ネイティブには通じない英語!?「和製英語」をクイズ・ランキング形式で紹介

ネイティブには通じない英語!?「和製英語」をクイズ・ランキング形式で紹介
古来日本は主に中国から、近世以降になると主に欧米諸国から、さまざまなものを取り入れながら発展してきた国です。

言語もその例外ではなく、私たちは日常的に、おびただしい数の外来語を使っています。

とくに最近では、「アジェンダ」「コアコンピタンス」「ペルソナ」など、ビジネスシーンにおける、いわゆる「ビジネス横文字」の使用が顕著です。

しかし、「横文字」や「カタカナ語」の使用に際しては、ひとつ注意しなければならないことがあります。

それは、「横文字」や「カタカナ語」として日本で定着しているものの中には、一見外来語のようでありながら、その実、日本でしか通じない「和製英語」が数多く存在しているということです。

外国人との英会話で和製英語を使ってしまうと、意味が通じないばかりか、コミュニケーションに齟齬や誤解を生んでしまうかもしれません。

そこで今回は、「実は和製英語」を、クイズやランキング形式で紹介します。それぞれの和製英語をどのように言い換えればよいのかについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

和製英語はどうやってできた?成り立ちによる分類

和製英語はどうやってできた?成り立ちによる分類

和製英語とは、日本で作られた「英語のような言葉」のことです。

和製英語には、英語としては完全に存在しないものや、実際に存在する英単語・英熟語を違う意味で用いているものなど、いくつかの種類があります。

まずは、それぞれの和製英語の成り立ちを、その例と一緒に見てみましょう。

実際に存在する単語・熟語を、違う意味で使っている和製英語

このタイプの和製英語は、その英単語・英熟語自体は実際に存在するために、ネイティブと会話する際、もっとも混乱や誤解を生みやすいといえます。

良い機会ですので、以下の言葉が「和製英語である」ということだけではなく、それぞれの単語・熟語の本来の意味も、覚えておくとよいでしょう。

ネイティブ

和製英語としては、この記事内でも使われているように、「英語を母語とする人」を意味します。

本来、「native」は「生まれつきの」「原住民」などといった意味の単語であり、「原住民」というほうの意味にはしばしば軽蔑的なニュアンスが含まれるので、扱いに注意が必要です。

「英語を母語とする人」のことを言いたいときは、「native English speaker」と表現しましょう。

スマート

和製英語としては、「すらっと痩せている」という意味でよく使われますが、英語では「賢い」という意味で使われることが多い単語です。

日本では「スマート」と似た意味で、「スリム」や「スレンダー」という言葉が使われていますが、こちらは実際の英語でも通用する表現なので、英会話ですらっと痩せているようすを表現したいときは、「slim」か「slender」を使うとよいでしょう。

ちなみに、格好などが洗練されているさまを指す「スマート」は、和製英語ではなく英語でも使われる表現です。

実際に存在する単語を、存在しない組み合わせで使っている和製英語

実際に存在する単語・熟語を違う意味で使っているタイプの和製英語の次に紛らわしいのが、実際に存在する単語を勝手に組み合わせるかたちで生まれた和製英語です。

このタイプの和製英語の場合、使われている単語の意味自体は合っているので、ネイティブに対して使っても、ニュアンスが伝わる可能性はあります。

アフターサービス

「あとに」という意味の「after」と、そのまま「サービス」という意味の「service」が組み合わされ、「購入後のサービス」という意味で使われています。

ただ、分解してみるとわかるとおり、これでは何のあとのサービスなのかがわかりません。

「販売」という意味の「sale」を使って「after-sales service」とすれば、しっかり通じる表現になります。

ガソリンスタンド

「gasoline(ガソリン)」と、「売店」という意味の「stand」が組み合わさってできている言葉です。

「ガソリンスタンド」に関してややこしいのは、アメリカ英語とイギリス英語で対応する言葉が違うということです。

アメリカでは主に「gas station」、イギリスでは主に「petrol station」と言います。どちらを使っても通じないことはありませんが、覚えておくとよいでしょう。

実際に存在する単語・熟語を、日本独自の略し方で使っている和製英語

英語と日本語では、言葉を省略する感覚に違いがあるので、日本で使われている英単語・英熟語の省略形には、和製英語と化しているものが少なくありません。

英語には存在しない単語になるので、英会話で勘違いを生む可能性は低くなりますが、そのぶん、ニュアンスを汲み取ってもらうことは難しくなります。

パソコン

「personal computer(パーソナル・コンピューター)」が省略されてできた言葉です。

最近では、頭文字を取って「PC」と略すこともありますが、こちらはネイティブにも通じます。英会話で使う場合は、「PC」あるいは「computer」と言いましょう。

ちなみに、「ノートパソコン」も和製英語なので、「laptop」、「laptop computer」、あるいは「notebook computer」と言い換えてください。

アクセル

「accelerator(アクセラレーター)」が縮まってできた言葉です。アクセルは、イギリスでは「accelerator」、アメリカでは「gas pedal」となります。

バイクのアクセルを指す「スロットル」は、そのまま「throttle」で通じるので、和製英語ではありません。

発音の聞き間違いや訛りが広まった和製英語

日本に伝わったとき、あるいは、伝わる過程で発音が変わってしまったことで、生まれた和製英語もあります。

このタイプの和製英語も、単語自体が英語にはないので言い換えは必須です。

ワイシャツ

「ワイシャツ」という言葉は、「white shirt(ホワイトシャツ)」が由来であると言われています。

発音が違って伝わったといっても、「white」の発音自体は「ホワイト」より「ワイ」のほうが、ネイティブには伝わりやすいかもしれません。

しかし、そもそも英語で「ワイシャツ」は、「white shirt」ではなく「dress shirt」あるいは単に「shirt」と呼ばれるので、「ワイシャツ」をそのまま使うことはできません。

ちなみに、主に西日本で使われている「カッターシャツ」は、運動具メーカーミズノの創業者・水野利八が「勝った!」と喜ぶ観客の歓声から名付けた言葉らしいので、こちらも和製英語ということになります。

ミシン

「縫う機械」という意味である「sewing machine」の、「machine(マシーン)」の部分が「ミシン」に転訛してできた言葉です。

肝心の「sewing」の部分は、ミシンが日本に伝わったとき、あるいは伝わっていく過程で消えてしまったようです。

「ワイシャツ」と一緒で、「ミシン」自体は、「machine」の発音としては悪くありません。

番外編 英語以外の外国語にルーツがある言葉

近世の日本は、ポルトガルやオランダなど、英語圏ではない国との交流のほうが盛んだったので、日本語には、英語由来ではない外来語も数多く存在します。

英語由来ではない外来語は、厳密には「和製英語」ではありませんが、カタカナで表記され、英語と紛らわしいという共通点があるので、ここで紹介しておきます。

タバコ

ポルトガル語・スペイン語の「tabaco」から来ている言葉です。英語では、紙巻きタバコは「cigarette」、葉巻は「cigar」と呼ばれます。

「tabacco」という単語も使われることはありますが、こちらは主に「タバコの葉」のことを指します。

コップ

「コップ」は、オランダ語の「kop(コップ)」、またはポルトガル語の「copo(コッポ)」に由来する言葉だと言われており、英語の「cup(カップ)」が転訛した言葉ではありません。

取っ手が付いているものを「カップ」、取っ手が付いていないものを「コップ」と呼ぶのは、日本語独特の使い分けです。

英会話で使うときは、温かい飲み物を入れるものなら「cup」、冷たい飲み物を入れるものなら「glass」と言いましょう。

それ、実は和製英語!和製英語を「意外さ」でランク付け

それ、実は和製英語!和製英語を「意外さ」でランク付け
和製英語は、私たち日本人の日常にかなり浸透しています。

ここまで紹介したもののように、和製英語の中には、使用率の高さや「英語っぽさ」の高さなどの理由から、実際に使用されている英単語・英熟語だと思い込まれているものが数多くあります。

そんな、「実は和製英語」な言葉を、「意外さ」の観点からランク付けしてみました。

みなさんが今まで、「実際に使える英語だ」と思い込んでいた単語・熟語が、ランクインしているかもしれません。

5位 コンセント

第5位にランクインしたのは、「コンセント」です。

同じ読み方の「consent(同意する)」という単語があり、いかにも英語っぽい響きですが、実は和製英語です。

コンセントのことは、主にイギリスでは「(wall) socket」、アメリカでは「(electric) outlet」と言います。

ちなみに、「コンセント」は壁などに設置されている差し込み口のことであり、差し込む側の「プラグ」を指して「コンセント」と言うのは、日本語としても誤っています。

4位 テンション

第4位にランクインしたのは、「テンション」です。

「テンションが上がる(下がる)」のように使われるこの言葉ですが、「tension」と言う単語は「(物理的・精神的な)緊張」という意味なので、「気分」という意味で使うのは日本独自の用法です。

「テンションが高い」は「excited(興奮している)」、「テンションが低い」は「down(気分が沈んでいる)」などと表現するとよいでしょう。

3位 クレーム

第3位には「クレーム」がランクインです。

「claim」という単語が実際にあり、この単語に「要求する、主張する」といった意味があるため、和製英語であるということがとてもわかりにくくなっています。

しかし、「claim」には日本語で使われているような、「苦情を言う」、「難癖をつける」のような意味はありません。

「苦情を言う」と表現したいときは、「make a complaint」を使いましょう。

2位 シュークリーム

数ある「食べ物系」の和製英語を代表して、「シュークリーム」が2位にランクインです。

シュークリームは、フランス語でキャベツなどを意味する「chou」と、英語の「cream」が組み合わさってできた言葉なので、厳密には、純粋な和製英語とはいえないかもしれません。

シュークリームは、フランス語では「chou à la crème(シュー・ア・ラ・クレーム)」、英語では「cream puff」と言います。

「puff」は「ふわっとふくらんだもの」という意味なので、「cream puff」は「クリームが入った、ふわっとふくらんだもの」という意味になります。

1位 メリット・デメリット

「実は和製英語」ランキング、堂々の1位に輝いたのは、「メリット・デメリット」です。

和製英語としてかなり頻繁に使われていること、また、実際に「merit / demerit」という単語が存在し、意味も似ていて紛らわしいということから、「実は和製英語」ランキングの1位に相応しいといえます。

英語の「merit」は「長所・美点」、「demerit」は「落ち度・欠点」という意味です。

よって、「(何者かにとって)利益になりうる点・損失になりうる点」という意味の「メリット・デメリット」とは、少し異なります。

和製英語の「メリット・デメリット」の言い換えには、「advantage / disadvantage」を使いましょう。

惜しくもランクインを逃した「実は和製英語」な単語・熟語一覧

惜しくもランクインを逃した「実は和製英語」な単語・熟語一覧

カンニング cheating
サンドバッグ punching bag, punchbag
ソフトクリーム soft serve, soft ice
タッチパネル touchscreen, touch screen
ノースリーブ sleeveless
パーカー hoodie (hoody), hooded sweatshirt
ハンドル (steering) wheel
フライドポテト French fries, French-fried potatoes, chips
ポスト post box (postbox), letter box, drop box
ミス mistake, error

和製英語をクイズで学ぼう!

和製英語をクイズで学ぼう!
和製英語について理解を深めてきたところで、次は和製英語のクイズに挑戦してみましょう。

クイズを通して「自分で考える」というプロセスを経ることで、ただ文字を読むだけよりも、知識が定着しやすくなります。

「トランプ」は実際の英語と和製英語のどちらでしょう。
和製英語

英語の「trump(トランプ)」は「切り札・奥の手」という意味で、トランプのことは「(playing) cards」と言います。

カードを使う遊戯として、日本には他に「カルタ」がありますが、これはポルトガル語で「手紙」や「カード」を意味する「carta」が、特定の遊戯・競技を指すようになったものなので、和西蘭語であると言えます。

次の英単語のうち、「面白い」という意味ではないものはどれでしょう。
1. interesting 2. funny 2. unique
2.unique

「unique」は「唯一の」「独特な」「珍しい」という意味の単語で、日本で使われている「ユニーク」のように、「面白い」という意味はありません。

日本では、「独特な」という意味が転じて、「面白い」という意味を持つようになったと考えられます。

「面白い」と言いたいときは、他の選択肢として出ている、「interesting」や「funny」を使いましょう。

次の野菜のうち、和製英語なのはどちらでしょう。
1. キャベツ 2. レタス
1. キャベツ

英語でキャベツは「cabbage」なので、「キャベツ」でも通じないことはないかもしれません。

レタスはそのまま「lettuce」と言います。レタスに関する豆知識をひとつ紹介しましょう。

「レタスだけのサラダ」のことを「lettuce alone(レタスだけ)」と言いますが、これに近い発音の「let us alone(私たちだけにしてくれ)」をかけた洒落で、レタスだけのサラダを「honeymoon salad(ハネムーンサラダ)」と言うそうです。

次のビジネス用語のうち、和製英語なのはどちらでしょう。
1. イシュー 2. ブラッシュアップ
2. ブラッシュアップ

ビジネスシーンでは「企画やアイディアに、さらに磨きをかける」という意味で使われる「brush up(ブラッシュアップ)」ですが、本来の意味は「身なりを整える」「復習する・やり直す」「(元々あった知識・能力を)取り戻す」という意味です。

ビジネス用語としての「ブラッシュアップ」は、「洗練する・磨きをかける」という意味の「refine」に置き換えることができます。

和製英語のデメリット

和製英語のデメリット
最後に、和製英語が日本人にもたらしているデメリットについて、解説します。

和製英語は、日本語に存在しない語彙を補い、表現やコミュニケーションの幅を大きく広げていますが、一方で、英会話を学んでいる、あるいは学びたいと考えている人にとっては、その存在が障害になる場合があるのです。

デメリット1:間違った意味・文法を覚えてしまう

実際に存在する英単語・英熟語を違う意味で使っているタイプの和製英語は、単語・熟語の意味を誤って覚えてしまう原因になります。

また、「コストカット」「イメージアップ」などの文法的におかしな和製英語は、正しい文法の習得の妨げになりかねません。

デメリット2:勘違い・誤解を生んでしまう

ネイティブと会話するときに和製英語を使ってしまうと、意図通りに言葉が伝わらず、勘違いや誤解を生んでしまうことがあります。

たとえば、ある人が英語で自己紹介をするときに、自分がマンションに住んでいることを伝えるつもりで、「I live in the mansion.」と言ったとします。

英語の文章としては成り立っているので、そのまま会話は進むでしょう。

しかし、英語で「mansion」というのは、「大邸宅・豪邸」を意味する言葉です。

実際には普通のマンションに住んでいるその人は、会話をしている相手の中では、「大邸宅・豪邸に住んでいる人物」と誤解されてしまうのです。

「和製英語かも?」と疑う意識が大事!

「和製英語かも?」と疑う意識が大事!
ここまで解説してきたように、和製英語は、私たちの生活に深く浸透しています。

重要なのは、日常的に使われる「英語っぽい言葉」に対して、「和製英語かもしれない」という意識を持ち、調べる癖をつけることです。

間違った言葉を使わないで済むだけでなく、「疑問を持ち、調べ、考える」というプロセス自体が、英語の学習において、大きな助けになります。

まとめ

日本で作られた「英語っぽい言葉」である和製英語の中には、日常に馴染むあまり、実際に使える英語であると勘違いされているものが数多くあります。

和製英語に関する知識の不足は、英単語・英文法への間違った理解や、英語によるコミュニケーションの妨げに繋がりかねません。

日本語として使われている「英語っぽい言葉」については、「和製英語かもしれない」という意識を常に持ち、逐一調べる癖をつけることが大切です。