海外で映画を見てみよう!映画館で使える英会話フレーズと例文

海外で映画を見てみよう!映画館で使える英会話フレーズと例文

海外旅行や海外留学中に、現地の映画館を訪れるのはとてもワクワクしますよね。

ですが、「英語力が心配で、海外の映画館で映画を観る自信がない」という人は多いのではないでしょうか。

映画で使われる英会話には、日常会話ではあまり使わない単語やフレーズが登場するので、少し難しい部分もありますが、必要なフレーズ数はそこまで多くないので心配する必要はないでしょう。

この記事では、海外で映画を見るときに使える英会話フレーズと例文を紹介します。

チケットを購入する

チケットを購入する

まずは、映画館でチケットを購入する際に使える便利フレーズを紹介します。

映画の内容について尋ねる

映画館に着いたらまずはチケットを購入します。

「観たい映画が決まっていない」とか「映画の内容について聞きたいことがある」という場合は、チケットを購入する前にカウンターで聞いてみましょう。

まずは挨拶から

映画館のスタッフと会話を始めるときは、本題に入る前にワンクッション置くのが基本です。

Hi.
「こんにちは。」

How are you?
「元気ですか?」

何か作業をしているスタッフに声をかける場合は、“Excuse me”と声をかけてあげると好印象です。

作品について質問してみよう!

What time is “作品名” playing today?
「“作品名”は今日何時に上映がありますか?」

What time does the movie start?
「映画は何時に始まりますか?」

What time does the movie finish?
「映画は何時に終わりますか?」

How long is the movie going to run?
「その映画はいつまで上映されますか?」

Do you have any movies with English subtitles?
「英語字幕のある映画はありますか?」

これらの情報は、映画館の掲示版に表示されていることもありますが、よくわからない場合はスタッフに尋ねてみましょう。

ただし、英語圏では日本のように、他言語の映画の吹き替え版や字幕版を上映することは少ないので、「字幕版」といった表示がないことがほとんどです。

特に言語に関する記載がなければ、音声は英語で字幕はないものと思って間違いないでしょう。

チケットを購入

Can we have 2 tickets for “作品名”?
「“作品名”のチケットを2枚ください」

チケットを購入する際に、明らかに「大人2枚」だとわかる場合は“2 adults”と言わなくても大丈夫です。

自分が代表してグループのチケットを購入する場合は、

2 adults and one child for “作品名” please.
「“作品名”の大人2枚と子ども1枚お願いします。」

のように、チケットの種類と枚数を伝えられるとスマートです。

I’d like to watch “作品名” today. When do you have seats available?
「“作品名”を観たいのですが、いつ空席がありますか?」

人気作品の場合は満席のこともあるので、空席がある上映時間を尋ねてみましょう。

I booked a ticket online. How can I get my ticket?
「チケットをネットで購入したのですが、どうしたら入場できますか?」

海外の映画館では、ほとんどの場合、ネットで事前にチケット・座席を予約できます。

「ネットでチケットを購入したけれど、入場の仕方がよくわからない…」というときは、このフレーズを使ってみましょう。

割引に関する英単語
学生割引 Student discount
割引日 Discount day
割引券 Discount ticket

Do you have student discount?
「学生割引はありますか?」

Are movies cheaper on Mondays?
「月曜日は映画が安く観られますか?」

Are there any days that movies are cheaper?
「映画が安く観られる日はありますか?」

“Discount day”は、「割引日・サービスデー」の意味で使える英単語ですが、英語では“Days that movies are cheaper”と文章で表現する方がより自然です。

映画の割引について質問する場合は、ぜひ活用してみてください。

座席を選ぶ

Are there any seats available in the back?
「後方で空いている座席はありますか?」

I’d like to sit in the middle.
「中央の座席に座りたいです。」

I prefer to get an aisle seat.
「できれば通路側の座席がいいです。」

ちなみに海外では、座席の指定がない映画館もあります。

チケットを購入した際に、座席を選ぶように伝えられなかった場合は、「自由席」ということになり、入場したら好きな席に早いもの順で着席します。

座席に関する英単語
Seat
Row
前方の座席 Seat in the front
中央の座席 Seat in the middle
後方の座席 Seat in the back
通路側の座席 An aisle seat

フード・ドリンクを購入する

フード・ドリンクを購入する

続いて、映画館でフード・ドリンクを購入する際に使える便利フレーズを紹介します。

友だちと相談

Do you usually get any drinks or popcorn?
「普段(映画館で)飲み物とかポップコーンを買う?」

Do you want to share a large popcorn with me?
「わたしとLサイズのポップコーンシェアする?」

Is salty popcorn okay with you?
「塩味のポップコーンで大丈夫?」

I think the large popcorn is too big for us.
「Lサイズのポップコーンは大きすぎると思う。」

上映時間まで余裕があるなら、友だちとフード・ドリンクメニューを見ながら相談するのも楽しいですよね。

海外の映画館のドリンクやポップコーンは、日本の映画館と比べるととても大きいので、友だちとシェアするのもいいでしょう。

フード・ドリンクを購入

How big is the large popcorn?
「Lサイズのポップコーンはどのくらい大きいですか?」

Can I have a large salty popcorn and 2 large cokes?
「Lサイズの塩ポップコーンをひとつと、Lサイズのコーラを2つください。」

Can I please have a small sprite?
「Sサイズのスプライトをお願いします。」

映画館のコンセッションスタンドでフードやドリンクを購入する際は、カフェやファストフード店などで注文するときと同じフレーズをそのまま使えば問題ありません。

映画館スタッフに質問する

映画館スタッフに質問する

I’m looking for the theater 9.
「シアター9を探しているのですが…」

Excuse me, where is the theater 9?
「すみません、シアター9はどこですか?」

チケットを指差しながら聞いてみましょう。

Can I take this with me?
「これって持ち込みできますか?」

Is it okay if I take this drink with me?
「この飲み物を持ち込んでも大丈夫ですか?」

外で買った飲み物や食べ物をシアター内に持ち込めるか確認したい場合は、持ち込みたいものを見せながら聞いてみましょう。

ちなみに、国や映画館にもよりますが、海外では映画館における持ち込みが日本ほど厳しくない傾向があります。

映画の感想を英語で言ってみよう!

映画の感想を英語で言ってみよう!

映画を観た後に、友だちと映画について語り合うのは楽しいですよね。

海外で知り合った友だちと映画を観に行ったら、英語で映画の感想を聞かれるかもしれません。

「面白かった」と一言で感想を述べてしまうようでは、会話は盛り上がりません。

映画の感想を英語でスマートに言えるように、以下で紹介する英語フレーズを学習しておきましょう。

相手に感想を尋ねる

まずは、相手に映画の感想を尋ねるときのフレーズを紹介します。

How did you like the movie?/How was the movie?
「映画はどうでしたか?」

映画を観た後、“Did you like the movie?”と聞いてしまいがちですが、この質問だと“Yes”または“No”で会話が終わってしまう可能性があります。

“How”を使って映画の感想を尋ねてあげると、「良いと思った理由」や「あまり気に入らなかった理由」について聞き出しやすくなります。

Was it better than you expected?
「期待していたより、良かった?」

How would you rate the movie out of 10?
「この映画は10点満点で何点?」

What kind of movie do you usually watch?
「普段はどんなジャンルの映画を観るの?」

海外では、映画の評価を確認する際に「IMDb」という映画レビューサイトをよく参考にします。

そこでの評価基準が10点満点ということもあり、「あなたなら10点満点で何点をつける?」という質問をすると、「IMDb」の評価になぞらえて答えてくれるでしょう。

ちなみに、英語では100点を満点とするより、10点を満点とする方がより自然なので覚えておきましょう。

映画の感想を聞かれたら…

続いて、映画の感想を英語で伝えるフレーズを見ていきましょう。

「すごく良かった」から「良くなかった」までの5段階で、良く使われるフレーズを表にまとめてみました。

座席に関する英単語
すごく良かった ・It was amazing
(すごく良かったよ)
・I really liked it
(すごく気に入った)
・It couldn’t be better
(最高だった)
・It was one of the best movies I’ve ever seen
(これまで観た中で、最高の映画のひとつだったよ)
良かった ・It was good
(良かったよ)
・It was better than I expected
(予想していたより、良かった)
・I enjoyed it
(楽しかったよ)
普通だった ・It was okay
(まあまあだね)
・I’d give 5 out of 10
(10点満点なら、5点をあげるね)
あまり良くなかった ・It wasn’t bad
(悪くはなかった)
・It wasn’t as good as I expected
(期待していたほど良くなかった)
・It wasn’t for me
(わたしの好みではなかった)
良くなかった ・It was terrible/boring
(ひどかった/退屈だった)
・I didn’t like it at all
(全然好きじゃなかった)
・I’m very disappointed
(すごくがっかりしたよ)

このように、映画が良かった・良くなかったと伝えるだけでも、たくさんの表現があります。

“It was good”や“It was bad”など、典型的な感想だけではなく、自分の感想を自分の言葉で表現できるように、上の表で示した表現を学習しておきましょう。

また、上記の感想に加えて、特に印象に残ったことも言えるとさらにスマートです。

I really liked the actor/actress.
「あの俳優/女優(の演技)がすごく良かった。」

I liked it so much that I don’t mind watching it again.
「もう1回観たいくらい良かった。」

The story wasn’t anything surprising, but the music was amazing!
「ストーリーは大したことなかったけど、音楽が最高だった!」

It had a very good plot.
「物語の筋書きが良かった。」

“plot”とは、物語の筋書きを意味します。

映画全体の筋書きが良ければ、“good plot”となりますし、よくある筋書きでつまらないのであれば“Typical plot”や“Basic plot”と表現します。

映画の感想を述べる際によく使われる英単語ですので、覚えておいて損はないでしょう。

その他、知っておくと便利な映画に関する英単語

その他、知っておくと便利な映画に関する英単語

最後に、知っておくと便利な映画に関する英単語を紹介します。

映画館で見かける英単語

映画館 Movie theater(アメリカ英語)
Cinema (イギリス英語)
予告編 Trailer
続編 Sequel
吹き替え版 Dubbed/Voice over
字幕版 Subtitled
試写会 Preview
監督 Director
ネタバレ Spoiler

映画館を意味する英単語は2つあり、どちらも同じ意味ですが、アメリカ英語では“Movie theater”、イギリス・オーストラリア英語では“Cinema”がよく使われています。

“Spoiler”は、ネタバレを意味する英単語で、英語で映画のレビューを調べていると、“Spoiler Alert”という文字がよく登場します。

“Spoiler Alert”とは、「ネタバレ注意!」という意味なので、この英単語を見かけたときは、うっかり映画の内容を知ってしまわないように注意しましょう。

映画ジャンルは英語で?

ホラー Horror(アメリカ英語)
Cinema (イギリス英語)
スリラー Thriller
コメディー Comedy
ラブコメディー Romantic Comedy
アクション Action
アニメ Animation/Cartoon
ラブロマンス Romance

映画のジャンルは、日本人にお馴染みのジャンル名でそのまま通じるものがほとんどです。

ただし、「ラブコメディー」と「ラブロマンス」は和製英語ですので通じません。

英語では、それぞれ“Romantic Comedy”と“Romantic”ですので覚えておきましょう。

まとめ

海外の映画館で使える便利な英会話フレーズと例文を紹介しました。

この記事で紹介したフレーズはどれもよく使うものばかりですので、海外の映画館で自然に発することができるように学習しておきましょう。

英語でコミュニケーションを取ることに加えて、「日本の映画館とはどこが違うんだろう?」と文化の違いを感じながら、海外の映画館を楽しんでみてくださいね。

関連記事

  1. 知っておくと役に立つ日常英会話のフレーズと例文【旅行編】

  2. 字幕映画で学ぶ英会話!おすすめ6選

  3. 英会話最速上達法は全ての表現をグッバイにすること!1000時間理論の真実と併せて解説

  4. 初心者必見!英会話上達への近道を徹底解説

  5. 英会話の例文暗記の効果とは?正しいやり方やおすすめの教材などを紹介

  6. 初心者から上級者まで!YouTubeで英会話が学べるおすすめチャンネル15選