海外通販のショッピングで使える 英語フレーズとは?

海外通販のショッピングで使える 英語フレーズとは?

海外通販のショッピングサイトで買い物をしたいけど、

「英語での登録のしかたがわからない…」

「問合せをするとき、英語で書いたメールを理解してもらえるか自信がない…」

と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

海外の通販サイトは基本的に英語で案内されていますが、商品の選び方・注文・支払い方法など基本の英語表現をおさえておけば、英語に自信がなくても買い物をすることができます。

また、もし先方に問合せをしなくてはいけない状況になったとしても、難易度が高いビジネス英語を使わなくても、要点をシンプルに表現することができれば、やりとりすることは可能です。

英文メールの問合せをとおして、自分の知りたいことやリクエストしたいことを世界中の人にたずねることができます。

英語表現の幅も広がりますので、日ごろから問合せに関するライティングの練習しておくことをおすすめします。

今回は、海外のサイトでネットショッピングするときに使う英単語や英語フレーズについて、例文をまじえて詳しく解説します。

英語での問合せメールのポイント

英語での問合せメールのポイント

最近では、個人利用で海外の会社やお店から商品を購入することが珍しくなくなってきました。

商品の購入手続は、ある程度の基本の用語を理解しておけばそれほど難しくはありません。

しかし、商品購入前に詳細について問合せをしたり、商品購入後になんらかのトラブルが起きたりしたときは、こちらから先方にメールをして、問合せの要旨を英語で伝える必要があります。

難しく感じるかもしれませんが、心配はいりません。英文メールは、「宛名→頭語→本文→結語」という基本の構成を意識して作成することがポイントです。

追って、海外通販サイトでの頻出用語と問合せで役立つ表現を紹介しますが、まずは、英語でメールを書くときの一般的な注意点を理解しておきましょう。

宛名をしるす

英文メールでは、いきなり本文に入るより、誰宛てに問合せをしているのか、きちんと個人名を記したほうがいいでしょう。

もし具体的な名前がわからない場合は、「ご担当者様」宛てとします。

また、簡単な挨拶を表す頭語は省略しても問題はありませんが、挨拶や相手を思いやる言葉があるほうが印象はよくなります。

【宛名例】

担当者名が
わかっている
Dear Mr. Smith,
(親愛なるスミスさんへ)
Dear Ms. Smith,
(親愛なるスミスさんへ)
担当者名が
わからない
To Whom It May Concern,
(ご担当者様へ)
Dear Sir or Madam,
(ご担当者様へ)

【本題に入る前の頭語例】

簡単な挨拶 Hello
(こんにちは)
自分の名前を伝える My name is Hanako Yamada.
(私は山田花子と申します。)
相手を思いやる一言 I hope you are doing well.
(皆さまお元気でお過ごしのことと思います。)

要件は簡潔に明確に

日本語では文章の最後に方向性をしめすことが多いですが、英文メールでは、最初にどんな用件で問合せをしているのかを簡潔に明示する必要があります。

例えば、商品の在庫についての問合せであるとか、または、発送についての問合せであるとか、文章の最初の方にメールの要旨を明確にしておくことが非常に大切です。

【メールの主旨を伝える表現例】

一般的に事がらを伝える I am writing with reference to …
(~に関してメールを書いています。)
I am writing to inform you that …
(~をお伝えするためにメールを書いています。)
I would like to inquire about…
(~についいてうかがわせてください。)
特によい事がらを伝える I am pleased to inform that …
(~ということを喜んでお伝えします。)
I am delighted to inform you that…
(~ということを喜んでお伝えします。)
特に悪い事がらを伝える I am sorry to inform you that…
(残念ですが、~ということをお伝えします。)
I regret to inform you that…
(残念ですが、~ということをお伝えします。)

丁寧表現を使う

問合せの英文メールでは、スラングや省略形の表現は避けましょう。

日常生活に浸透しているスラングもありますが、誤解をまねく恐れがあるので、カジュアルすぎる言葉を文章に用いるのはおすすめできません。

また、短縮形は、相手にくだけた印象をあたえてしまうことがありますので、使用を避けたほうが無難です。

ビジネス英語のようにかた苦しい表現でなくても大丈夫ですが、できる限り丁寧に表現するよう心がけましょう。

相手に敬意を払う

英文メールでは、相手に敬意を払う意味合いで、文章の最後に結びの表現を用います。

そして、自分の名前をしるし、誤りがないか全体を見直ししてから送信しましょう。

【結びの表現例】

結びの挨拶 Thank you for your consideration.
(ご検討よろしくお願いいたします。)
I look forward to hearing from you.
(お返事お待ちしております。)
I would appreciate it if you could get back to me at your earliest convenience.
(早めにお返事をいただければ幸いです。)
結びの言葉 Thank you for your kindness.
(ご親切にありがとうございます。)
Best regards, / Kind regards,
(よろしくお願いいたします。)
Best regards, / Kind regards,
(よろしくお願いいたします。)
Sincerely / Sincerely yours
(敬具)

海外通販サイトの基本用語

海外通販サイトの基本用語

海外通販サイトで買い物をする際、よくでてくる英単語を理解しておくと便利です。

以下、海外通販サイトでよくでてくる用語をカテゴリー別に紹介しますので、参考にしてみてください。

登録/registration

初めて利用する海外通販サイトの場合、名前や住所などを登録しアカウントを作成します。以下は、新規登録に関する用語です。

create an account アカウント作成
personal details / profile 個人情報
surname / last name
first name
postal code / zip code 郵便番号
gender 性別
birthday / date of birth 誕生日
mandatory 必須
membership agreement 会員規約
privacy policy 個人情報保護に関する方針
terms of use 利用規約

注文 / order

海外通販サイトで商品を閲覧し、希望の商品を選択します。以下は、商品の注文に関する用語です。

item / product 商品
in stock 在庫あり
out of stock 在庫なし
sold out 売切れ
quantity / QTY 個数
description 商品の説明
regular price 定価
unit price 単価
pre-order 予約注文
add 追加
remove / delete 削除
edit 変更
basket / cart 買い物かご
promo code / promotion code 割引コード / クーポンコード
check out レジに進む

配送 / shipping

海外からの商品を配送してもらうには、配送方法や送料のオプションがあります。以下は、商品を配送に関する用語です。

shipping method 通常方法
standard shipping 通常配送
express shipping お急ぎ配送
shipping address 配送先住所
shipping charge / delivery fee 配送料
handling charge / service charge 手数料
insurance 保険
free delivery 配送料無料
business day / working day 営業日
delay 遅延
being shipped 配送中
delivered 配達完了
tracking number 追跡番号

支払い / payment

海外通販サイトで決済するには、おもにクレジットカードを使用しますが、以下は、支払い画面でよく目にする用語です。

payment method 支払い方法
credit card data クレジットカード情報
card holder カード名義人
card number カード番号
expiration date 有効期限
security cord セキュリティーコード
billing address 請求先住所(クレジットカードの登録住所)
total 合計
subtotal 小計
sales tax 消費税
custom duty / import duty 関税
order confirmation 注文確認

購入前の問合せ

購入前の問合せ

商品購入に際して疑問に思うことがあれば、うやむやにせずに先方に確認をしましょう。

実際の問合せメールで使えるフレーズをシチュエーション別に紹介しますので、参考にしてください。

商品の確認

海外通販サイトの商品ページには、すべての情報が掲載されているわけではありません。

商品の色、素材、モデル番号など記載されていない情報を知りたい場合は、先方に問合せしてみるといいでしょう。

また、在庫切れの場合は、次の入荷予定を確認してみましょう。

【例文】

I would like to inquire about item number XX. Do you have blue in stock for the item?
(商品番号XXについておたずねします。その商品のブルーの在庫はありますか?)

I would like to inquire about item number XX, is it the latest model from company ABC?
(商品番号XXについておたずねします。それはABC社の最新モデルですか?)

I am writing with reference to item number XX. Your site says that the item is out of stock, and do you know when it will come in?
(商品番号XXのことで問合せします。在庫がないとのことですが、いつ頃入荷するのでしょうか?)

配送の可否確認

海外通販サイトすべてが日本への配送が可能というわけではありません。

日本への送付について記載がない場合、該当の商品番号を伝えて確認してみるといいでしょう。

【例文】

I would like to ask about item number XX on your shopping site. Is this item available for delivery to Japan?
(あなたのショッピングサイトの商品番号XXについておたずねします。この商品は、日本への配送は可能ですか?)

I am writing an email about item number XX. Is it possible to ship this item to Japan? If it can be arranged, please let me know the shipping cost.
(商品番号XXについてメールを書いています。この商品は、日本への配送は可能でしょうか?可能な場合は、送料を教えてください。)

購入後の問合せ

購入後の問合せ

商品購入後にトラブルが起きることも考えられます。

ただ待っているだけでは問題が解決しないこともありますので、以下の例文を参考にして問合せをしてみましょう。

その際は、感情的にならず、冷静で簡潔に自分の要望を伝えるようにしましょう。

予約の確認メールが届かない

オンラインで商品の決済をすると通常は確認メールが届きます。

少し待っても確認メールが届かない場合は、決済が完了していないことも考えられますので、先方に確認してみたほうがいいでしょう。

【例文】

I purchased a bag from your site on June 1 but have not received a confirmation email. I just wanted to confirm that you received my order.
(6月1日にあなたのサイトでバッグを購入しましたが、確認メールが届きません。私の注文を受け取ったかどうかを確認したかったのですが。)

間違えて決済をしてしまった

間違えた商品を購入してしまったり、二重に決済してしまったりすることがあるかもしれません。

購入先の規約にもよりますが、発送前であればキャンセルできることもあるので、キャンセル依頼をしてみるといいでしょう。

【例文】

I have purchased the wrong product on your site. I would like to cancel my order with the number XX.
(あなたのサイトで間違った商品を購入してしまいました。番号XXの注文をキャンセルしたいと思います。)

I am writing this e-mail because I have a problem with a payment on your site. I would like to cancel the order with the number XX, since I have purchased two same items.
(あなたのサイトの決済で問題が生じたことでメールをします。同じ商品を2つ購入したことになっていますので、番号XXの注文をキャンセルしたいと思います。)

商品が届かない

注文した商品が予定していた日数で届かないことがあります。その場合は、注文番号を伝えて発送状況や追跡コードの確認を依頼すると良いでしょう。

【例文】

I am writing an email regarding order number XX. Since I have not received my ordered items, can you please check the shipping status?
(注文番号XXに関してメールを書いています。注文した商品を受け取っていませんので、発送状況を確認していただけますか?)

I am writing to inform you that I have not received the product I ordered. Can you let me know the tracking code for order number XX?
(私が注文した商品が届いていないことをお伝えします。注文番号XXについて、トラッキングコードを教えてもらえますか?)

交換依頼

商品が届いたけど違う内容だったということも起こりえます。その場合は、すぐに交換を依頼しましょう。

【例文】

I regret to inform you that the product I received was different from the one I ordered. Please replace it with the correct product.
(残念ながら届いた商品が注文したものと違っていました。正しい製品と交換してください。)

I am writing to you because the product I received was not the size I ordered. Please replace it with size S.
(届いた商品が注文したサイズと違っていたことをお伝えします。サイズSと交換してください。)

返金依頼

梱包が十分でなかったり、初期不良があったりなど、商品に汚れやダメージがあることもあります。

交換でははく返金を依頼したい場合は、はっきりとその旨を伝えましょう。

【例文】

I am writing an email regarding order number XX. As the T-shirt I received was stained, I would like to get a refund.
(注文番号XXに関してメールを書いています。届いたTシャツが汚れていたので、返金してくださいい。)

I regret to inform you that the item I received was damaged. I would like to get a refund, so please advise me what to do next.
(残念ながら届いた商品は破損していました。返金してもらいたいのですが、今後どうすればいいのかアドバイスをお願いします。)

まとめ

本記事では、海外通販サイトでネットショッピングするときに使う英単語や英語フレーズについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

英語での問合せメールの注意点まとめ

  • だれ宛てにメールしているかをしるす。
  • 要件は簡潔かつ明確にしめす。
  • 丁寧な表現を用いる。
  • 相手に敬意を払う。

日本語と英語では、文章の構成の流れが違うので、最初は英文で問合せメールを作成すること自体がおっくうに感じるかもしれません。

しかし、上記の例文を参考にしていただき、要件をシンプルに書く練習をすることで、しだいに定型の英語表現に慣れることができます。

海外通販の問合せを通して、疑問に思っていることを尋ねたり、トラブルの対処を経験したりすることは、英語のコミュニケーション力の育成につながります。

ぜひこの機会に学習して、ライティング力を向上させてください。

Instagram
YouTube
Twitter
SHARE