英語のライティング書き方のコツについて

英語のライティング書き方のコツについて

英語でライティングしようとしたとき、「なにを書いたらいいか思うように考えがまとまらない」、「文章をつくることに苦手意識がある…」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

英語には、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングという4つの技能があります。

中でもライティングは、語彙力・文法力、に加えて、文章の構成力などの正確性が求められるので、一番難しいと思われがちです。

しかし、基本をおさえて練習をすることで、しだいに自分の考えをうまく整理できるようになりますので心配はいりません。

日常生活において、メールやメッセージをおくることや、ビジネスのシーンにおいて、正式なレターを書く必要があることもあるでしょう。

自分の意見や考えを適切に相手に伝えるためには、日ごろからライティングの練習しておく必要があります。

今回は、ライティングを学ぶメリットと英文を書く上での基本のルールについて、例文をまじえて詳しく解説します。

ライティングを学ぶメリット

ライティングを学ぶメリット

一昔前の日本の英語教育は、どちらかといえば「聞く・読む」のインプット中心型でした。

しかし近年、英語のコミュニケーション能力において、「話す・書く」という発信する能力を重要視する傾向が強まってきています。

英語を「話す・書く」は、自分の考えを英文で組み立てなくてはなりません。

「話す」は、頭の中で考えていることを瞬時に言葉にするので、考えがまとまっていないと頭が真っ白になってしまうことがあります。

一方、「書く」は、考えを整理しながら文章をまとめることができるので、じっくりと取り組むことができます。

ですので、英語でとっさにものごとを整理するのが難しい場合は、ライティングの練習を取り入れるといいでしょう。

まずは、ライティングを学ぶことでえられるメリットを紹介します。

アウトプットをする練習ができる

英語の上達には、読んで聞いてインプットをした知識をアウトプットする機会をもつことが重要です。

知識をつめこむだけでは、いずれ記憶から薄れてしまいます。学んだ知識を積極的に実践しアウトプットをすることで、記憶に定着するといわれています。

身近に英語を使いこなせる相手がいれば簡単にアウトプットの機会がもてますが、そうでない人は多いでしょう。

そういう場合は、ライティングの練習をしてみてください。

学んだ文法を活用して例文を考えたり、自分の意見を英文で表現したりすれば、自分のペースでアウトプットの練習をすることができます。

語彙力が鍛えられる

語彙には、自分が知っている言葉の「理解語彙」と、自分が使うことができる言葉の「使用語彙」があります。

英語の上達には語彙力が必要不可欠ですが、語彙力は、知っている語彙を増やしつつ使える語彙を増やすことで鍛えられます。

ライティングは、単語や熟語の意味を辞書で調べることで、理解語彙を増やすことができます。

また、文章化する場合は、文脈にあわせて適切な語彙を選ぶので、使用語彙も増やすことができ、総合的な語彙力アップにつながります。

間違いに気づく

ライティングは、文章作成と文章添削をする作業の繰り返しです。何度も間違うかもしれませんが、その経験を通して、自分で間違いに気がつくようになります。

具体的には、可算名詞と不可算名詞の使い分け、aとtheの冠詞の使い分け、現在形と過去形の時制の使い方などです。

ライティングの練習をとおしてその都度確認するようになるので、細かい英文法のルールを使いわける力が伸びます。

他の技能の能力もアップする

英文のライティングを練習することでスピーキング力が格段にアップします。

自分の知っている単語、文法、構文を活かし、文章を組み立てる作業が自然にできるようになれば、実践的な会話の場でスムーズに話せるようになります。

また、ライティングの練習をとおしてボキャブラリーが増えることで、読む力と聞く力も上達するという相乗効果も期待できます。

ライティングの基本ルール

ライティングの基本ルール

英語において、話し言葉(口語)と書き言葉(文語)は異なります。

話し言葉はやりとりする相手によって状況が異なるでしょうが、ライティングでは、親しい間柄でも丁寧な表現を使用したほうがいいでしょう。

つぎに、最低限知っておいたほうがいいライティングの基本ルールを紹介します。

スラングは使わない

スラングとは、俗語のことです。一言でスラングといっても幅が広く、下品とされる表現以外にも、流行語や若者言葉など日常生活に根づいて普通に使用している表現もあります。

スラングすべてが悪い印象をあたえるわけではありませんが、誤解をまねかないためには、カジュアルな言葉を文章に用いるのはおすすめできません。

【文語では避けたほうがいいカジュアル表現の例】

How’s it going?
(調子はどう?)

Cool!
(すごい!)

Absolutely correct!
(そのとおりだよ!)

Check it out!
(調べてみて!)

Chill out!
(おちつけ!)
※街をぶらぶらするという意味もあり

Gocha!
(わかったよ!)

No way!
(ありえない!)

短縮形は使わない

ビジネスでのメールやレターなどきちんとした文章では、I’mやHe’dといった短縮形は使用しないのが原則です。

短縮形を使ったからといって間違いではありませんが、くだけた印象をあたえてしまいます。「相手に対して敬意を払っていない。」というふうに思われると困りますので注意しましょう。

【フォーマルな文語では使用しないほうがいい短縮形の例】

ain’t be動詞 not
don’t do not
doesn’t does not
didn’t did not
haven’t have not
wouldn’t would not
can’t can not
wanna want to
gonna going to

文章の文型と構文を理解する

日本語と英語では文章の構造が違います。日本語と同じような構造にあてはめて英語で伝えようとすると、不自然は文章になり、意図していることがうまく伝わりません。

英語で文章をつくるためには、基本の第1文型から第5文型を理解しておきましょう。

そうすれば、定型文に自分の表現したい内容の語句をあてはめ文章をつくることができます。

また、日本語ではあいまいな表現を大切にすることがありますが、英語ではいいたいことをはっきりとしめさなくてはなりません。

自分の意見を正しく相手に伝えるには、英語の基本構文に従って表現する必要があります。

例えば、日本語では文章の最後に方向性をしめす言葉を使いますが、英語では最初に内容を明確にし、その後に理由と具体例を述べます。

説得力をより深めるためには、理由や具体例は一つだけではなく複数提示したほうがいいでしょう。

そして、最後に結論を述べますが、その文章ははじめに述べたものをくりかえすのではなく、別の表現におきかえるのがセオリーです。

ライティング上達のコツ

ライティング上達のコツ

ライティングには、メール、レポート、議事録、論文など、さまざまな種類があります。

文章表現のレベルにもよりますが、一般的にだらだらと長い文章で表現するより、いいたいことをコンパクトにまとめ、いくつかの文章にわけて表現したほうが、こちらが意図することを理解してもらいやすくなります。

コツをつかみながら効率的に練習し、伝わりやすい文章を書けるようになりましましょう。

短文から練習する

ライティングは、単語をならべてセンテンス(一文)をつくり、センテンスをならべてパラグラフ(区切り)をつくります。

前に述べたように、単語を基本文型にあてはめてセンテンスにし、意見を先に述べます。そして、その後に理由や具体例などを述べ、センテンスを複数つないでパラグラフにします。

最初は短文からでかまいませんので、単語→センテンス→パラグラフという流れで練習をしましょう。

そうすることで、言葉を塊として使うことを意識するようになり、しだいにパターンや傾向を見つけて、組み合わせられるようになってきます。

書く習慣をつける

ライティング上達には書く練習をつみ重ねることが必要不可欠です。

毎日少しでもかまいません。書くテーマが思い浮かばない場合は、その日に印象に残ったできごとを一つ選んで文章化するようにしましょう。

見直しをする習慣をつける

文章を書いたら、スペルや文法のミスがないか、必ず見直しをする習慣をつけましょう。

添削サービスを利用し専門家にチェックしてもらうのもいいですが、まずは、スペル、句読点に間違いがないか、時制、冠詞の有無、複数または単数、文章のつながりは適切かなど、自分で見直すことが大切です。

使える表現

使える表現

自分の考えていることを相手に理解してもらうには、理論的に内容を整理すると伝わりやすくなります。

①意見を述べる
②理由を述べる
③結論を述べる

という順番で基本フレーズを紹介します。また、

❶「一番好きな季節は?」
❷「都会と田舎どちらがいい?」

をテーマにした例文がありますので、それらを参考にしながら定型に従って書く練習してみましょう。

①意見を述べる表現

英語のライティングでは、最初に自分の主張がどういう方向性なのかを明確にします。

~だと思う/思わないと主張したい場合

I think that… / I don’t think that… 私は~だと思います / 思いません
I believe that…/ I don’t believe that… 私は~だと思います / 思いません
(※thinkより確信度が高い)

【例文】

I think that summer is the best season of the year.
(私は、年間をとおして夏が一番いい季節だと思います。)

I believe living in the countryside is a good thing.
(私は、田舎での生活はいいことだと思います。)

好みを主張したい場合

I like … the best 私は~が一番好きです
It is better for me… 私にとっては~のほうがいいです

【例文】

I like summer the best among the seasons.
(私は、季節の中で夏が一番好きです。)

It’ s better for me to live in the countryside than in the city.
(私には、都会より田舎に住むほうがいいです。)

賛成なのか/反対なのかを主張したい場合

I agree with… 私は~に賛成です
I disagree with… 私は~に反対です

【例文】

I agree with the idea that summer is the most wonderful season. 
(私は、夏が一番楽しい季節という考えに賛成です。)

I disagree with the idea of moving to the city.
(私は、都会に移る考えに反対です。)

②具体例を述べる表現

つぎに、自分がなぜそのように主張したか、その理由や具体例を述べます。

理由・具体例を述べる場合

First,…
Second,…
第一に~
第二に~
For example…
In addition,…
例えば~
加えて~

【例文】

First, the weather is good, and we can swim in the ocean. Second, there are festivals, so we can enjoy them with our friends.
(第一に、気候がよく海で泳ぐことができます。第二に、祭りがあるので友達と一緒に楽しむことができます。)

For example, people in the countryside are friendly. In addition, the cost of living is low.
(例えば、田舎の人はフレンドリーです。加えて、生活費が安いです。)

③結論を述べる表現

理由を述べたあとの文章のまとめとして、最初に述べた意見を再度主張します。このときは、最初に述べた表現と同じではなく違う言葉で表現するように注意しましょう。

まとめを述べる場合

For the reasons,… そういう理由で~
As a result,… 結果として~
That’s why… そういうわけで~です

【例文】

That’s why I believe that summer is the best season.
(そういうわけで、私は夏が一番いい季節だと確信しています。)

For the reasons, I prefer to live in the countryside.
(そういう理由で、私は田舎暮らしが好きです。)

まとめ

本記事では、英文ライティングを学ぶメリットと英文を書く上での基本のルールについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

ライティングを学習するメリットまとめ

  • アウトプットをする練習ができる。
  • 語彙力が鍛えられる。
  • 見直しをすることで間違いに気がつくようになる。
  • 英語の4技能すべてが相乗効果でアップする。

日本語と英語では、文章の組み立てが違います。テンプレートにそって書く練習をすることで、しだいに英文独特の理論的な表現方法に慣れてくるでしょう。

英文ライティングが上達すれば、コミュニケーションの幅は間違いなく広がります。

文章での意見交換をとおして、自分の知りたいことや伝えたいことを世界中の人へ届けることができます。

ぜひこの機会に学習して、ライティング力を向上させてください。