中学英語からやり直せる英語の基礎を学びたい大人におすすめの教材8選

中学英語からやり直せる英語の基礎を学びたい大人におすすめの教材8選

英語初心者が英語の勉強を始めるなら、まずは「英語の基礎」をしっかりと身に付けるべきです。大人になってから、英語の基礎を身に付けるためには、中学校で習う英文法や英単語からやり直すのが効果的です。

しかし、実際に書店に足を運んでみると、「やり直し英語」の書籍がたくさん並んでいるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまうと思います。

そこで、この記事では、中学英語のやり直しにおすすめの教材を8つ紹介します。英語の基礎学習をする際に押さえておきたいポイントも合わせて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

中学英語の「やり直し」を始める前に…

中学英語の「やり直し」を始める前に…

まず、英語の学習を中学レベルからやり直すにあたり、知っておきたいポイントを2つ紹介します。

  1. 自分の英語レベルを把握する
  2. 英語を学習する目的を明確にする

学習を始める前に、これらを確認しておくと、より効果的な学習ができるようになります。

自分の英語レベルを把握しよう

まずは、英語の基礎学習に着手する前に、自分の今の英語力を正確に把握して、中学英語やり直しの必要性を客観的に判断しましょう。

「中学英語もう一度勉強し直しましょう」といっても、人によっては、高校レベルからのやり直しで十分なこともあります。

といっても、自分の今の英語力を正確に把握するのは容易ではありませんよね。そこでおすすめなのが、『Mr.Evineの中学英文法クイック・チェック』という参考書です。

この本には、全270問の文法問題が収録されており、たったの3分間、15題の問題を解くだけで「自分の弱点」を把握することができます。

「そもそも自分が中学レベルの英語を理解できているのかすら分からない…」という方は、まずレベルチェックをして、本当に中学英語からのやり直しが必要かどうかを確認してみてください。

英語を学習する目的を明確に

「TOEICで800点以上を取りたいから」「海外旅行に行った時に、英語で会話きるようにしておきたいから」など、英語を学び直したい理由は、人によって様々でしょう。

英語の学習を始める前に、「なぜ英語を基礎からやり直したいのか」という学習の目的を、自分の中で明確にしておきましょう。

こうすることで、英語学習に対するモチベーションを高く持続させることができるようになります。

難しく考えすぎずに、「外国人の友達を作りたい!」や「好きな海外ドラマを字幕なしで見られるようになりたい!」など、自分が魅力的に感じるゴールを設定しましょう。

【英文法編】中学英語のやり直しにおすすめの教材

【英文法編】中学英語のやり直しにおすすめの教材

次に、中学英語のやり直しにおすすめの教材を紹介します。まずは、「中学英語の文法を基礎からやり直したい!」という人に向けて、おすすめの英文法の参考書をまとめましたので、参考にしてください。

中学英語をひとつひとつわかりやすく。

『中学英語をひとつひとつわかりやすく。』は、学研プラスにより出版されている、中学英語を学び直すための参考書です。

英語の基本中の基本である「be動詞」や「不定詞」「現在完了形」など、中学校3年間で学ぶ英語の基礎を学び直すことができます。

それぞれの文法事項は、イラストと易しい日本語で分かりやすく解説されているので、文法に苦手意識がある方でも取っ付きやすいでしょう。

また、文法事項を学習した後は、「練習問題」を通して学んだ知識を定着させることができます。そのため、この参考書は、「英語を基礎から学び直したいけど、文法は苦手…」という人におすすめです。

こんな人におすすめ!

  • 英文法に苦手意識がある
  • 実際に「練習問題」を解いて、理解度をチェックしたい人

中学3年間の英語を10時間で復習する本

『中学3年間の英語を10時間で復習する本』は、そのタイトルの通り、10時間で中学3年間の英語を復習することができる1冊です。

この本の一番の特徴は、中学で習う基本の英文法を「生徒と先生の会話形式」で学ぶことができるところです。

多くの英語学習者がつまずくポイントを、「どうしてこれはこうなの?」と、生徒が代わりに質問してくれるので、スラスラと読み進めることができます。

ただし、こちらの1冊は、参考書というよりも読み物に近いため、「問題を解いて知識を定着させたい!」という方にはあまりおすすめできません。

「英文法の基本を思い出しながら、短時間で学び直したい!」という方や、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間に取り組める英語学習本を探しているという方におすすめです。

こんな人におすすめ!

  • 中学校の英文法を短時間で復習したい人
  • 通勤時間などのスキマ時間に手軽に読める英文法の本を探している人

Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル

『Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル』は、「中学校英語をやり直すならこれ!」という定評がある、ベスト・ロングセラーの英語教材です。

このドリルの特徴は、テキストだけでなく、知識を定着させるための「問題」が充実しているところ。問題の解答冊子は取り外せるようになっており、答え合わせがしやすいのも嬉しいポイントです。

そんな『Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル』には、29のレッスンが収録されています。1日1レッスン(30分程度)を学習すれば、ちょうど1ヶ月ですべての文法事項をマスターすることができます。

他の参考書と比べて、基礎文法をじっくり学び直せるようになっているので、「しっかり基礎を学び直したい!」という方におすすめです。

こんな人におすすめ!

  • 時間をかけてじっくり中学校の英文法を学び直したい人
  • 毎日30分程度の自己学習時間を確保できる人

マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編

『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』は、中2・中3で習う英文法をマンガで楽しく学ぶことができる教材です。

「英文法が苦手で、他の参考書は難しすぎて続かなかった…」など、文字ばかりの英文法の参考書が苦手だという人におすすめです。

「過去形と現在進行形の違い」や「動名詞と進行形の違い」など、ややこしい英文法がとてもていねいに解説されています。そのため、英文法をただ「丸暗記」するだけでなく、実際にしっかりと理解することができます。

「中学英語をやり直したいけど、ハードルが高くてなかなか始められない…」という方や、「文字を読むのが苦手…」という方には、マンガ形式で楽しく学べる『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』がおすすめです。

こんな人におすすめ!

  • 文字ぎっしりの参考書は、ハードルが高いと感じる人
  • 英文法を丸暗記するのではなく、しっかりと理解したい人
  • マンガで楽しく中学校の英文法を学び直したい人

【英単語編】中学英語のやり直しにおすすめの教材

【英単語編】中学英語のやり直しにおすすめの教材

ここまでで、中学3年間で習う英文法のやり直し学習に最適な教材を紹介しました。

しかし、英語力を伸ばすためには、英文法の知識に加えて、「語彙力」も必要です。そこで、次に、中学レベルの英単語の学習におすすめの教材を4冊紹介します。

キクタン【中学英単語】

『キクタン【中学英単語】』は、リズムに乗って英単語を暗記できるベストセラー本『キクタン』の中学生版です。

高校入試レベルの英単語が収録されているので、「英単語の知識がぜんぜんない…」という方でも取っ付きやすい内容になっています。

キクタンシリーズの一番の特徴は、付属のCDを聞きながら、正しい発音と一緒に英単語を覚えられるところです。

単語を覚える際に、「この単語はどうやって読むんだろう?」と辞書を引いたり、ネットで調べたりする手間が省けるので、単語を覚えることに集中できます。

また、CDの音声はスマホにダウンロードしておけば、いつでもどこでも好きな時に、音声を聞きながら英単語の学習ができますよ。

こんな人におすすめ!

  • 英単語の知識がなくて困っている人
  • 音声データを聞きながら、「音」と「単語」をセットで学習したい人

システム英単語中学版

『システム英単語中学版』は、中学校で習う英単語を網羅した英単語帳です。英単語のレベル別に4つの章で構成されており、徐々にレベルが上がっていくため、英語初心者でも無理なく取り組むことができます。

  • 中1レベルの英単語(500語)
  • 中2・中3レベルの英単語(500語)
  • 高校入試に必要な英単語(500語)
  • 高校英語への英単語(200語)

『システム英単語中学版』は、高校受験対策本として重宝されている単語帳ですが、「中学校レベルの英単語をまとめて学び直したい!」という大人にもおすすめです。

こんな人におすすめ!

  • 中学レベルの英単語を効率よく暗記したい人

英検3級でる順パス単

『英検3級でる順パス単』は、実用英語技能検定3級に特化した単語帳で、3級に合格するために知っておきたい英単語1,300語を収録しています。

英検に特化した単語帳ではありますが、英検3級のレベルはちょうど「中学校卒業程度」なので、中学校で習う英単語の復習に最適です。『英検3級でる順パス単』を使って英単語の学習をするメリットとしては、

  • 例文を通して単語を覚えることができる
  • 無料で音声データをダウンロードできる
  • 赤シートで英単語を隠しながら、勉強できる

などが挙げられます。英検3級〜1級を受験する多くの人が使用している英単語帳だけあって、豊富な例文や見やすいデザインなど、全体的にクオリティーが高いという特徴があります。

また、こちらの単語帳は、実用英語技能検定の級ごとに1冊ずつ出ているため、3級の単語の学習が終わったら準2級、2級、そして1級…と、徐々にレベルアップできます。

こんな人におすすめ!

  • 赤シートを使って英単語を覚えたい人
  • 英検受験を視野に入れている人

中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1,300語

『中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1,300語』は、中学校で習う1,300語の英単語を学べる英単語帳です。

速読英単語シリーズの一番の特徴は、英単語とストーリー(英文)を結びつけて学習できるところです。

英単語がランダムに登場する英単語帳とは異なり、100字程度の英文に登場する英単語を覚えていくという仕様になっているため、その英単語を使うシーンをイメージしやすいというメリットがあります。

英単語がただずらっと載っている英単語帳だと、学習を始めるハードルを高く感じてしまう方や、物語を通して英単語を学びたいという方は、速読英単語シリーズを活用しましょう。

こんな人におすすめ!

  • 物語と一緒に楽しく英単語を覚えたい人
  • 英単語を機械的に暗記するのが苦手な人

英語の基礎を効率よく学習するためのポイント

英語の基礎を効率よく学習するためのポイント

最後に、英語の基礎を効率よく学習するためのポイントを3つ紹介します。

1冊の参考書を最後までやり抜く

英語の基礎学習をする際は、英文法の参考書を1冊、英単語の単語調を1冊に絞って最後までやり抜くようにしましょう。

というのも、何冊も手当たり次第にやってしまうと、結局どの参考書の内容も記憶に定着せず、中途半端になってしまうからです。

書店に足を運ぶと、たくさんの良書が並んでいるので、何冊も手に取りたくなる気持ちはよく分かりますが、まずは1冊をやり抜くことが大切です。

ぜひこの記事で紹介した8冊の参考書と英単語帳の中から、自分に合った文法書と単語帳をそれぞれ1冊ずつ選んで、学習に励んでください。

英語学習を習慣化させる

英語学習でしっかりと効果を出すためには、何よりも、学習を継続することが大切です。そこで重要なのが、英語学習を習慣化すること。

英語の学習を習慣化してしまえば、「面倒くさい…」「今日は勉強したくない…」と感じた時でも、机に向かうことができます。英語学習を習慣化するためには、

  • 文法書を1日1ページ進める
  • 英単語を1日10個覚える
  • 1日5分は必ず机に向かって勉強する

など、無理なく取り組める目標を設定しましょう。「毎日2時間、英語の勉強をする!」など、志が高すぎる目標を設定してしまうと、始めは良くても、途中で挫折する可能性が高くなってしまいます。

ですので、ぜひ「習慣化」することを目標に、まずは1日5分から毎日英語学習に取り組むようにしましょう。

オンライン英会話スクールと併用する

中学英語のやり直し学習を始めると、英文法や英単語の知識がどんどん身に付きます。しかし、身に付いて知識を使う機会がないと、記憶に定着しにくかったり、使わないうちに忘れてしまったりするかもしれないということが懸念されます。

そこで、中学英語のやり直し学習を、オンライン英会話スクールのレッスン受講と並行して行うと、より効率よく学習することができるようになります。

とくに、「日常英会話をマスターしたい!」「海外旅行に行ったら英語でコミュニケーションを取りたい!」など、英語学習の目的が「英語を話せるようになること」という方は、オンライン英会話スクールの利用がおすすめです。

オンライン英会話スクールは、通常の通学型スクールと比べ、

  • 料金が安い
  • スキマ時間など短時間でも受講できる
  • 通学時間が不要なため、継続しやすい

などという点で優れています。「中学英語のやり直し学習(インプット)と合わせて、アウトプットもしたい!」という方は、オンライン英会話スクールを利用しましょう。

\日常英会話をマスターする/
DMM英会話

まとめ

この記事では、「英語を中学レベルからやり直したい!」という人に向けて、中学英語のやり直しに最適な教材を、学習のコツとともに紹介しました。

英語初心者が、日常英会話やビジネス英会話などより高度な英語力を身に付けるためには、中学英語から徹底的に学び直す必要があります。

ぜひこの記事で紹介した中学校レベルの英文法と英単語を学べる参考書の中から、自分に合ったものを見つけて、英語の基礎を学び直してくださいね。