毎日25分のオンライン英会話受講で効果的に英会話力を上げる方法

毎日25分のオンライン英会話受講で効果的に英会話力を上げる方法

最近は、いつでも気軽に出費を抑えて受講できる、オンライン英会話サービスがメジャーなサービスになっています。

日常生活で、英語を使うことがほとんどない日本人にとっては、オンライン英会話を使った英語力の向上は非常に有難いサービスです。

英会話学習においては、継続することがとても大切なので、毎日オンライン英会話を使った学習を取り入れることは、英語力向上の近道といっても良いでしょう。

しかし中には、オンライン英会話レッスンを定期的に利用しているけれどもなかなか英会話力が上がらない、モチベーションを維持できず毎日受講することができないという悩みをよく聞きます。

今回は、何故オンライン英会話を毎日受講することが英会話力向上に大事なのか、どのようなレッスンを受講すれば英会話力を伸ばすことができるのかといったことについて解説します。

オンライン英会話を毎日受講することの効果

オンライン英会話を毎日受講することの効果

毎日オンライン英会話を受講すれば、何かしらの効果がありそうというイメージを持っている方は多いと思いますが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

具体的な効果は下記の3点です。

スピーキング力が向上する

スピーキング力は、英語を話した量に比例して伸びていきます。

そのため、毎日オンライン英会話を受講することで、少しずつではありますが、英語を話すことに慣れることができ、ある一定の期間を過ぎるとスラスラと英語を話すことができるようになります。

これは、個人差がありますが、毎日オンライン英会話を受講して、3ヶ月〜半年くらいを過ぎると、自分のスピーキング力が向上していることに気づく方が多いようです。

英語に耳が慣れ、リスニング力が向上する

オンライン英会話の受講はリスニング力の向上にも効果的です。

英語のポッドキャストやラジオを聞いているという人は多いかもしれませんが、聴き流しているケースが多いため、自分でよほど意識をしない限り、効果的なリスニング力向上につながっていません。

しかし、オンライン英会話では、講師が話す英語をしっかりと聴き取って、英語で返答をすることが求められます。

そのため、英語を聴き取り、理解する力が向上します。

インプットとアウトプットを繰り返すことで英語表現の幅が増える

毎日オンライン英会話を受講することで、新しい単語や表現を覚え、それらを英会話で使うというサイクルを高速で回すことができます。

そのため、新しい単語や表現を自分の中に効果的に定着させることができ、英会話力が向上していきます。

オンライン英会話学習でやってはいけないこと

オンライン英会話学習でやってはいけないこと

毎日オンライン英会話に取り組むことで効果があることは分かりましたが、一方、毎日受講しているのにも関わらず、英会話力が伸びないという悩みを抱えている方がいるのは何故でしょうか。

ここでは、オンライン英会話で学習する際、陥りがちなやってはいけないこと3点を紹介します。

なんとなく同じ講師のレッスンを楽しく受講する

英会話力に伸び悩んでいる方がやってしまいがちなのは、コミュニケーションを取りやすい同じ講師の授業ばかりを受講することです。

同じ講師のレッスンを受講することは必ずしも悪いことではありませんが、ここで問題になるのは講師の選定です。

英会話初心者〜中級者にありがちなのが、自分の英語に自信がなく、また外国人と英語を話すことに慣れていないため、自分の話したい英語をある程度汲み取って会話を進めてくれる講師を選んでしまうことです。

毎日のレッスンは楽しいとは思いますが、これでは英会話力が伸びません。

英語の基礎力がない状態でレッスンを受講し続ける

英語の基本的な文法知識がない状態でオンラインレッスンを毎日受講するのも避けたいことの一つです。

英会話をすることになれるという点では良いかもしれませんが、英語を使ってしっかりコミュニケーションを取れる状態を目指す上では、英語の基礎力を付けることはマストです。

何故ならば、自分でしっかりと会話を組み立てて会話することができないため、いつまでも単語を並べて会話するだけの中途半端な英会話で終わってしまうからです。

できれば、中学校で学習する程度の英文法を身に付けてから、オンライン英会話に臨むようにしましょう。

毎日続けない、または3ヶ月以内にやめている

よくあるのは、仕事や学校の勉強が忙しくて、毎日続けることができないケースです。

こういった方の場合、1日休んで、次の日に2日分を受講している、または週末に1週間分をまとめて受講しているというケースをよく聞きます。

英語はスポーツと一緒で、毎日取り組むことで上達していきます。

そのため1日でもサボると、たちまち元の状態に戻ってしまいます。

また、3ヶ月間ほど続けて効果を感じることができずやめてしまうというケースも問題です。

英語力はすぐには上がりません。

毎日繰り返しているうちに、ある時ふと、自分の英語力が向上していることに気づくことが多いので、継続は力なりという言葉を信じて、毎日少しずつ細く長く続けることが大事です。

オンライン英会話を使って効果的に英会話力を上げる方法

オンライン英会話を使って効果的に英会話力を上げる方法

それでは、具体的に英会話力を上げるには、どのようにオンライン英会話を利用すれば良いのでしょうか。

ここでは、気をつけたいポイントを3つ紹介します。

具体的な目標を設定する

やみくもにレッスンを受けていると、英会話力が向上していることが感じられず、だんだんとモチベーションが落ちていきます。

オンライン英会話を始める前に、具体的な目標を設定し、目標に向けて自分の英会話力をチェックするようにしましょう。

できれば、測りやすく、数字で示せる目標を設定することをおすすめします。

公式テストで目標値を設定するならば、ビジネス上の英会話力を上げたい方はTOEIC、留学を考えている方はTOEFLなどが向いています。

公式テストを受講するのはハードルが高いという方は、オンライン英会話上の英語力測定テストを受験することをおすすめします。

最近はほとんどのオンライン英会話サービスに、AIや講師が英語力を診断してくれるテストが用意されています。

これらのテストは、スコアだけでなく良い点、改善点なども教えてくれるので、今後の英会話学習の参考にもなるでしょう。

自分の英語にフィードバックをしてくれる講師を選ぶ

オンライン英会話には様々なタイプの講師がいますが、英語力を上げるには、自分の英語表現の良い点、改善点をできるだけ多くフィードバックしてくれる講師を選ぶといいでしょう。

英会話力は話す量に応じて向上すると言われているものの、ある一定のところを過ぎると、自分の英語の表現を直さない限り自然な英語に近づけることはできません。

また、文法や発音上のフィードバックだけでなく、英語表現に対するアドバイスをしてくれる講師を選ぶことをおすすめします。

例えば、自分の意見を表現する時に、

I think〜(私は〜と思う)

を多用して表現する方をよく見かけます。

I think〜を使って自分の考えを表現するのは間違っていないのですが、ずっとこの表現を使って会話をすると、ネイティブスピーカーからは不自然でしつこい英語と捉えられてしまいます。

何故ならば、英語は同じ表現を多用することを嫌うからです。

他の表現を使って自分の考えを述べる場合は、

In my opinion

From my perspectives

といった表現を使うことができます。

オンライン英会話で、より自然な英語表現ということを意識し、表現のバリエーションを増やすアドバイスができる講師に付くことができれば、効果的に英会話力を伸ばすことができます。

自分の考えを自分の言葉で話す教材を利用する

オンライン英会話には何百という教材が用意されています。

最近はカウンセリングサービスも充実しているので、自分の英語力や勉強目的に合った教材を選ぶことは容易になってきました。

しかし、ありがちなのが、表現のバリエーションを増やそうとロールプレイを繰り返すばかりで、自分の意見を英語で話すことに慣れることができないケースです。

英語を使って会話をする場面では、自分の意見を正確に相手に伝えられる英語力が必要です。

特に、英語中級〜上級者を目指したい方にとっては、自分の意見を英語で表現できないと、英語を使って友達を作ったり、踏み込んだ会話をして意思疎通を図ったりすることができません。

ある程度オンライン英会話に慣れてきたら、ニュースやトピックを通じて講師とディスカッションをし、自分の考えを英語で伝える訓練をすることをおすすめします。

毎日25分で無理なく続けられるオンライン英会話3社

毎日25分で無理なく続けられるオンライン英会話3社

最近の英会話サービスは、25分のレッスンを提供しているサービスか、45分のレッスンを提供しているサービスかのいずれかに分けられます。

毎日続けるというのであれば、25分のオンライン英会話がおすすめです。

何故ならば、仕事や学校の前後に忙しい時間を縫って英会話レッスンを受講することを考えると、30分に満たない25分という時間は確保しやすいからです。

ここでは、1コマ25分のレッスンを受講できるオンライン英会話3社を紹介しておきます。

レアジョブ

レアジョブ
© レアジョブ / 株式会社レアジョブ

レアジョブは、「いつでもどこでもリーズナブルに」をコンセプトにしたオンライン英会話サービスです。

レアジョブの大きな特徴は、講師はフィリピン人のみで、採用率は1%という難関を突破した厳選された講師のレッスンを受講することができる点です。

レッスン料金は、毎日25分受講で月額4,000円〜10,000円に設定されており、カリキュラムは毎日英会話レッスンを続けることを前提に作られています。

レアジョブの強み

レアジョブは、講師の質が高いことが評価されています。

英語表現に対するフィードバックや言い回しに関しては、その表現を使う背景も含めて丁寧に指導をしてくれる講師が多数在籍しています。

例えば、ビジネスの場面で同僚に予定を訊く場面があったとしましょう。

この時、

Do you have time on Tuesday?(火曜日は時間ありますか?)

と受講者が聞いた場合は、その表現は間違いではないけれども、ダイレクトに訊きすぎなので、

I was wondering if you have time on Tuesday?

と訊いた方が自然だとフィードバックをしてくれます。

このように、場面に合わせた適切な表現を細かくフィードバックしてくれる講師が多いため、25分間の中で多くのことが学べます。

レアジョブの弱み

一方、フィリピン人講師しかいないということがマイナス点にもなり得ます。

レアジョブでは、フィリピン人は日本人のコミュニケーションを理解しやすいという前提に基づき、フィリピン人講師だけを採用しています。

しかし、よりいろんな国籍の講師と英会話を練習したい、特定の地域に出張や赴任、留学が決まっているのでそこの英語を学びたい、というニーズには応えられません。

講師の国籍等を気にせず、まずはしっかり英語力を高めたいという方にはレアジョブはおすすめのサービスです。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ
© 2020 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.

ネイティブキャンプは、「いつでも、どこでも、何度でも、世界中の講師と英会話レッスンが受講できる」をコンセプトにしたオンライン英会話です。

大きな特徴は、月額6,480円というリーズナブルな価格で、回数無制限で受講をすることができ、100カ国を超える講師が英会話を教えてくれる点です。

ネイティブキャンプの強み

ネイティブキャンプの強みは、様々な国籍の講師から英語を学習できる点です。

講師は、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダといったネイティブスピーカーのほか、インド、セルビア、ナイジェリア、イランといった複数の非ネイティブスピーカーで構成されています。

一言に英語といっても、地域や国籍によって表現や発音には大きな違いがあります。

国際社会の今、様々な英語に慣れておくことは非常に大事なことなので、ネイティブキャンプを通じて様々な国籍の講師のレッスンを受けることは、今後の仕事や日常生活、実際に英語を使う場面でプラスに働くでしょう。

また、ネイティブキャンプは予約なしでも利用することができます。

時間ができた時にサインインして、対応可能な講師をピックアップし、その場でレッスンを受けることが可能です。

毎日続けるという点では、いつでも気軽に受講できるのが大きな強みと言えます。

ネイティブキャンプの弱み

講師の質という点では、ネイティブキャンプは評価されていません。

ネイティブキャンプの講師選定においては、特に厳しい審査基準が設けられておらず、ある程度の英語力を持っている人であれば誰でも講師になることができます。

そのため、レッスンできちんとしたフィードバックをしてくれない講師が多いのが実情です。

しかし、中にはきちんとフィードバックを心がけてくれて、英会話力改善に向けてこまめに指導してくれる講師もいます。

ネイティブキャンプ使用して学習するのであれば、できる限り良い講師を見つけて、その講師がいる時間帯にレッスンを受講することをおすすめします。

DMM英会話

DMM英会話
© since 1998 DMM All Rights Reserved.

DMM英会話は、「毎日、英語を話す」をコンセプトにオンライン英会話を提供しているサービスです。

講師の国籍は、ネイティブキャンプ同様100カ国を超えており、料金は、毎日1レッスン受講で6,500円〜15,000円のレンジで設定されています。

ネイティブの講師に限ったプランも用意されており、目的に合わせたレッスン受講をすることができます。

DMM英会話の強み

DMM英会話の強みは、多国籍の講師とレッスンをすることが可能な点と、豊富なサポートサービスです。

特に、iKNOWという、反復学習機能を無料で使うことができるのが大きな強みと言えるでしょう。

iKNOWでは、レッスンで学んだ英語表現や単語が毎日クイズ形式で出題されます。

オンライン英会話でありがちなのは、その場で学んだことを次の日にはすっかり忘れてしまい、結局自分が知っている英単語や英語表現を使って英会話をしてしまう点です。

しかしiKNOWを使用すれば、次の日のレッスン前に気軽に前日の復習をすることができ、新しい英単語や英語表現を自分の中に定着することができます。

DMM英会話の弱み

一方DMM英会話の弱みは、レッスンの予約の取りづらさと教材の質です。

DMM英会話では、講師の数が受講者数に対して十分でないと言われており、思い立った時に予約を取ろうとしても空いている講師がいないことがよくあります。

特に、学校や仕事が始まる朝の時間帯、または学校や仕事が終わった後の夜の時間帯は、ほとんどすべての講師が予約されています。

また、DMM英会話では、日常英会話からTOEFLやIELTS向けの試験対策の英会話まで複数の教材が用意されていますが、試験対策教材の質についてはあまり良い評判を聞きません。

テスト対策をしている受講者のコメントからは、教材の内容や講師の教え方が試験のスコアアップをするのに適していないというものが多く見られます。

試験対策のために受講をする場合は、適した講師を見つけるか、フリートークなどを利用して自分で講師にリクエストをすることをおすすめします。

ここでは、毎日25分で続けられる3つの英会話サービスを紹介してきましたが、どのサービスにも一長一短があります。

大切なのは、自分が無理なく毎日25分続けられるかどうかです。

自分の生活スタイルや性格などを考慮し、続けられそうな英会話サービスを選択してください。

オンライン英会話と一緒に取り組むべきこと

オンライン英会話と一緒に取り組むべきこと

オンライン英会話を毎日継続することは大事ですが、より効果的に英会話力を上げるためには、日頃から英単語や表現のインプットを増やすことが重要です。

英語力の向上には、インプットとアウトプットを効果的に行うことが不可欠です。

日頃から新しい英単語や英語表現を増やし、それらをオンライン英会話で使うようにすれば、新しい表現や単語を使いこなせるようになります。

インプットを増やすのにおすすめの方法は下記の2点です。

ドラマやポッドキャストなどを通じて英単語や英語の表現を増やす

自分が好き、もしくは興味のある海外ドラマやポッドキャストを使用して英単語や英語の表現を増やす方法です。

ドラマやポッドキャストを使った勉強には様々な方法がありますが、ここでは勉強をするというよりも、ドラマやポッドキャストの内容を楽しむことに重きを置いてください。

何故ならば、勉強に重きを置いてしまうと、一定の時間をかける必要があり、それが負担になって毎日続けられなくなってしまうからです。

視聴する際は、内容を楽しみつつ視聴をする中で、2、3個の新しい表現を拾い、それらをノートやメモに書き留めるようにしてください。

そして、それらの単語や表現をオンライン英会話で意識的に使ってみるか、もしくは講師に使い方を質問してみてください。

そうすることで、新しい単語や表現を効果的に自分の英会話に取り込むことができます。

英会話で講師に指摘された文法の勉強をする

オンライン英会話を受講する中でよく指摘される、もしくはなかなか使いこなすことができない文法の勉強をすることも、英会話力を高める上では大事です。

例えば、英語初心者から中級者の方は、現在完了形の文法などを勉強すると良いでしょう。

現在完了形は中学校の英語で勉強するので、なんとなく文法知識は持っているものの、いざ英会話で使おうとすると難しく感じる方が多いと思います。

オンライン英会話以外で、文法の使い方やどんな場面で使えるかを勉強し、実際にオンライン英会話で使ってみることで、知識として知っていた文法が自分の中に定着し、生きた英語として使うことができるようになるでしょう。

関連記事

  1. オンライン英会話サービスを選ぶポイントとおすすめサービス8社を徹底比較

  2. 子供向けオンライン英会話は選ぶコツが肝心!元キッズ講師がおすすめスクールも紹介

  3. 子ども・学生向け!スクール選びのポイントとおすすめオンライン英会話4選

  4. 英語を話せるようになるための効果的なオンライン英会話の使い方

  5. オンライン英会話の効果を実感するまでどれぐらいの期間が必要?初心者向けのオンライン英会話の使い方と英会話上達法を紹介

  6. ネイティブ講師とマンツーマンで話せる!おすすめのオンライン英会話スクール5選【子供向けスクールも比較】