子供向けオンライン英会話は選ぶコツが肝心!元キッズ講師がおすすめスクールも紹介

子供向けオンライン英会話は選ぶコツが肝心!元キッズ講師がおすすめスクールも紹介

「子供向けオンライン英会話スクールってどこが良いの?」
「おすすめのスクールはどこ?」

今、格安で子供に英語を触れさせられるオンライン英会話スクールがたくさんできています。

あまりにもたくさんあり過ぎて、料金、講師の質、レッスンなど、どうやって選べばいいか悩みますよね。

今回は、元キッズ講師の筆者が、子供向けオンライン英会話スクールを選ぶコツと、おすすめスクールを紹介します。

〇本記事執筆者の経歴

  • 米英語学士号保持(語学専門大卒業)
  • キッズ英会話スクール講師
  • 中学英語教諭免許1種保持。公立中学に教育実習

目次

子供向けオンライン英会話は選び方で90%明暗が決まる

子供向けオンライン英会話は選び方で90%明暗が決まる

「幼少期から子供に英語を話せるようにさせたい!」

これはグローバル化が叫ばれる昨今、我が子の将来を案じる全ての親に共通する願いです。

筆者には、累計500名以上のお子さんに英会話指導した経験があります。

その経験上、子供向けオンライン英会話は、「選び方」次第で90%明暗が決まると考えています。

ただ、残念ながら、ほとんどの親御さんが子供向け英会話には特有の選び方があることを理解しないまま、お子さんに英語を習わせようとしています。

まず、「大人向け英会話と子供向け英会話の特性の違い」を知っておく必要があります。

大人向け絵英会話スクール選びにはない、子供向けスクール独自の重視すべきポイントは、以下2点です。

  • 子供の年齢・習う目的にフィットしたレッスンを検討
  • 小学生以下のお子さんは子供が関心を持つことをゴールにすべし

年齢・目的に合ったレッスンを検討

子供向けオンライン英会話スクール選びで最も外せないのは、お子さんの年齢・目的に合ったレッスンを行うスクールを選ぶことです。

子供向け英会話スクールと一言に言っても、3歳か、小学生かではレッスン方法が異なります。

近頃では、「1~2歳ぐらいから英会話を習わせてネイティブ並みの英語力に!」と気合いを入れる新米ママが増加中です。

結論を言いますと、1~2歳からオンライン英会話を習わせた=ネイティブ並みの英語力になるとは限りません。

1~2歳

1~2歳ぐらいのお子さんは、環境によって言語を理解します。

つまり、日常生活を日本語環境下で育てている以上限界があります。

早い子は1歳半ぐらいから言葉を覚えるようになりますが、まず日本語をきちんと覚えさせることの方が先決です。

あまり早期に英語を覚えさせたからといって、後の英語力習得に優位に働く訳ではありません。

3~7歳

言語学の理論では、子供が英会話をスイスイ覚えるのに適している年齢は3~7歳までです。

なぜなら、このぐらいの時期からお子さんの耳には日本語基礎が出来上がっており、英語を「別の言葉」として聞き分けられるようになっているからです。

多言語に自然と慣れ親しみやすくなるため、3~7歳が語学学習に最適な年齢です。

小学生以上

一方、小学生以上のお子さんは、大人向けのスクール選びの目線と大差がありません。

また、小学生は受験、資格取得など、英語学習に具体的な目的を持たせる親御さんも多く見受けられます。

しかし、英会話を習わせることと、資格取得対策は全く別です。

具体的な目標がある場合は、資格対策に長けているレッスン、スクールを選ぶようにしましょう。

小学生以下は関心を持つことをゴールにするべし

「もう3ヵ月もお宅で英会話を習わせているのに、うちの子の英語力は全く伸びてない!」

筆者がアルバイトしていたスクールでは、保護者からのこのようなクレームを出されるのが日常茶飯事でした。

この点について明確な回答をしますと、実は3~7歳までのお子さんが目指すべきゴールは「英語力」ではありません。

「え?親は必死で月謝を払っているのに、英語力じゃないってどういうこと?」

正確には、お子さんが英語に関心を持つ・その後の成長段階においても英語学習に対する興味・意欲を失わないことの方が重要なのです。

性格の違いによって、英語を覚えるスピードも異なる

言語はあくまで人間同士のコミュニケーションツールであることを忘れてはなりません。

3~7歳のお子さんと言えど、一人一人性格は異なります。

当然ですが、人見知りの激しい子、話すのが苦手な子は、英語力の伸びが遅くなります。

活発な子、外国人が英語で話しかけても物怖じしない子は、驚異的なスピードで伸びます。

しかし、英語を覚えるスピードが他の子より遅くても、その子の能力が人より劣っている訳ではありません。

「英語は楽しい」という関心を持たせることが大事

3~7歳までは英語が好きだったにもかかわらず、小学生になって英語学習を止めてしまう子が大勢います。

幼少期に「英語を覚えるってこんなに楽しい!」と関心を持たせることこそ親御さんの重要なミッションなのです。

幼少期には英語がうまくならなくてもいいのです。

「もっと英語を話せるようになりたい」と、お子さんの学習意欲を失わせないことが、結果として将来の英語力アップにつながるのです。

その方がお子さんにとっても何倍も価値があります。

スクールに丸投げNG!挫折させないために押さえておくべきポイント

スクールに丸投げNG!挫折させないために押さえておくべきポイント

お子さんの英会話学習を検討する上で、親御さんが必ず理解しておかなければならないポイントは以下4点です。

●英会話学習を検討する上で理解しておくべきポイント

  • オンライン英会話=話せるようになる思い込みを捨てる
  • スクールに全て丸投げはNG
  • ママ友、ご近所付き合いなど親の都合でなく本人の意志を尊重
  • 親子で在住外国人と交流してみる

オンライン英会話=話せるようになるとの思い込みは捨てる

「子供は耳が柔軟だからオンライン英会話を受けさせれば、すぐ話せるようになるはず!」

子供向け英会話を検討している親御さんに、これはものすごく多い思い込みです。

オンライン英会話は、あくまで1日に25分~40分のレッスンにすぎません。

それ以外の時間に日本語でずっと話していれば、思考が柔軟な子供でもすぐに忘れてしまいます。

日常生活の中でなるべく英語で話しかけるなど、英語に慣れ親しませる環境作りが必要です。

スクールに全て丸投げはNG

安価なオンライン英会話スクールで習得できる英語力は親のサポートが必須です。

肝心なのは、大人がやみくもに英語を詰めこむのではなく、お子さん自身が「どれだけアウトプットするか」です。

初期段階では先生もなるべく工夫してくれますが、最終的にはお子さんが自ら先生とコミュニケーションを取ろうとしなければ英語力は伸びません。

スクールに丸投げするだけなく、親子2人3脚で取り組む姿勢で臨みましょう。

ママ友、ご近所付き合いなど親の都合でなく本人の意志を尊重

ママ友、ご近所の〇〇さんの子供さんも始めたからなど、よそのお家に影響されて英語学習を検討されるお母さんは少なくありません。

このパターンは、お子さん本人が、そのお家のお子さんと仲が良く、モチベーションになるならありです。

しかし、本人が大して希望していないのに親が押し付ける形で始めさせても、せっかくのお月謝に見合う対価は得られません。

小さくてもお子さん一人一人はきちんと意志を持っていますから、あくまで本人の意志を尊重してあげてください。

モチベアップにおすすめ!外国人の交流に参加

お子さんの英語学習モチベアップおすすめ法は、日本に在住している外国人の子供たちと普段から交流することです。

子供に限らず、日本人にとっての英語学習は、「勉強」というカテゴリーに囚われている方が多いように見受けられます。

繰り返しになりますが、英語は勉強でなく地球の3分の1に相当する人が話すコミュニケーションツールです。

ただ単語や言い回しばかりを詰め込むよりも、「その人と交流したい」と欲することが一番のモチベアップになるのは間違いありません。

外国人と交流する手段と言えば、留学やホームステイを思い浮かべますが、日本にも外国人のお子さんは数多く住んでいます。

「日本在住の外国人は、日本語が話せるから英語の勉強にならないのでは?」

このような先入観があるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

筆者の知人にも、親の都合で海外から日本の小学校に転校になり、日本語が全く話せなくて困っているイギリス×日本人ハーフのお子さんがいました。

彼も転校当初は全く日本語が話せず、お友達ができずに悩んでいました。

このように、言葉の壁があるため日本社会でお友達ができずに悩んでいる子供もたくさんいます。

子供同士は言葉が通じなくても意外にすぐ仲良くなり、彼らとスムーズに話したいと欲します。

そのことが英語学習の強力なモチベアップになります。

この方法は筆者が多くの子供に実践して非常に効果的でしたので、ぜひお試しください。

スイスイ話せるようになる!年齢別子供向けスクールの選び方

スイスイ話せるようになる!年齢別子供向けスクールの選び方

絶対失敗しない子供向けオンライン英会話スクール選びのポイントは次の4点です。

●子供向けオンラインスクール選びのポイント

  • 3~7歳までは「楽しく英語を学ぶ」レッスン内容を選ぶ
  • メソッド3:講師の質7の割合で、子供慣れしている女性講師
  • 初心者は日本人バイリンガル、または日本語が堪能な外国人がベスト
  • 毎日・2日に1回など間隔を開けないで通えるレッスンを選ぶ

3~7歳までは「楽しく英語を学ぶ」レッスン内容を選ぶ

3~7歳までのお子さんは、「楽しく英語が学べる」レッスン内容を選ぶことです。

「英会話学習って大人でも大変なのに、子供がおとなしく勉強に取り組めるの?」

筆者のキッズ講師時代、初回カウンセリングで保護者の方から度々このような質問を受けることがありました。

保護者の方がこの質問をされる心理には、「英会話=勉強」というイメージに固執しておられるからです。

これはメソッドを中心に学習過程をイメージしているからです。

日本語環境のみで育ってきた3~7歳までの子供の英会話学習効率を上げるには、本人が「英語って楽しい」と関心を持つことが重要です。

歌、ゲーム、人形を使ったレッスンなど、「遊び心の中から英語に関心を持たせる=子供を退屈させない」ことこそが重要です。

メソッドのチェックと共に、「どうやって子供を楽しませるのか?」という観点からレッスン内容をよく吟味しましょう。

初期段階から一挙に本格的な英語を覚えさせようとせず、子供に「楽しい」と思わせるよう心がけましょう。

メソッド3:講師の質7の割合で、子供慣れしている女性講師

良質なスクールを選ぶ目安は、メソッド3:講師の質7と頭に入れておいてください。

逆に高校生以上、社会人向けのオンライン英会話スクールの選び方は、メソッド7: 講師の質3です。

日本語環境で育った日本人が大人になってから英語を覚えるのは、一定のシステムに乗っ取った学習が効率的だからです。

しかし、子供向けの場合は全くこの逆で、講師の質のウエイトを高くするべきです。

メソッドも重要ですが、有名どころのスクールなら、結果を左右するほどではありません。

子供は人の好き嫌いが激しいため、先生が苦手・嫌=英会話の勉強も嫌という意識になりやすいからです。

子供好きで、子供の扱いに慣れていて、笑顔の多い女性の先生が、ニガテ意識を持たれにくいでしょう。

初心者は日本人バイリンガル、日本語に理解のある外国人がベスト

英会話初心者のお子さんは、日本人バイリンガル、日本語が堪能な外国人を選ぶのがベストです。

子供向けオンライン英会話はネイティブ講師に習わせないと意味がないと思い込むお母さんは少なくありません。

お子さんの性格にもよりますが、外国人と交流経験のないお子さんにいきなりネイティブ講師が対応するのは必ずしも得策とは言えません。

純粋日本人家庭・日本語環境で育ったお子さんは、「いかにも外国人」という見た目、話し方、発音に抵抗を感じる場合が少なくありません。

子供が本能的に抵抗感がある、ニガテと感じると、再びその気持ちを元に戻すのは非常に難しくなります。

そういった意味で、日本人講師は「身近なお兄さん、お姉さん的存在」として捉えるので、お子さんの学習意欲を失わせるリスクが低いのです。

フィリピン人講師でも大丈夫?

「日本人にしたいのはやまやまだけど、料金の安いスクールはほとんどフィリピン人では?」

毎月の月謝は、ご両親にとって重要な問題ですから、なるべく質をおとさず予算が安いに越したことはありませんよね。

結論から言いますと、筆者はフィリピン人講師でも全く問題ないと判断します。

「フィリピン人講師は訛りがあるから良くない」ということを言う方がありますが、フィリピン人講師の英語は日本人に英語を教える上で全く問題ありません。

また、日本人のお子さんにはフィリピン人が非常に適しています。

それは、フィリピン人特有のホスピタリティと肌の色です。

フィリピンの方は親日家が多く、日本人に対して敬意をもって接するため、陽気で優しい対応が期待できます。

肌の色も日本人と近いため、お子さんが抵抗を感じる可能性も高くありません。

フィリピンの経済成長は著しく、お子さんの将来のためにもフィリピン人の英語に慣れさせることは全くマイナスとなりません。

できれば、日本語が堪能な先生を選択される方が望ましいので、出身国ではなく上記を基準にして講師を選択してください。

毎日・2日に1回などで行えるレッスンを選ぶ

「週に1~2回スクールに通わせるのと、毎日のオンライン英会話ってどっちが良いの?」

この手のギモンも非常に多いですが、断トツで毎日のオンライン英会話の方です。

語学学習に最も重要なのは、その言語に慣れ親しみ、インプット+アウトプットの反復を毎日欠かさず行うことです。

この点を徹底的に鍛えるには、毎日・2日に1回など受講頻度を詰めてレッスンを受け、英語を習慣化することです。

通学制のスクールは他の子供達と会話練習できるメリットはありますが、通学頻度が高いと送り迎えなどご両親の負担も増えます。

一方、オンラインなら送り迎えの必要がなく、毎日25分など日常生活に英語を自然と習慣化させることが可能です。

また、マンツーマンレッスンが基本のため、反復学習の効率も自然と上がるでしょう。

元キッズ講師おすすめのオンライン英会話スクール3選

リップルキッズパーク

リップル・キッズパーク
© リップルキッズパーク / 株式会社エンビジョン

日本初・子供向け専門オンライン英会話スクールを開始したリップルキッズパーク。

リップルキッズパークのレッスンの特徴は、とにかく「楽しい!」ことです。

講師は「子供好き」・「基礎的な日本語が使えて、日本文化に理解のあるフィリピン人」の両方の要素をクリアした質の高さがウリです。

保護者のお客様満足度も、全ての項目で90%以上と高評価を獲得しています。

おすすめの理由

おすすめの理由は、子供専門スクールならではの指導ノウハウです。

カリキュラムは、子供が飽きてくるタイミングで歌に切り替えたり、パペットを使って興味を引きつけたりと様々な趣向が凝らされています。

子供達も講師を「一緒に遊んでくれるお姉さん」という感覚で捉え、自然と英語環境に溶け込んでいきます。

ABCもわからない英会話初心者の子供さんでも、簡単な日本語を混ぜて対応してくれるので安心ですよ。

GLOBAL CROWN

GLOBAL CROWN
© HugCome,Inc. All Rights Reserved.

可愛い我が子のために、ちょっと奮発して質の高い英会話を自宅で学ばせたい!

GLOBAL CROWNは、そんな「こだわり派ママ」でも納得できる、高品質子供向け英会話スクールです。

その質の高さは、セレブが集う東京・港区界隈のママもイチオシするほどです。

「英語の話せない子供にいきなり外国人講師は不安だし、自分がサポートに入るのは面倒」

GLOBAL CROWNは、そんな日本人ママのお悩みを全て解決してくれるスクールなんです。
講師は海外在住経験の長い日本語・英語のバイリンガルのみで、ほとんどが日本人ばかりです。

英語が全く話せない、外国人講師のみのスクールで挫折経験のあるお子さんにもぴったりです。

お母さんがサポートに入る必要がなく、スムーズにレッスンがすすみます。

おすすめの理由

おすすめの理由は、筆者自身が日本人講師肯定派のためです。

筆者自身、小・中学生時代には日本人の先生に習いましたし、お子さんに英語を教えてきました。

そもそもネイティブの外国人講師によるレッスンは、常に外国人と接する環境にいるお子さん向きです。

ジャパニーズキッズ英会話教育は、日本語から英語を身に着けた日本人講師にお任せするの方式を採っています。

DMMこどもオンライン英会話

DMMこどもオンライン英会話
© since 1998 DMM All Rights Reserved.

オンライン英会話サービス評価NO.1のDMMオンライン英会話。

英語は米国、英国など、ネイティブの国の人と話せればOKの時代は終焉をむかえました。

少子高齢化の日本の将来を担う令和時代キッズには、なるべく多くの国の人々と話す機会を作ることもグローバル教育の一環です。

こどもDMMの特徴は何といっても、世界128ヵ国の講師陣です。

こども向けは「毎日25分ずつレッスン」が一番人気で、リーズナブルな価格で子供に英語の習慣を自然に身に着けさせることができます。

おすすめの理由

「DMMは外国人講師ばかりで、親がサポートにつかないと無理ってきいたけど?」

お子さんの英語レベルをあらかじめチェックしてもらうことで、日本語サポートも可能です。

DMMは他校と比べることなく、DMMならではの特性があります。

「世界128ヵ国の講師陣」と言う特徴から、東欧、アフリカ、セルビアなど様々な国籍の人と話ができます。

「セルビア・アフリカ人講師の英語なんて大丈夫なの?」

筆者にはセルビア人の友人がいます。

彼が話す英語は発音も文法も凄くきれいで、日本人に非常に理解しやすい話し方をします。

また、南アフリカは英国領だったため、英語が公用語の1つになっています。

英国由来のイングリッシュのため、将来的にロンドン、オーストラリアへ留学を検討されているお子さん向きです。

近い将来、日本とアフリカの交流が増えますので、幼少期からアフリカ人の英語に耳慣れさせておくことは貴重な体験となるでしょう。

子供向けオンライン英会話スクール選びは選び方のコツを知ること

子供向けオンライン英会話スクール選びは選び方のコツを知ること

今回は、子供向けオンライン英会話スクール選びのコツと、おすすめスクールを紹介しました。

まとめますと、子供向けオンライン英会話は、「選び方」で90%明暗が決まります。

子供向け英会話スクール選びで重視すべきポイントは以下2点です。

  • 子供の年齢・習う目的に合ったレッスンかごうか
  • 小学生以下は子供が関心を持つことをゴールにするべし

子供を英会話学習で挫折させないために抑えるポイントは次の4点です。

  • オンライン英会話を受けさせる=話せるようになるとの思い込みは捨てる
  • 親がサポートせず、スクールに全て丸投げはNG
  • ママ友、ご近所付き合いなど親の都合ではなく子供本人の意志を尊重
  • お子さんと一緒に日本在住の外国人とも交流してみる

絶対失敗しない子供向けオンライン英会話スクール選びのポイントは次の4点です。

  • 3~7歳までは「楽しく英語を学ぶ」ことを重視したレッスン内容を選ぶ
  • メソッド3:講師の質7の割合で、子供慣れしている女性講師
  • 初心者は日本人バイリンガル、または日本語が堪能な外国人講師がベスト
  • 毎日・2日に1回など間隔を開けずに通えるレッスンを選ぶ

上記を踏まえ、筆者おすすめの子供向けオンライン英会話スクールは以下3校です。

  • リップルキッズパーク
  • グローバルクラウン
  • DMMこどもオンライン英会話

これらオンラインスクールの無料体験レッスンは、お子さんお1人2回まで可能です。

まずは、どのスクールがお子さんに合うか、ぜひ体験レッスンでお試しください。

関連記事

  1. 英語を話せるようになるための効果的なオンライン英会話の使い方

  2. オンライン英会話は初心者には難しい?失敗しないコツ・おすすめスクールも紹介

  3. ビジネス英会話力を高めるにはどちらがおすすめ?レアジョブ、ビズメイツを徹底比較

  4. 毎日25分のオンライン英会話受講で効果的に英会話力を上げる方法

  5. オンライン英会話ならどれ?ネイティブキャンプ、レアジョブ、DMM英会話を5項目で比較!

  6. オンライン英会話サービスを選ぶポイントとおすすめサービス8社を徹底比較