英会話にも活かせる!英作文における正しい例文の選び方

英会話にも活かせる!英作文における正しい例文の選び方

英作文学習において、例文暗記は非常に効果的な学習方法です。

例文を暗記すれば自ずと英語単語の語順が身に付き、英会話のスキルも伸ばすことができます。

ただし、十分な効果を得るためには、正しい例文をの選ぶとともにび、方や勉強法もを知っておかなければなりませんおきたいところ。

特に英語初心者の方は例文の善し悪しを見分けることがのも難しいので、「どうやって例文を選んだら良いのか分からない」とお困りの方はも少なくないでしょう。

この記事では、例文暗記による正しい例文の選び方を、英作文学習のメリットや効果的な勉強法も交えながら詳しく解説します。

正しい例文を選んでもとに、総合的な英語スキルを伸ばしていきましょう!

英会話にも有効!例文を用いた英作文学習のメリット

英会話にも有効!例文を用いた英作文学習のメリット

正しい英作文学習を積み重ねていけば、英会話のスキルを伸ばすことができるだけでなく、様々なメリットを享受することができます。

ここでは英作文学習のメリットとして特に顕著なものを3つご紹介します。

英作文学習で「英語脳」が育つ

正しい英作文を作るには、語彙、文法、文型、構文など、英語の総合的スキルが必要になります。

特に文型や構文を身に付けることができるのは、英作文学習ならではのメリットだと言えまするでしょう。

英語の自然な語順が身に付くと、頭に浮かんだことを即座に英語に変換できる「英語脳」が育ちます。

言い換えれば、日本語を介さずに英語を英語として理解できるようになり、英語に対する反応速度レスポンスのスピードを格段に上げることができます。

英語を上手に話せるようになるには、「英語脳」になることがを習得することが必要不可欠なので、英作文学習を行うことで、英語習得マスターに向けて少しずつ成長していくすることができるでしょう。

英作文学習は英会話にも役立つ

頭の中で文章を構成する力が身に付けば、旅行や留学などで海外に行った際に、突然の出来事に遭遇したとしてもとっさのシーンでも、素早く英語が出てくるようになります。

英語が苦手な方の多くは、英語で聞かれた内容を日本語に変換し、回答を日本語から英語に変換するという作業を無意識に行ってます。

しかし構文力がを身に付けば、ることでこうした無駄な作業はを一切不要になります一気に省くことが可能となります。

「海外へ行くには単語だけで十分」と考える方がもいますが少なくありませんが、どれだけ単語を知っていても、構文によって単語同士を正しく繋げ合わせなければ、相手に正確に意思を伝えることはできません。

そのため、英語によるって円滑なコミュニケーションを図るには行うには、英作文学習によって構文力を養うことが必要不可欠だと言えるでしょう。

例文暗記でライティングも伸びる

例文暗記によって自然な構文力が身に付けば、当然ライティング力も向上します。

ライティング力の向上は、中学生は試験対策に、高校生であれば大学入試においても大いに役立つでしょう。

社会人であれば、取引先とのメールやプレゼンなど、ビジネスシーンでも大いに活用できます。

特にこれから転職を検討している方は、英語力は大きなアピールポイントになるだけでなく、外資系の企業への転職も視野に入れることができるようになるので、ぜひとも転職活動前に英語のスキルを鍛えておきたいところです。

英作文学習における正しい例文とは?3つの判断基準

英作文学習における正しい例文とは?3つの判断基準

効率の良い英作文学習をするにあたって、まずはどんな文章が最適かを知ることは大切です。

例文選びを誤ると十分な効果が得られないばかりかず、場合によっては間違った英語を覚えてしまうことにもなりかねないのでもあるので、ここからは具体的に正しい例文の選び方を3つご紹介します。

適切なレベルを選ぶ

暗記する例文は、難しすぎても簡単すぎてもいけません。

まずは適切なレベルを見極めることを意識してみましょう。

例えば、文構造すら分からないような難しすぎる文章は、覚えたところで実際に使いこなすことができません。

逆に簡単すぎる文章だと、文章自体が短かす過ぎて拙い印象を相手に与えてしまう可能性があります。

目安としては、文章の意味を最低限意味を理解できる程度の文章例文を選ぶと良いでしょう。

参考書に和訳や解説があれば、文章の意味や構文を詳しく確認しながら英文を暗記できるので、より効果的です。

汎用性の高いものを選ぶ

例文を暗記する文章際は、できるだけ様々なシーンで応用できるものを選ぶようにしましょう。

特定のシーンでしか使えないような構文は、覚えたところで実際に使える実践するシーンがありません。

一つの目安として、接続詞が含まれている文章例文だと、自分なりにも活用しやすくなります。

例文1

I went to the supermarket because I wanted to buy some eggs.
(卵を買いたかったので、私はスーパーへ行った。)

応用例

I went to the shopping center because I wanted to buy new shoes.
(新しい靴を買いたかったので、私はショッピングセンターへ行った。)

上記の例文にでは「I went to 場所 because I wanted to~」というように、理由を表す接続詞becauseが使われています。

この場合、場所と「~」の部分を変える応用させるだけで、様々なシーンで活用することができます。

まずはこのようにして、文中の単語を少しずつ変え代えて応用してさせてみてください。

例文2

Let’s wait until he comes back.
(彼が帰ってくるまで待ちましょう。)

応用例

You should stay here until he comes back.
(彼が帰ってくるまで、ここで待っていなさい。)

続いては、接続詞のパートはそのまま残し、文の前半を言い換える例文ですてみましょう。

この例文では、継続を表す接続詞until「~まで」が使われているので、until he comes back「彼が帰ってくるまで」はそのまま残し、それ以外を残りを変え活用させます。

例文3

I stayed at home all day though It was sunny.
(天気が良かったが、私は一日中家にいた。)

応用例

She had to do washing though she was so tired.
(彼女はとても疲れていたが、洗い物をしなくてはならなかった。)

慣れてきたら、今度は文章の型は残しつつ、変更する応用する部分を拡大します。

この例文では逆接を表す接続詞though「~だが、~けれど」が使われていますが、接続詞だけを残し、前後の文章を自分なりにガラリと言い換えています。

最初は簡単な言い換えで構いませんが、少しずつ言い換える部分を文量を増やしていき、レベルアップを図りっていきましょう。

適切な教材を選ぶ

例文暗記を行う際は、適切な教材を選ぶのが大前提となります。

本屋に行けばたくさんの参考書が並んでいますが、できれば一つずつ手に取り、自分に合っているかどうかを判断することがも大切です。

インターネットが普及した現代では、ネット上で簡単に情報を手に入れることができます。

しかし、インターネット上の情報中には不確かなものが情報も少なくありません。

特にSNSでネイティブが使っているような表現は、「活きた英語」ではありますがるものの、文が簡略化されていることがよくありますも珍しくありません。

このような表現は、英語初心者の英作文学習教材としては不向きです。

なので、まずは基本をからしっかりと押さえるようにしていきましょう。

例文暗記だけじゃない。英作文学習の効果的な勉強法

例文暗記だけじゃない。英作文学習の効果的な勉強法

ここまで正しい例文の選び方をご紹介しましたが、「ただひたすら例文を暗記すれば良い」ということではありません。

ポイントを押さえた学習法でないと十分な効果はが期待できません。ので、事前に確認してください。

便利な表現はリスト化する

参考書などに掲載されている例文を見ていると、「これは使えそう」という表現が出てくるので、そうした表現は自分なりにリスト化するようにしていきましょう。

専用の単語帳や暗記カードを用意し、使えそうな表現に出くわしたら度にメモしておくのがおすすめです。

先ほどご紹介した接続詞はもちろん、イディオムなどを併せて覚えておくのも良いでしょう。

例えば、英語でレポートなどを書く際に使える便利な表現として、以下のようなものが挙げられます。

in order to ~ために
in other word 言い換えると
that is to say つまり
on the other hand 一方で
not only A but also B AだけでなくBも
for example (instance) 例えば
such as A Aのように
firstly 第一に
secondly 第二に
for that reason そのため
to sum up 要するに

特にFirstly「第一に」、To sum up「要するに」などは、英作文におけるいて定番の表現と言えます。

このような表現をまとめ、自分の中である程度のフォーマットを作っておくと、どんな内容に対しても自分なりの意見を述べることができるようになります。

文章を応用するさせる

自分なりに応用できそうなものは、例文の型を意識しながら違う文章に書き換えてみましょう。

もし「書き換えた文章が合っているかわからない」という方は、英語が堪能な第三者にチェックしてもらうと安心です。

知り合いにネイティブや英語が得意な人がいれば、気軽にチェックしてもらうことができますし、インターネット上にでは低価格で英作文を添削してくれるサイトがも多数存在します。

中には1回100円台で添削してくれると非常にリーズナブルなアプリもあるので、初心者の方でもお金を掛けずに低価格で英語学習を始めることができます可能です。

アウトプットする

例文暗記を積み重ねたら、実際の英会話や英作文でアウトプットすることをも忘れてはいけません。

いきなり自然に使いこなすのは難しいかもしれませんが、まずは意識的に使ってみることがポイントです。

慣れてくれば自分の表現として徐々にこなれてきて、習得することができ、いずれは自然とそのフレーズが頭に浮かぶようになるでしょう。

こうしたトレーニングこれを積み重ねていけば、「このシーンにはこのフレーズ」といった具合に、シチュエーションに応じて適切なフレーズが出てくるようになりますが、そこまで到達すればあなたの英語もかなりハイレベル。

例文暗記の効果が十分に表れた結果だと言えるでしょう。

まとめ

英作文まとめ
例文を活用して英作文を学習していけば、英会話においても十分な効果を発揮する得ることができます。

例文が頭の中にどんどん蓄積されていけば、脳内で英文を素早く構成する力が身に付き、同時に英語を英語として理解する「英語脳」も育っていきます。

ただし、正しい例文を利用して、効果的な勉強法を実践しないと、なかなか英語力をレベルアップさせることができないのも事実です。

「これから英作文学習を始めよう」と考えている方は、ぜひこの記事を参考にして、正しい例文選びや勉強法を意識し、英作文力を効率良く鍛えていきましょう!