーホリ先はカナダに決めている人におすすめできるエージェントです。

公式サイトはこちら
※無料相談あり
カナダジャーナルの口コミと評判|留学サポートサービス内容、支援体制を紹介

ウィッシュインターナショナル

ウィッシュインターナショナル
費用国や都市、プランによって異なる
対応国・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・イギリス
・アイルランド
・ドイツ
・フランス
・スペイン
・イタリア
サポート内容・留学手続き代行
・ホストファミリー手配
・日本人スタッフ24時間緊急対応
・就職
・転職サポート
・留学コミュニティ
オフィス・東京
・大阪
・名古屋
・横浜
・海外21都市
無料相談あり (無料留学相談)

ウィッシュインターナショナルは、観光庁に旅行業第一種としての許可を受けて運営している留学エージェントです。

目的に合わせたさまざまな留学プログラムを用意しており、ワーホリ計画から夢の実現までトータルでサポートしてもらえることが特徴です。

ウィッシュインターナショナルでは、海外10カ国21都市に現地オフィスを構えています。オフィスには日本人スタッフが常駐していて、困った時は助けてもらえるので、初めての海外渡航でも安心です。

留学先として選べる国が多く、ワーホリ渡航先として人気の英語圏はもちろん、ドイツやフランス、スペイン、イタリアなどのヨーロッパ諸国も選ぶことができます。

公式サイトはこちら
※無料相談あり

成功する留学

成功する留学
費用国や都市、プランによって異なる
対応国・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・イギリス
・アイルランド
・ドイツ
・フランス
・スペイン
サポート内容・出発前英会話レッスン
・学習サポート
・留学手続き
・出発時から宿泊先到着までの24時間緊急電話サポート
・海外サポートオフィス
・トータルキャリアサポート
オフィス・東京
・大阪
・福岡
・サンディエゴ
・バンクーバー
・トロント
・ブリスベン
・シドニー
・オークランド
・ロンドン
・サラマンカ
・クアラルンプール
無料相談あり (無料留学相談)

成功する留学は、1984年の創業から35年間、累計25万人以上の留学生をサポートしてきた実績がある留学エージェントです。

イギリスロンドンで開催される「ST Star Awards」でアジアの留学エージェントNo.1に5回選ばれるなど、圧倒的な信頼があります。

また、17カ国に740校の提携校があり、幅広いネットワークを強みに留学生一人ひとりの目的や英語力にあった留学プランを紹介してもらえることも特徴です。

ワーホリサポートは、オーストラリアやカナダなどの英語圏のほか、ドイツやフランス、スペインなどのヨーロッパ諸国にも対応しています。

スペインのサラマンカには現地サポートオフィスがあるので、スペインへのワーホリを検討している人にもおすすめできます。

成功する留学の口コミ・評判

留学ジャーナル

留学ジャーナル
費用国や都市、プランによって異なる
対応国・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・イギリス
・アイルランド
・フランス
サポート内容・留学手続き
・出発前ガイダンス
・緊急時24時間無料電話相談
・現地サポート
・留学中
・帰国後のキャリアサポート
オフィス・東京
・名古屋
・大阪
・福岡
無料相談あり (無料カウンセリング)

留学ジャーナルは、50年以上の実績をもつ、KDDIの教育事業グループ企業の留学エージェントです。

日本の留学事情を反映した雑誌『留学ジャーナル』を1983年から発行し続けていたり、海外の学校や各国大使館と強固なネットワークを築いていたりと、圧倒的な信頼があります。

ワーホリサポートでは、各種留学手続きから現地での緊急時24時間無料電話相談、留学中・帰国後のキャリアサポートまで、充実した支援を受けられます。

また、留学ジャーナルは「英会話のイーオン」と提携しており、出発前や帰国後には割引価格で英会話レッスンを受けることができます。

信頼のおけるワーホリエージェントのサポートのもと、ワーホリを成功させたい人におすすめです。

ラストリゾート

ラストリゾート
費用■ワーキングホリデーパッケージ
・253,000円
対応国・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・イギリス
・アイルランド
・ドイツ
・フランス
・韓国
サポート内容・無料英会話レッスン18ヶ月分
・留学手続き
・ホームステイ先の紹介
・現地でのオリエンテーション
・現地でのカウンセリング
オフィス・国内43拠点
・海外8拠点
無料相談あり (無料カウンセリング)

ラストリゾートは、基本サービス0円の留学エージェントです。

ワーホリを希望する人向けに、渡航前から渡航中、帰国後までワーホリで役立つ17のサポートがオールインワンになった「ワーホリパッケージ」を用意しています。

ワーホリパッケージでは、渡航前のオンライン英会話から各種留学手続き、渡航後の空港出迎えやオリエンテーション、カウンセリングなど、初めてのワーホリを成功させるために必要なサポートを過不足なく受けられます。

オーストラリアとニュージーランド、カナダ、イギリスには、直営の海外拠点があるので、現地でサポートが必要な際にも安心です。

また、ラストリゾートでは、オーストラリアやカナダなどの主要英語圏に加えて、ドイツとフランス、韓国のワーホリサポートにも対応。希望する国でのワーホリを実現できます。

ISS留学ライフ

ISS留学ライフ
費用プランによって異なる
対応国・オーストラリア
・カナダ
・ニュージーランド
・イギリス
・アイルランド
サポート内容・無料英語講座
・ホストファミリー手配
・空港出迎え
・現地24時間サポート
・ESLサポート
オフィス・東京
・横浜
・大阪
・名古屋
・福岡
・バンクーバー
・トロント
・メープルリッジ
・ブリスベン
・シドニー
・パース
・オークランド
・クライストチャーチ
・タスマニア
無料相談あり (無料カウンセリング / LINE留学相談)

ISS留学ライフは、Z会グループの留学エージェントです。

社会人向けにワーキングホリデープランを用意。英語研修と有給インターンシップの確約があるプランや、現地での仕事探しサポートが付いたプランなど、自分のニーズに合ったプランを選べる点が魅力です。

さらに、ISS留学ライフでは世界12カ国・22都市に現地オフィスを構えています。

現地での銀行口座開設や部屋探し、仕事探しなどをトータルでサポートしてもらえるので、初めての海外での生活に不安がある人でも安心です。

ワーホリエージェントの失敗しない選び方

ワーホリエージェントの失敗しない選び方

数あるワーホリエージェントの中から、失敗せずに自分に合ったエージェントを選ぶためのポイントを5つ紹介します。

  • 手数料は無料か有料か
  • 希望の国やワーホリプランがあるか
  • サポート内容に過不足がないか
  • ワーホリサポート実績が豊富か
  • 口コミでの評判は良いか

手数料は無料か有料か

ワーホリエージェントを選ぶ際は、手数料は無料か有料かを確認しましょう。

ワーホリエージェントには、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 無料エージェント:教育機関から運営費を得ることで手数料無料でサポートを提供
  • 有料エージェント:留学生から手数料を得てサポートを提供

無料エージェントは費用を安く抑えられるのが魅力ですが、会社によってはサポート内容が制限されることがあります。

有料エージェントは、語学学校の手配や各種留学手続きに対して手数料を支払う必要がありますが、より充実したサポートを受けられるのがメリットです。

自分の留学予算に合わせて、希望の金額で利用できるワーホリエージェントを選びましょう。

希望の国やワーホリプランがあるか

ワーホリエージェントによって、対応国や提供プランが異なるため、自分が行きたい国とやりたいことが叶うワーホリプランがあるエージェントを選ぶようにしましょう。

オーストラリアやカナダ、ニュージーランドなどの主要な英語圏の場合、ほとんどのワーホリエージェントで渡航が可能ですが、ドイツやフランス、スペイン、韓国などの英語圏となると対応しているエージェントは限られます。

ワーホリエージェントは、自分が行きたい国とやりたいことに合わせて選ぶと失敗は少ないでしょう。

サポート内容に過不足がないか

ワーホリエージェントを選ぶ際は、サポート内容に過不足がないかを確認することも大切です。

現地にオフィスを構えて渡航中のサポートに力を入れているエージェントや、帰国後のキャリアサポートが強みのエージェントなど、サポート内容はワーホリエージェントによって異なります。

一般的に、無料で提供されているサポート内容には制限があり、より多くのサポート内容が含まれているプランほど割高になる傾向にあります。

自分が必要としないサポートを含むプランを選んでしまうと料金を無駄にしてしまう可能性があるため、ワーホリエージェントを選ぶ際はサポート内容が自分に合っているかを確認しましょう。

ワーホリサポート実績が豊富か

エージェントを比較・検討する際は、ワーホリサポート実績や経験が豊富かどうかも確認しましょう。

過去にどれだけの留学生やワーホリ生をサポートしてきたか、公式サイトで公開されている成功事例や満足度などを確認しましょう。

これまでにたくさんの人のワーホリを成功に導いた実績のあるエージェントを選ぶことで、満足のいくサポートを受けられる可能性は高まります。

口コミでの評判は良いか

口コミでの評判が良いかどうかも、エージェント選びで比較したい重要なポイントです。

他の留学生や利用者の口コミや評判、評価を調べることで、エージェントの信頼性や満足度を把握できます。

また、口コミでの評判を参考にすれば、自分の希望やニーズにマッチしたワーホリエージェントが見つかりやすくなります。

インターネット上のレビューやSNS、留学関連のコミュニティなどを参考に、口コミでの評判を確認しましょう。

評判の良い留学エージェントの口コミと評判

ワーホリエージェントがいらない人の特徴

ワーホリエージェントがいらない人の特徴

ワーホリエージェントは、ワーホリを計画している人にとって大きな助けとなります。しかしながら、中にはワーホリエージェントが必要ない人も存在します。

ワーホリエージェントがいらない人の主な特徴は以下のとおりです。

  • 自分でワーホリを計画し手配できる人
  • 現地での生活や仕事探しをスムーズに行える英語力がある人
  • エージェントに頼らず、自分でワーホリを実現したい人

自分でワーホリの計画を立て、航空券や語学学校、滞在先などの手配をする能力がある人の場合、ワーホリエージェントのサポートの必要性を感じない可能性があります。

また、渡航後に現地でスムーズに生活や仕事探しを行える英語力がある場合、ワーホリエージェントによる言語サポートがなくても、ワーホリを成功させられる可能性が高いでしょう。

最後に、上記に記載した特徴に当てはまらない場合でも、「自分の力だけでワーホリを実現したい!」という強い意志がある人は、エージェントの力を借りずに独力でワーホリを実行することでより高い満足感が得られるかもしれません。

ワーホリエージェントの利用をおすすめする理由

ワーホリエージェントの利用をおすすめする理由

ワーホリエージェントを利用するとどのような利点があるのでしょうか?ワーホリエージェントの利用をおすすめする理由は、以下の3つです。

  • ワーホリ準備の時間と手間を削減できる
  • 現地の最新情報を得られる
  • カウンセラーに不安を相談できる

ワーホリ準備の時間と手間を削減できる

ワーホリエージェントを利用すると、ワーホリ準備にかかる時間と手間を削減できます。

ワーホリエージェントは、ワーホリに必要な各種手続きや書類の準備を代行してくれたり、サポートしてくれたりするため、自分への負担を減らせます。

たとえば、自分でワーホリを実現する場合、自分でワーキングホリデービザの申請方法や申請条件を調べて、必要な書類を準備して手続きを行う必要があります。

しかし、ワーホリエージェントを利用すれば、面倒なワーキングホリデービザの申請・取得を代行してもらえます。中には、エージェントを介して語学学校の申し込みをすることで、手数料無料でビザ代行を行ってくれるケースもあります。

経験豊富な専門スタッフに留学計画から準備をサポートしてもらうことで、ワーホリ準備の時間と手間を削減できることは、ワーホリエージェントを利用する大きなメリットです。

現地の最新情報を得られる

ワーホリエージェントの利用をおすすめする理由の一つに、現地の最新情報を得られることもあります。

自分でワーホリの準備を進める場合、気候や物価、治安などの現地に関する情報は自分で調べる必要があります。

一方、ワーホリエージェントを利用すると、特定の国や地域に精通したスタッフや留学サポートの経験が豊富なカウンセラーに現地の最新情報を教えてもらうことが可能です。

特に、特定の国を専門で扱っているワーホリエージェントや、現地にオフィスを構えているエージェントの場合、現地の人しか知らないようなお役立ち情報を教えてもらえることも。

渡航前にしっかり現地の情報を収集しておきたい人は、ワーホリエージェントを利用するといいでしょう。

カウンセラーに不安を相談できる

カウンセラーに不安や悩みを相談できることも、ワーホリエージェントの利用をおすすめする理由の一つです。

ワーホリエージェントのサポートのもとでワーホリ準備を進める場合、渡航や英語学習に関する不安などをいつでも担当のスタッフに相談することができます。

自分一人でワーホリ準備を進める場合、不安や悩みがあっても誰に相談すればいいかわからなかったり、相談できる人がいなかったりすることもあるため、ワーホリエージェントの存在は心強いです。

特に初めてのワーホリや海外渡航の場合、語学学校の手続きやビザの申請、航空券の手配などわからないことも多いので、ワーホリエージェントを利用すると安心です。

ワーホリ(ワーキング・ホリデー)の基本情報

ワーホリ(ワーキング・ホリデー)の基本情報

ワーホリで海外に渡航するにあたって、知っておきたい基本情報をまとめています。

ワーホリ(ワーキング・ホリデー)の概要

ワーホリ(ワーキングホリデー)制度とは、2つの国・地域間の取り決めなどにもとづいて、各国・地域の文化や生活様式を理解する機会として、一定期間の休暇と、滞在費を補うための就労を相互に認める制度のことです。

ワーホリの魅力は、現地で観光・就学・就労ができるという自由度の高さです。

現地滞在中は、その国の好きな場所に滞在して自由に旅行をしたり、仕事をして収入を得たり、語学学校に通って英語を学んだりと、自分の目的に合わせて自由に過ごすことができます。

海外でバイトをして収入を得られるという特徴から、「留学をしたいけど、費用が高すぎる……」「海外に長期滞在したいけど、学校には通いたくない」などという人におすすめできる制度です。

対象者日本国籍を有する18歳から30歳までの人
最長滞在可能期間1〜3年
※国によって異なる
ワーホリビザの
取得可能回数
1カ国につき1回
ワーホリ制度の
対象国
29カ国
※下記参照

参照:一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会

ワーホリで渡航できる国一覧

ワーホリで渡航できる国(ワーホリ協定国)は、以下の29カ国です。

  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • 韓国
  • フランス
  • ドイツ
  • イギリス
  • アイルランド
  • デンマーク
  • 台湾
  • 香港
  • ノルウェー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • スロバキア
  • オーストリア
  • ハンガリー
  • スペイン
  • アルゼンチン
  • チェコ
  • チリ
  • アイスランド
  • リトアニア
  • スウェーデン
  • エストニア
  • オランダ
  • イタリア
  • フィンランド
  • ラトビア

参照:一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会

中でも、本格英語を学べる渡航先として「オーストラリア」「カナダ」「ニュージーランド」「イギリス」の4カ国は人気があります。

なお、日本人の留学先として人気が高いアメリカはワーホリ協定国ではありませんのでご注意ください。

ワーホリにかかる費用

ワーホリで必要な費用は、大きくわけて以下の5つです。

 費用目安(オーストラリアに1年間滞在する場合)
ビザ申請代5万円
渡航費15万円
学費150万円
※学校に通わない場合は不要
現地生活費160万円
海外保険30万円

参照:一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会

ワーホリにかかる費用は、国や期間、滞在目的、現地での生活スタイルなどによって大きく変わってきます。

たとえば、渡航後に語学学校に通わず、休暇を楽しんだり、仕事を探したりする場合は、学費がかからない分、費用を大きく抑えることが可能です。

また、現地で働いて収入を得る場合、収入を生活費の支払いに充てることで、実質の費用を安く抑えられます。

ワーホリの計画を立てる際は、上記の費用目安を参考に、自分にあった無理のない予算を立てることが大切です。

ワーキングホリデーとは?英語圏の渡航先や費用などを詳しく解説

おすすめのワーホリエージェントについてのまとめ

今回は、おすすめのワーホリエージェント10選と失敗しない選び方などについて紹介しました。

ワーホリエージェントでは、留学計画から現地での24時間サポート、帰国後のキャリア支援まで、ワーホリに役立つ幅広いサポートを受けられます。

今回紹介したポイントを参考に、自分に合ったワーホリエージェントを選ぶことで、より安心して留学計画を進められるでしょう。

ワーホリエージェントの中には、手数料無料で自分で手配するのと同じ金額、またはキャンペーン利用でさらに安い金額で利用できるところもあるので、ぜひ検討してみてください。