運営者情報

会社名 株式会社SEEC
コンテンツ監修 メリッサ
お問い合わせ フォームはこちら
サイト責任者 渡慶次 博友
YouTubeチャンネル メリッサ英会話イングリッシュファクター
所在地 〒900-0021
沖縄県那覇市泉崎1-20-6 那覇ビジネスセンター7F
会社URL https://se-ec.co.jp/
サイトについて 当サイトは、英会話に関する情報をご紹介しております。
お問い合わせの際は、メールフォームからお願い致します。
禁止事項 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
イングリッシュファクターのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)
著作権侵害・罰則など
地図

監修者プロフィール

  • 名前:メリッサ
  • 沖縄生まれ、沖縄育ちの日米ハーフです。
  • 英語講師→フリーランス通訳→旅行業界を経て現在広告業界で勤務中。
  • これまでの英語指導経験を生かして、英語を頑張りたい皆さんを応援するために、お役立ち情報を当サイトで発信しています。

経歴と資格

  • 早稲田大学国際教養学部卒。同大学で国際関係学修士号取得
  • フリーランスの同時通訳、英語講師として学生と社会人を中心にサポートしてます。
  • 英検1級(高校2年取得)トフルiBT 111点(早稲田大学在学中)

私の英語サクセスストーリー

  • 日本で生まれ育ったので、小学校3年生までは最低限の単語のみで父と会話
  • 小3で基地の中の小学校に転校し、アメリカ人に囲まれた環境で英語のスパルタ教育開始。アメリカではESL(English as a Second Language)と呼ばれる、英語を母国語としない子供向けの国の教育制度がある。
  • ESLで習得した英語の基礎の上に、公立中高で続けて英語を勉強
  • 中学で本格的に英検の勉強を始め、スピーチ大会などにも挑戦。高校2年で英検1級取得、英語に自信がついてスピーチ大会やディベート大会に出場し、準優勝、優勝する。その後、アメリカ1年留学。
  • 国際問題や平和に興味があったので、9割の授業を英語でする早稲田の国際教養学部を志望。AO入試で受験し、合格。
  • 大学時代はシンガポールに1年留学し、大学院では韓国に語学留学&英語講師として勤務。卒業後も英語を生かして、様々な業界で勤務経験を重ねている。

試してきた英語学習法

  • 子供のころのディズニー映画は英語
  • ESL2年間スパルタ
  • 英語を忘れないように週1で英会話教室
  • おすすめの語学習得順:リスニング→スピーキング&ライティング→語彙力

メリッサからひと言

英語学習法は十人十色なので、自身の経験と共に、様々なサクセスストーリーやノウハウをこちらで提供していきます。
自分だけの英語サクセスストーリーを作っていきましょう♪

英語が話せるようになるには?

スポーツで全国優勝を目指すなら、日々の練習の積み重ねが大事です。
同じように英語が話せるようになるには、日々の学習の積み重ねが大事です。

目標を明確にすることは大事なことです。
英検1級、TOEIC990点を取るという目標と、外国人と片言でいいから話せるようになりたい、という目標は、達成するまでの手段が違います。
したがって、当然学習方法が違います。

目標が「英検1級を取得したい」という方なら、英検の教材が必要ですし、自分の勉強方法が正しいのか解らない場合は、スクールに通ったり、オンライン授業を受けたりする必要があります。

目標が「片言でいいから話せるようになりたい」という方なら、日常英会話の本や教材、よく使う英語の単語帳で勉強するか、オンライン英会話などでネイティブ講師と実際に会話をして勉強するといいでしょう。

学習の目標と本当の目的は違う

英検1級を取得したい方の本当の目的は、「英語の先生になりたい」「パイロットになりたい」「通訳の仕事に就きたい」などではないでしょうか?

片言でいいから話せるようになりたいという方の本当の目的は、「身近にいる外国人と交流したい」「英語圏に旅行に行った時に困らないようにしたい」、さらに深掘りするなら、「海外で物を買う時に値引き交渉ができるようになりたい」といったところではないでしょうか。

目的と目標を持って学習をすると、学習に対するモチベーションが維持しやすくなるのでおすすめです。

スタート地点は皆同じなのか?

結論から先に言うとスタート地点はそれぞれ違います。
現在学生で英語の授業に熱心に取り組んでいる方と、学生時代は英語に興味がなくて就職してから英語が話せるようになりたいと思って、学習を始める人とでは、スタート地点のレベルに雲泥の差があります。

しかし、英語の基礎が全くできていないからといって諦める必要はありません。
英語が話せるようになりたいと思っていない人はスタートラインにも立っていませんから、自身の成長のために「英語が話せるようになりたい」と思って動き始めたこと自体評価されるべきです。

「英語が話せるようになりたい」と思ったその日から研鑽を積んで、英会話のスキルを手に入れましょう。