これで英会話上級者!ネイティブが使うスラングと使い方を紹介

これで英会話上級者!ネイティブが使うスラングと使い方を紹介

英会話学習は、とにかく「習うより慣れよ」の世界だと言われています。確かにその通りなのですが、スクールに通ったり、市販の教材を使ったりして学習することも、間違いなく効果的・効率的な英会話の学習方法です。

しかし、このような学習のみを通して身につけた英会話能力では、ネイティブとの会話を問題なくこなせるようには、残念ながらなりません。

たとえば、今回紹介する「スラング」は、スクールや市販の教材、あるいは一般的な辞書からではなかなか学ぶことのできない英会話表現のひとつです。

スラングとは、同じ環境や集団に身を置く人たちの間で用いられる、砕けた言葉や表現のことです。

私たちが日常的に略語や造語などを使っているのと同じように、ネイティブも日常会話で頻繁にスラングを使っています。

したがって、英語で自然なコミュニケーションが取れるようになるためには、スラングへの理解は必須になります。

この記事では、基本的なスラングについて紹介するだけではなく、スラングを学ぶメリットと注意点の解説もしていきます。ぜひ参考にしてください。

大島さくら子

コンテンツ監修者:
大島さくら子

英語教育事業(株)オフィス・ビー・アイ代表取締役。慶應義塾大学(法学部・政治学専攻)卒。Temple University Japan(教養学部・アジア学専攻)卒。ビジネス英語講師として多くの企業、団体で英語講師を務める。英語学習書ライターとしても活動。英検1級、TOEICRL&R 990点満点/S&W400点満点。著書多数。

続きを読む

YouTube動画で発音をチェック!

YouTubeで記事のスラングの発音も確認できるのでぜひ記事と合わせて学習してみてください。

※動画内では「ILUSMは、I Love you very much.の頭文字から取っている」と説明していますが、正しくは「I love you so much.」。また、“U”は頭文字ではなく、YouをUと言い換えています。

スラングを学習するメリットと注意点

はじめに、スラングを学習する三つのメリットと、スラングに関して気をつけなければならない二つの注意点を解説します。

メリット①スムーズな英会話が行えるようになる

スラングを学習する一つ目のメリットは、スムーズなコミュニケーションが行えるようになることです。

スラングは、言葉を省略したり、表現を簡略化することによって、同じ集団にいる人たち同士のコミュニケーションを円滑にする役割を担っています。

メリット②「仲間意識」を持ってもらえる

スラングは、相手が仲間・身内であるかどうかの確認、あるいは、自分が仲間・身内であることのアピールとして使われる側面があります。

特にカジュアルなシーンでは、この「仲間意識」を相手に持ってもらえると、より友好的なコミュニケーションを楽しむことができます。

外国への移住や海外旅行、外国人の友達を作る等の目的のために英会話を学んでいる人にとっては、「仲間意識」の醸成がスラングを学習する上で一番大きなメリットかもしれません。

メリット③海外の映画や音楽を理解しやすくなる

大衆文化として親しまれている映画や音楽などのエンターテインメントは、スラングとは切っても切れない関係にあります。

ヒップホップの歌詞や、映画の日常会話シーンなどにはスラングが頻出するため、スラングを知っていれば、海外作品をより深く理解でき、ずっと楽しめるようになります。

「外国人と交流するためというよりは、海外のエンタメコンテンツを字幕や和訳なしで視聴するために英会話を学びたい!」という人にも、スラングを学習するメリットがあります。

注意点①TPOに注意!

スラングに関して一番気をつけなければならないのが、スラングを使うTPO「とき=Time」、「場所=Place」、「場合=Occasion」です。なお、TPOは和製英語です。

日本でも、「マジ」「ヤバイ」などの俗語を改まった場では使わないのと同じように、スラングをビジネスシーン等のフォーマルな場では基本的に使用してはいけません。

また、それぞれのスラングには、「砕け具合」や「卑俗度合」の程度や違いがあるため、会話の相手との関係や親密度によっても、使用できるものとできないものがあります。

スラングはコミュニケーションを円滑にする便利な表現ですが、TPOを考えず、みだりに使用すると逆に人間関係を壊すことにもなりかねないので、十分気をつけてください。

注意点②微妙なニュアンスに注意!

「翻訳された言葉は、翻訳前の言葉と完全に同一だとは言えない」のは、スラングに限った話ではありません。

しかし、価値観を共有する集団の中で培われたスラングは、「翻訳では表現できないニュアンス」を特に多く含んでおり、日本語訳だけを読んで使うのは避けたほうがいいものが数多くあります。

「これくらいの親しさの相手に、これくらいの感情を持ったときに、このスラングを使う」といったネイティブが感覚的に判断して使い分けていることを、非ネイティブが一朝一夕で身につけられるものではありません。

それでも、そこまで使い方が複雑ではないスラングもたくさんあります。次に、明日からでも使える便利な基本のスラングをご紹介します。

明日から使える!押さえておくべき基本のスラング

明日から使える!押さえておくべき基本のスラング

まず、一般的な日常会話で使うことが多い、あいさつやリアクション表現のスラングを中心に集めました。

Sup? / Whassup? / Whazzup?

「最近どう?」といった意味のあいさつ、「What’s up?」を省略したスラングです。

省略する前の「What’s up?」自体もカジュアルな表現で、「最近どう?」という意味ですが、特に若者の間では「よう!」くらいの意味で使われます。

「What’s up?」と言われたら、「特に何もないよ」という意味で「Nothing.」や「Not much.」などと返すのが一般的です。

Alright mate? / You alright?

「よう、元気?」という意味のスラングで、主にイギリスやオーストラリアで使われるあいさつです。

mateは、classmateやroommateのmateで「仲間」という意味ですが、通常、親しい男性の間でのみ用いられます。

これらに対して、簡単に「Alright(大丈夫)」と返してもいいですし、「I’m fine.(元気だよ)」「Not bad.(悪くない)」などと、自分の調子を答えてもいいでしょう。

cool / awesome

「かっこいい」「イケてる」「素晴らしい」と、人やものごとを褒めるときに使うスラングです。

「cool」は相手に何かを提案された際、「それいいね!」と賛同するときにも使うことができます。

epic

本来は「叙事詩」という意味ですが、スラングでは「Your car is epic!(キミの車、最高だね!)」のように、「最高」「すごい」「イケてる」などといった意味で使われます。

「fail(失敗)」と組み合わせて「epic fail」とすると、「大きな失敗/失態」を意味する表現になります。

next level

直訳は「次のレベル」ですが、何かが「平均を凌駕するほどのものである」「以前よりも優れた/進んだ/成功した」ことを意味するスラングです。

つまり、基本的には「優れている」という意味で使われるのですが、実は「平均にすら遠く及ばないレベル」というように、悪い意味で使われることもあります。

amped / psyched

何かが楽しみで待ちきれないときなど、興奮する気持ちを表現するスラングです。

「excited」と意味も使い方も同じなので、「excited」と「amped」を入れ替えて、「I’m so amped for this trip!(今回の旅行、めちゃくちゃ楽しみ!)」のように使うことができます。

hook

日本でも「フック」は外来語として馴染みのある言葉ですが、英語のスラングとしての使われ方は多岐に渡ります。

例えば、「be hooked on」で「夢中になる」「中毒になる」といった意味になり、「hook up with」なら、「(恋愛関係にない人と)イチャイチャする/性的関係を持つ」という意味になります。

「hook up」は他にも、「(友人同士で)集まる/つるむ/合流する」などといった意味でよく使われます。

blast

本来は「突風」「爆発」などを意味する語ですが、スラングでは「楽しい時間/経験」を表します。

「Have a good time!(楽しんできてね!)」と同様、「Have a blast!」のように使います。

delish

「美味しい」という意味である「delicious」を崩した表現なので、日本語の「うまい」と似たニュアンスを持っています。

「うまい」を表現するスラングは「delish」の他にもいくつかあり、KFC「ケンタッキーフライドチキン」のキャッチコピーとして有名な、「finger licking good」もそのひとつです。

「lick」は「舐める」という意味なので、「finger licking good」は「指まで舐めたくなるくらいうまい」というスラングになります。

KFCの料理の多くは手だけで食べることができ、食べ終わった後、指には塩やチキンの味がまだ残っています。そこで、その指まで舐めてしまいたくなるほどに美味しいということです。

bae

最近、若者を中心に広がっているスラングですが、夫、妻、恋人、親友、愛犬など、「愛する誰か・何か」に対してならば、何にでも「bae」を使うことができます。

由来に関しては諸説あり、赤ちゃんや恋人などを指す「baby / babe」を崩した形とも、「before anyone else(誰よりも優先して)」の略語だとも言われています。

取扱注意!使用しないほうがいいスラング

取扱注意!使用しないほうがいいスラング

略語、造語、隠語、俗語、卑語など、フォーマルな場での使用に適さないスラングはたくさんあります。

つまり一口にスラングと言っても、親しい友人の間で頻繁に使われているものもあれば、あまりに卑俗な表現であるがゆえに、親しい間柄でもあまり使われないものもあるのです。

これから紹介するものは、下品である等の理由から、使用しないほうがいいスラングです。

知識として頭に入れておく程度に留めておきましょう。

fuck

日本でも非常に有名なスラングで、映画やドラマなどで耳にする機会が多いと思いますが、かなり下品な表現です。「くそったれ」「バカ野郎」などと訳されます。

「What the fuck!(なんてことだ!)」、「Fuck off!(失せろ!)」などの、「fuck」を含む表現も同様に下品なので避けた方がいいでしょう。

なお、「fucking good(めっちゃイイ)」のように、「とても」というveryの代わりに用いられる場合もありますが、これも、決して上品な表現ではないことを覚えておいてください。

bitch / cunt

「fuck」と同じように、これらの言葉も、耳にする機会が多いかもしれません。

どちらも女性を侮辱するときに使われるスラングですが、「あの女」「嫌な女」などの訳語から受ける印象より、はるかに攻撃的な言葉です。実は、bitchはfemale dog「メス犬」、cuntは「女性器」という意味なのです。

なにより、「bitch」や「cunt」のような、性を関連付けた侮蔑語の使用は、親しい間柄でも避けるべきです。

bastard / retarded

「bastard」は「嫌なヤツ、くそったれ」、「retarded」は「馬鹿なヤツ」という意味です。

誰かを罵倒する際に使う言葉なので、かなり乱暴なスラングなのですが、「bastard」の本来の意味が「非嫡子」、「retarded」が「知恵の遅れた」と、単語が持つ本来の意味自体が、非常に侮蔑的です。

bullshit / asshole

「bullshit」は「嘘」「でたらめ」、「asshole」は「クソ野郎」「馬鹿」などといった意味です。

直訳すると、「bullshit」は「牛糞」、「asshole」は「尻(けつ)の穴」となります。

以上、すべて聞くに堪えない下品な「禁忌表現」ですが、映画やドラマ、舞台などではしょっちゅう耳にしますし、実際に使っている人もいます。でも、これらは実は放送禁止用語なので、テレビやラジオで耳にすることはありません。

現代では必須!?押さえておくべきネットスラング

現代では必須!?押さえておくべきネットスラング

現代社会においては、インターネットを通じて海外の人とコミュニケーションをする機会がたくさんあります。

そこで、最後に、SNSやオンラインチャットで使えるネットスラングを紹介します。 なお、SNSは和製英語。正しくは、Social Mediaです。覚えておきましょう。

Good luck / Have fun / GLHF

オンライン対戦ゲームをはじめるときのあいさつとして使うスラングで、「よろしく」という意味です。

「幸運を祈る」「楽しんで」といった意味ですが、本来の意味はあまり意識されず、単に「よろしく」というあいさつとして使われています。

「GLHF」は、「Good Luck, Have Fun」の略です。

tx / thx / thnx / ty / tyvm

「Thanks.」、「Thank you.」、あるいは「Thank you very much.」の略で、「ありがとう」と感謝を伝える時に使えるネットスラングです。

「Thanks for the follow.(フォローしてくれてありがとう)」の略である「TFTF」や、「Thanks for the info / invite.(教えてくれてありがとう/招待してくれてありがとう)」の略である「TFTI」など、より限定されたシチュエーションで使われるスラングもあります。

yw / np

それぞれ「You are welcome.」、「No problem.」の略で、「どういたしまして」という意味です。

「問題ない」という意味の「np」は、日本語で言う「全然構わないよ」のようなニュアンスで、「thx(ありがとう)」に対する返答として用いられます。

もちろん、文字通りの「問題ない」という意味でのスラングとして使うこともできます。

CUL / CYA

「またね」と別れのあいさつをするときに使えるネットスラングで、それぞれ「See you later.」、「See you.」の略です。

幼児語で「バイバイ」という意味の「ta ta」を使った、「TTFN (=ta ta for now)(じゃあ、また)」というネットスラングもあります。

luvu / ILU / ILY / ILUSM

「luvu」と「ILU」、「ILY」は、いずれも「I love you(あなたが好き)」を意味するスラングで、「ILUSM」は「I love you so much(あなたが大好き)」を意味します。

スラングで贈られた愛の言葉には、こちらもスラングで「lu2(I love you, too」と返すのも良いでしょう。

IMO / IMAO / IMBO / IMHO / IMPO

それぞれ、「in my opinion(私の意見では)」、「in my arrogant opinion(私の傲慢な意見だけど→あえて言わせてもらえば)」、「in my biased opinion(偏った意見かもしれませんが)」、「in my humble opinion(愚見ですが)」、「 in my personal opinion(私見ですが)」の略語で、自分の意見を述べたいときに使えるネットスラングです。

’cause / cuz / cus / bc

全て「because」の省略表現で、「なぜなら」という意味です。

テキスト上での書き言葉としてだけではなく、話し言葉として使われることもあり、その場合は「カズ」「コズ」と発音されます。

LOL / LMAO / ROFL / ROTFL

それぞれ、「laugh out loud(声を上げて笑う)」、「laugh my ass off(尻が身体から取れそうになるほど笑う)」、「rolling on the floor laughing(床を笑い転げる)」の略語で、日本語のネットスラングでの「笑」や「草」に当たる表現です。

笑った、笑っているということを表現するネットスラングとしては、笑い声をそのまま表した「hahaha」や「hehehe」が使われることもあります。

meh / blah / bleh

「どうでもいい」「つまらない」など、無関心や退屈な気持ちを表現する際に使うネットスラングです。

「How was today?(今日はどうだった?)」などと聞かれたときに、「Today was meh(今日はつまらなかった)」のように使うことができます。

WTF / WTH

「What the fuck.」、「What the hell.」の略で、どちらも「何てことだ!」と驚いたときに使うスラングです。

「使用しないほうがいいスラング」でも解説しましたが、「fuck」を含んだ粗暴な表現なので、使わない方が無難です。

日常英会話が身につくオンライン英会話スクール

第1位 kimini英会話

kimini英会話
料金形式強み
■スタンダードプラン
 月額:6,380円
 無料体験レッスン10日間

■ウィークデイプラン
 月額:4,840円

■回数プラン
・月2回プラン:月額1,210円
・月4回プラン:月額:2,420円
・月8回プラン:月額:4,840円

※税込価格です。

各プラン無料体験レッスンあり
※詳しくは公式サイトをご確認ください。

・オンライン英会話
・スマホ、タブレットでも受講可能
・教育に70年の実績がある学研が提供している
・学研監修の専用教材を使用
・目標に応じてコースを選べる
・レッスンごとに予習・復習が提供され、進捗度テストが定期的にある
・他社ツールは使用せず独自の通信システムを使用
・講師は厳しい研修を受講しているので安心
・月額1,210円~学べる
・困った時はLINEやメールでサポート
・スマホ、タブレットでどこでも受講可能

第2位 ECCオンラインレッスン

ECCオンラインレッスン
料金形式強み

【フィリピン人講師】
■通常プラン
・月4回:月額3,080円~
・月8回:月額4,620円~
・1日1回:月額8,866円
・1日2回:月額13,640円

■デイタイムプラン
・月4回:月額2,772円
・月8回:月額4,152円
・1日1回:月額7,967円
・1日2回:月額12,276円

【ネイティブ・バイリンガル 日本人講師】
■通常プラン
・月2回:月額8,360円
・月3回:月額12,540円
・月8回:月額31,680円

※税込価格です。

無料体験レッスン2回

・オンライン英会話
・マンツーマン
・創業60周年のEECグループのサービス
・講師は研修や定期的にトレーニングを実施
・初心者の方への指導経験が豊富
・ECCが自社開発した日本人がつまずきやすいポイントを押さえたテキストやカリキュラム
・日常英会話~趣味、時事問題にまで幅広いテキストを用意
・企業、教育機関の利用実績が国内3,000社以上
・英語以外の言語も学べる

第3位 レアジョブ

レアジョブ画像

料金形式強み
■日常英会話コース 
・月8回:月額4,980円
・毎日25分:月額7,980円
・毎日50分:月額12,980円
・毎日100分:月額21,48円
 
■ビジネス英会話コース
・毎日25分:月額12,980円

■中学・高校生コース
・毎日25分:月額12,980円
 
※税込価格です。

無料体験レッスン2回

【キャンペーン】
無料会員登録から7日以内の登録で
人気プラン初月50%OFF!

・オンライン英会話
・マンツーマン

・学生からビジネスパーソンまで幅広く対応
・レアジョブ英会話のレッスンは、学校でも導入済み
・5,000教材から選択可能
・講師の採用率は1%
・TESOLに基づいた研修を専門家が監修
・日本人講師によるレッスンと学習相談が可能
・スマホからでもOK
・自動録音機能でレッスン後も復習
・朝6時~深夜1時まで利用可能
・入会前に日本人カウンセラーと学習方法を相談可能
・オンライン英会話業界で唯一の上場企業

まとめ

この記事では、一般的な辞書や市販の教材などでは学ぶことが難しい、英語のスラングについて紹介・解説しました。

スラングを学んでおくと、ネイティブとより親密な関係を築けたり、海外のエンタメコンテンツが理解しやすくなったりと、様々なメリットがあります。

今回紹介したスラングを覚えて、使えるシーンや相手、ニュアンスを理解できたら実際に使ってみましょう。

ただし、スラングはあくまで砕けた表現であり、なかには卑俗な表現を含んだものもあるので、スラングを使う場合は話し相手との関係をしっかり見極めTPOには十分気をつけるようにしてください。