英語の勉強方法と学習におすすめな英会話サービスをご紹介

子供・中学生・高校生・大人の英語の勉強方法と学習におすすめする英会話サービスをご紹介

一口に「英語学習」と言っても、学習目的や現時点での英語力によって効果的な学習方法は異なります。

とはいえ、実際には「英語を勉強したいけど、勉強の仕方が分からない…」という悩みを抱えている英語学習者は多いでしょう。

そこで今回は、英語学習を始めたい人に向けて、知っておきたい学習のポイントや効果的な学習方法を紹介します。

記事の後半では、子供・高校生・社会人に向けたおすすめの学習方法についての解説とおすすめの英会話サービスをご紹介いたします。

英語の学習を始める前に確認しておきたいポイント

英語の学習を始める前に確認しておきたいポイント

まず、英語の勉強に着手する前に押さえておきたい3つのポイントを紹介します。

学習の目的を明確にする

英語の勉強を始めるにあたって、学習の目的を明確に把握することが重要です。

その理由は、「〇〇だから、英語を学びたい」とか「〇〇のために、英語を話せるようになりたい」などといった具体的な目的がないと、途中で挫折する可能性が高くなってしまうからです。

例えば、「今日は疲れたから勉強をサボってしまおうかな…」と思った時、明確な目標があれば、自分自身をコントロールして机に向かうことができます。

ですので、英語の勉強に着手する前に、以下の例を参考に「なぜ英語を学びたいのか」を明確にしておきましょう。

英語の学習目的の例

英語学習の目的は大きく分けて、

  1. 日常英会話
  2. ビジネス英会話
  3. 資格・試験

の3つに分かれます。それぞれ具体的な目標例を記載しましたので参考にしてください。

  • 海外旅行先で英語でコミュニケーションを取れるようになる
  • 国際交流パーティーで英語で外国人と交流できるようになる
  • 海外留学・ワーホリに必要な英語力を身につける

  • 業務を英語でスムーズにこなせるようになる
  • 外国人に対する接客ができるようになる

  • 外資系企業に転職するために、TOEIC800点を取得する
  • 英語の教員免許を取得する

ポイントは「TOEIC800点」や「海外旅行先でのコミュニケーション」など、できるだけ具体的な目的・目標をたてることです。

英語学習の目的・目標を自分の中で明確にしておくことで、より効果的な学習ができるようになります。

現時点の自分の英語力を把握する

英語の勉強に着手する前に確認しておきたいポイントの2つ目は、「現時点の自分の英語力」です。

というのも、すでに中学・高校レベルの英語力が身についている人と、中学レベルですら怪しいという人ではスタート地点が大きく異なるからです。

当然ながら英語の基礎が身についていない場合、中学レベルの英文法や英単語などの基礎学習から始めなければなりません。基礎知識がない状態でいきなり海外ドラマを見たり、聞き流しをしたりしても、決して効果は得られません。

ですので、まずはインターネット上の「英語力測定テスト」や「レベルチェックテスト」などを利用して、現時点の自分の英語力を把握しましょう。こうすることで、自分がどこから取り組むべきか分かるようになります。

ラクに英語を習得する方法はないことを知る

英語の勉強を始める前に知っておきたいポイントの3つ目は、「英語を習得するのにラクな方法はない」ということです。

ちまたには「CDを聴くだけで英語が聞き取れるようになる」とか「この講座を受けるだけで、英語が話せるようになる」といった宣伝文句が溢れています。

しかし、実際にはラクに英語を習得する方法はありません。CDを聞き流したり、DVDを見たりするだけで英語が喋れるようになるなら、誰も苦労しませんよね。

英語をマスターした先輩たちには、地道な基礎学習と実践練習の量をこなした過去があるはずです。

英語を勉強する際は、「ラクに英語を習得する方法はない」ということを念頭に置いて、コツコツと英語学習に励みましょう。努力は裏切りません。

技能別!効果的な英語の学習方法

技能別!効果的な英語の学習方法

英語学習において大切なのは、「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能をバランス良く身につけることです。

ですが、実際には「英語の読み書きは得意だけど、リスニングとスピーキングは苦手…」という英語学習者は多いのではないでしょうか。

ここからは、英語の効果的な学習方法を技能ごとに解説していきます。苦手分野の補強や、得意分野の育成にお役立てください。

リスニング(聞く)

ここでは、英語の基礎(英文法や英単語など)がすでに身についた状態から、英語のリスニングを上達させる方法について紹介します。

「まだ中学レベルの英語の知識が身についていない」という方は、リスニングに特化した学習をする前に、基礎学習から取り組むことをおすすめします。

まず、英語を聞き取れるようになるには、「英語特有の音やスピードに慣れる」という日々のトレーニングが欠かせません。

トレーニングと言うと少し難しく感じてしまうかも知れませんが、実際には自分のレベルに合った英語の音声を毎日聞くだけでも充分な効果が期待できます。

リスニングアプリやYouTube、ポッドキャストなどを活用して、積極的に英語を聞くようにしましょう。

毎日継続して5分以上英語の音声を聞けば、耳が英語の「音」と「スピード」に慣れ、少しずつ英語が聞き取れるようになります。ただし、英語の音声を聞く際は、

  • スクリプトのある音声を活用する
  • 「ながら学習」ではなく、集中して音声を聞く
  • ディクテーション(聞き取った英語を書き取ること)をする

など、「ただ英語の音声を聞き流すだけ」にならないように注意してください。

リーディング(読む)

当然ながら英語の文章を読むには、英単語と英文法の知識が必要です。ですので、リーディング力を伸ばしたい場合、まずは英単語と英文法の学習に取り組んでください。

単語帳や参考書を用いて学習する方法でも良いですし、実際に英語新聞や洋書などを活用して、文章中に登場する知らない単語や文法を片っ端から辞書で調べて学習する方法でも良いでしょう。

そして、英語の文章を読むのに必要な語彙力と文法知識が身についたら、次に英語の「多読」を通して、英語の文章を読むことに慣れていきましょう。

英語の文章にたくさん触れることにより、英文を読む速度が上がります。英文を速くかつ正確に読めるようになることを目標に、日常的に大量の英文を読むようにしましょう。

ライティング(書く)

ライティングを上達させるには、「とにかくたくさん英語の文章を書くこと」と「書いた英文を添削してもらい、添削から学ぶこと」の2つが欠かせません。

その理由は、英単語や英文法の知識がすでに身についていたとしても、ライティング(アウトプット)ができるとは限らないからです。

ライティングを上達させるには、頭の中にある知識を実際に「文章」としてアウトプットする必要があります。

また、ただ英語の文章を書くだけでは、「正しく書けているのか」「どこをどう直せば、より良い文章が書けるのか」などといったことが分かりません。

ですので、学校やオンライン英会話の講師、または英語が得意な友人などの力を借りて、自分が書いた英語の文章を添削してもらうといいでしょう。

たくさん英語の文章を書いて添削してもらうことにより、ライティングは確実に上達します。

スピーキング(話す)

英語のスピーキング力を伸ばすには、とにかく英語をたくさん話すことが重要です。

「英単語や英文法の知識はあるのに、英語をうまく話せない…」という悩みを抱えている方は、英語を話す練習をして、スピーキング力を伸ばしていきましょう。

ただし、英語を話すには英単語や英文法に関する基礎知識が必要なので、「日常会話すらまともにできない…」という方は、まずは基礎学習から行ってくださいね。

スピーキング力を伸ばすためには、インプットした知識を実際に口から出す練習が効果的です。

実際に口から出してアウトプットすることで、知識が定着し思ったことをそのまま英語で言えるようになります。

とはいえ、日本で生活しているとなかなか英語を話す機会がありませんよね。そんな時は、オンライン英会話や国際交流イベント、英会話カフェなどを利用して、英語を話す機会を作りましょう。

「まだ英語に自信がないから…」と逃げ腰にならず、積極的に英語でコミュニケーションを取らざるを得ない状況に身を置くことが重要です。

\\世界で通じる英語が身に付く//
DMM英会話

効果的な英語学習方法【子供をもつ親向け】

効果的な英語学習方法【子供をもつ親向け】

ここまでで、英語の4技能を効果的に学習する方法について紹介しました。次に、子供のいる親御さんに向けて、子供に対する効果的な英語学習方法をお伝えしていきます。

親も英語を学ぶ

子供に英語を学ばせる際は、親も英語を学ぶことをおすすめします。その理由は、親も一緒に英語を学ぶことで、子供のやる気や興味を引き出しやすくなるからです。

子供によっては、親が英語の参考書を開いて勉強していたり、オンライン英会話レッスンを受講していたりする姿を見て、「何しているの?」「私もやってみたい!」と興味を示してくれるかもしれません。

また、親が英語の基礎を学び直せば、子供に教えられるようになるというメリットもあります。

英語学習の土台となる「発音」をマスターする

子供の英語学習を始めるにあたって、「どこから手をつけたらいいの?」と疑問に思う方は多いでしょう。何から始めるか迷ったら、まず「発音」の学習から始めることをおすすめします。

というのも、語学の学習に最適な「臨界期」は9歳頃までと言われており、それまでに正確な発音を学んでおくことで、「正しい発音」や「英語耳」が身につくからです。

具体的には、英語の文字が持つ音のルールが載った「フォニックス表」を用いた発音学習がおすすめです。

「A=ェア」「B=ブ」「C=ク」というアルファベットと発音をセットで学習することで、正しい発音が身につきます。

正しい発音が身につけば、カタカナ発音が染みついてしまう心配がないのはもちろん、英語のリスニング力の基礎も身につきます。

フォニックスを使った発音学習は、英語の土台を作る方法として最適です。

「楽しさ」を重視して学習する

子供の英語学習においては、子供が英語を学ぶ楽しさを感じられるように工夫しましょう。

子供に英語学習は「楽しい」と思ってもらえれば、自ら進んで意欲的に英語を学んでくれるようになります。

子供の好きなキャラクターの英語教材や歌、海外のアニメなど、子供の興味に合わせて最適な英語教材を選びましょう。

また、子供が楽しく英語を学べるように工夫されたオンライン英会話レッスンの活用もおすすめです。

\\楽しく英語が身に付く//
DMM英会話

効果的な英語学習方法【中学生・高校生向け】

効果的な英語学習方法【中学生・高校生向け】

続いて、中学生・高校生向けの効果的な英語学習方法を紹介します。「英語の勉強法に悩んでいる…」という中学生・高校生はぜひ参考にしてください。

学校の勉強を中心に学習に励む

英語の勉強方法で悩んだら、学校で習う「中学英語」「高校英語」を中心に勉強しましょう。

中学や高校で習う英文法や英単語の知識は、英語の基礎にあたる重要な部分ですので、そこを疎かにしはいけません。

実際に、大人になってから英語学習を始める場合、中学英語からやり直すという人がたくさんいます。

卒業後に一からやり直さなくていいように、現役のうちに学校の英語の勉強にしっかり取り組んでおきましょう。

英語試験を積極的に受験する

中学生・高校生には、英検やTOEICなどの英語試験を積極的に受験することをおすすめします。その理由は、英語試験の受験が身近な目標となり、英語学習に対するモチベーションが高まるからです。

「英検準2級に合格する!」「TOEICで600点を取りたい!」という目標があると、日々の英語学習に積極的に取り組むことができます。

英検に合格したり、TOEICで高スコアを取得したりすれば、自分の英語力に対する自身にもつながります。

また、英検は取得しておくことで、入試の英語の試験が免除されたり、内申点に追加されたりといったメリットもあります。

英語力を高めるため、そして英語学習に対するモチベーションを高めるためにも、英語の検定試験を積極的に受験しましょう。

海外ドラマや洋画を活用する

ここまで「学校の勉強を怠らないことが大切」とお伝えしましたが、中には「もう少し実践的な英語に触れたい…」と思っている人もいるでしょう。そんな人には、海外ドラマや洋画を使って生きた英語に触れることをおすすめします。

特に主人公の日常を描いた海外ドラマには、中学生・高校生レベルの英語力でも理解できる日常会話フレーズが多く登場します。休みの日や放課後に海外ドラマや洋画を鑑賞して、生の英語に触れてみましょう。

効果的な英語学習方法【フリーター・社会人向け】

効果的な英語学習方法【フリーター・社会人向け】

最後に、フリーター・社会人におすすめの英語学習方法について紹介します。

自分の目的に合わせて学習する

大人になると、英語を学ぶ目的が多様化します。「趣味で楽しく英語を学びたい」という人もいれば、「就職・転職のためにTOEICのスコアアップを狙いたい」という人もいるでしょう。

ですので、効果的に英語を学ぶには、自分の目的に合った勉強法を取り入れる必要があります。

例えば、日常英会話をマスターしたいのであれば、海外ドラマや洋画を鑑賞したり、オンライン英会話で日常英会話の練習をしたりするのが効果的です。

その一方で、ビジネス英会話をマスターしたいのであれば、職種ごとに必要とされる英語に特化した参考書を読んだり、ビジネス英会話に特化した英会話レッスンを受講したりといった対策が必要です。

目標に設定したゴールに向けて無駄なく必要な英語力を身につけられるように、目的に特化した勉強法を取り入れましょう。

スキマ時間を有効活用する

仕事やプライベートで忙しい社会人にとって、まとまった学習時間を確保するのは容易なことではありません。

「出勤前や帰宅後になかなか英語を勉強する時間が取れない…」という場合は、通勤時間やお昼休みなどのスキマ時間を活用することをおすすめします。

スマホアプリPodcast動画配信サービスなどを利用すれば、5?10分のスキマ時間でも英語に触れることができます。

1日5分でも毎日続ければ、しっかりと効果を実感できるようになります。

オンライン英会話を活用する

「英語を話せるようになりたいけど、英語を話す機会がない…」という方には、オンライン英会話の利用がおすすめです。オンライン英会話を利用すれば、自宅で気軽に英会話の練習ができます。

昨今では、「ビジネス英会話」「トラベル英会話」「英語の試験対策」などといった、目的に合わせた様々なコース設けているオンライン英会話もたくさんあります。

自分の目的や英語力に合ったサービスを見つけて、コツコツとスピーキング力の向上に務めましょう。

\\世界で通じる英語が身に付く//
DMM英会話

まとめ

今回は、子供を持つ親御さん、中学生・高校生、フリーター・社会人に向けて、おすすめの英語学習方法を紹介しました。英語の学習に着手する際は、次の3つのポイントを押さえておくことをおすすめします。

  • 学習の目的を明確にする
  • 現時点の英語力を把握する
  • ラクに英語を取得する方法はないことを肝に銘じる

これらのポイントを押さえて、効果的に英語を学習しましょう。