初心者でも独学で英語の勉強ができるおすすめの英会話教材

初心者でも独学で学べるおすすめの英会話教材
この記事のタイトルを「初心者でも独学で学べるおすすめの英会話教材」としましたが、そもそも初心者は独学で英会話を習得できるのか?

語学というと、学校や塾などで学ぶものだと考えている人が多いでしょう。

特に英会話教室は、日本全国至るところで見かけるため、馴染み深く、独学で学ぶよりも英会話教室に通った方が良いのではないかと考える人は多いと思います。

もちろん、英会話教室は、教師と生徒が相互にやりとりができ、常に自分の英語力に対する反応や細やかなアドバイスをしてくれるという点では、一方方向でしか学べない英語教材と比較すると優位かもしれません。

しかしながら、コストという点や、気軽に始められるという意味では英会話教材、具体的には本という媒体には、初心者にとってはむしろ嬉しい要素がたっぷりあります。

英会話教材のほとんどは書店で手に入るため、少しなら立ち読みして自分に合いそうな本を選ぶことができますから、英会話教室に加入するよりも気楽に始められます。

しかも、仮に気に入った教材を定期購読したとしても、その価格は英会話教室と比較にならない程安いでしょう。

さらに、英会話教材の中には、本だけではなく、ラジオやCD、さらにオンライン教室など、本という媒体を飛び出した形で学習を提供しているものもあり、コストを抑えつつも非常に厚みのある学習を一人ですることができます。

このように、英会話教材は本気で学ぶ気持ちがあれば初心者にとって最適な方法なのです。
そこで問題となるのが、果たして本から学ぶだけで本当に身につくのかということです。

当然ながら、努力次第というのが現実ですが、コツコツと続けていけるのであれば、英会話教室を途中で断念してしまうよりもよっぽど身につきますし、コスト的にも有利です。

また、英会話教室に通っていればかかっていたはずの費用で、外国に行って本場の英語を学ぶことができるのですから、もはや本を使って独学をした方がいいという気さえしてきませんか?

さて、独学をする上で初心者が困るのは、一体どの教材を利用すれば一番効率的に、分かりやすく学べるかということでしょう。
教材選択はないがしろにされがちですが、実は非常に重要です。

実際、ここで教本選びを間違えてしまうと、習得が遅れるだけでなく、間違った英語を学習してしまうので、慎重に選ばなければなりません。

まだ英語が正しく理解できていない初心者が、間違った英語を教えている教材で学んだら、その間違いに気づくことができず、間違ったまま覚えてしまうということはよくあることです。

また、自分に合った教材を選ばなければ、途中で挫折してしまったり、学習のペースが落ちてしまったりしてしまいます。
特に自分一人で学ばなければならない独学となるとなおさらです。

そこで今回は、おすすめの英会話教材を4冊、それぞれの特徴を説明しますので、ぜひ自分に合った教材を見つけて英会話の習得に役立ててください。

NHKラジオ英会話

メリット:

  • 手に入りやすく、品質も高い
  • 本とラジオが連動しており、学習しやすい
  • リーディングとヒアリングのバランス

デメリット:

  • 最低でも中学校レベルの英語力が欲しい

本とラジオで学べる英会話教材の定番

英会話の定番中の定番といえばこれでしょう。
昔からあるこの教材は、とにかく品質が高く、一番英会話教室に近い環境で学べるのでおすすめです。

なんといっても本とラジオが連動していますから、学習進度が適度に管理されており、三日坊主になりがちな方でも挑戦しやすいでしょう。

土日を除く毎日数十分ラジオを聴きながら勉強しますので、習慣化することができますし、記憶に定着しやすい頻度で学ぶことができます。

また、教材をもとに英語を読み書きするだけでなく、ラジオを通して生きた英語を聞くことができるので、バランスよく英語力を身につけることができます。

さらに、教材がどこでも手に入るという点でもメリットがあります。
手に入りにくい教材で勉強してしまうと、手に入らないことを言い訳に挫折してしまうことがあるかもしれません。
しかし、この教材であればそんなことはありません。

中学校レベルの英語力があればOK

残念ながら内容がやや難しいですが、逆に考えれば、この内容を習得できればある程度の英語力が担保されているということになります。
したがって、初心者でも挑戦する価値は大いにあります。

ただし、初心者といっても最低でも中学校レベルの英語力を持ち合わせている人でないと、理解できないかもしれません。

また、ラジオがなくても今はスマートフォンなどでも聴けますし、逆にスマートフォンがなくてもラジオがあれば聞くことができるので、老若男女から愛されている定番の英語教材です。

ENGLISH JOURNAL

メリット:

  • 生の英語にこだわった内容
  • 著名人のインタビューが聞ける
  • 世界情勢などのニュースも豊富

デメリット:

  • リスニング重視のため、読み書き重視の人にはやや不向き

著名人のインタビューが楽しい! 生の英語にこだわった教材

学習意欲が湧きにくい人におすすめなのがENGLISH JOURNALです。
毎月発刊されている定番の英語雑誌で、世界のニュースやネイティブの会話など、生の英語にこだわって編集されているのが特徴です。

そして、この雑誌の目玉ともいえるのが著名人のインタビュー記事です。

映画「イミテーションゲーム」やドラマ「シャーロック」などでもお馴染みのベネディクト・カンバーバッチや、ハリーポッターで一躍有名となったエマ・ワトソン、さらには映画「ジョーカー」の主演俳優ホアキン・フェニックスなど、海外ドラマファンにはたまらないインタビューが収録されています。

彼らのインタビューを楽しみながら、そこから英語を学べるという、一石二鳥な教材はこれしかありません。

このように、雑誌という媒体で、楽しみつつ英語を学び、それを継続したいと思う初心者には非常におすすめです。

世界のニュース・エッセイ・物語など盛りだくさん

また、インタビュー記事には興味がなくても、世界のニュースを知ることができるため、世界情勢に興味がある方でも勉強がはかどる内容となっています。

さらに、付属のCDやアプリを利用して耳から英語を学べるというメリットもあります。

インタビュー記事やニュースの他にもエッセイや物語も楽しめる盛り沢山な内容です。

内容がやや難しく、またリスニング重視の教材となっているので、読み書きを重点的に学びたいという方にはおすすめできませんが、一方で英語圏に行って英語を聞き取り会話できる程度の英語力を独学で身につけたい、と思っている方にはおすすめできる本です。

楽天マガジンでも読むことができるので、とりあえず読んでから継続するかどうか決めたい方が手に取りやすい教材です。

NHK英会話タイムトライアル

メリット:

  • 本とラジオが連動しており学習しやすい
  • NHKラジオ英会話よりさらに初心者向け
  • スピーキングに重点が置かれている

デメリット:

  • 読み書きを鍛えたい場合は別の教材で補完する必要がある

NHK英会話より初心者向けの本+ラジオ教材

ここまで紹介した二つの教材を少し難しいと感じた方や、「英会話」に重点を絞った内容の教材を探している方に特におすすめなのがこちらです。

英語を話すことに重点を置いているこの教材は、初心者でも簡単に始められる内容になっています。

また、NHKラジオ英会話と同様にラジオとの連動により学習進度が管理されている点でも安心です。

平日の10分間ラジオを聴きながら勉強するだけでも十分英会話を習得できますし、さらに努力をすればより習熟度を増すこともできます。

NHKラジオ英会話よりも優しく、初心者向けの内容となっているので、中学英語さえ習得しきれていないと思う方はこちらから始めた方がいいかもしれません。

話す力を鍛えることに重点を置いている

さらに、今までの英会話教材ですと書く力、読む力、聞く力に偏りがちでしたが、この教材は話す力を鍛えることに重点を置いているので、実際に英語圏を訪れた際におどおどすることなく会話ができるようになります。

一方で、この教材では書く力と読む力をつけることができないので、それらの能力を上げたいと考えている初心者は、別の教材で補完する必要があるので少し面倒に感じられるかもしれません。

しかしながら、初心者に優しく、話すことに重点を置いた教材はなかなか存在しないので、独学で一から学びたいと考えている初心者にはとてもおすすめです。

産経日常英会話

メリット:

  • 無料とは思えない内容の充実度
  • 自分の好きなタイミングで学習できる
  • 月額プランに加入すれば講師と一対一のオンラインレッスンも受講可能

デメリット:

  • 無料プランだと物足りなさを感じる
  • 自分の意欲次第なので、続かない可能性がある

無料とは思えない幅広い分野と充実度を持った英会話教材

まずは無料でできるところまでやりたい、と思う初心者におすすめの教材がこちらです。

日常英会話や、ビジネス英会話といった、英会話の分野を細分化している上、初級から中上級まで、幅広く様々な教材を無料で取得できます。

また、各教材の内容がとても無料とは思えないほど充実しています。

追加のサポートが必要な場合は月額プランに加入することによって、講師との一対一のオンラインレッスンを受けられるようになりますし、発音の音声ファイルをダウンロードすることもできるので、実際に話をしてアドバイスを貰い、能動的に学習したいと考えている初心者におすすめです。

もちろん、月額プランに加入しなくとも教材へのアクセスは無制限なので、十分な内容を学ぶことができます。

全国紙の産経新聞が提供している英会話教材なだけあって、正しい英語をきちんと基礎から学べるという点では評価できます。

好きなタイミングで学習を進められる

さらに、ここまで紹介した三つの教材と違い、全ての教材に好きなタイミングでアクセスできるため、忙しくて毎日ラジオを聴けない方や、毎月雑誌を買いに行けない方、またはそういった教材で勉強を始めてみたもののどんどん置いていかれてしまった方、そんな方たちにおすすめできる教材です。

NHKラジオ英会話やENGLISH JOURNALでは内容が難しいと感じた方や、むしろ簡単すぎると思った方には特におすすめです。

残念ながらNHKラジオ英会話やENGLISH JOURNAL、NHK英会話タイムトライアルと比較して、月額プラン未加入だと物足りなさを感じたり、三日坊主になってしまう可能性が高かったりしますが、信念を持って英会話を習得したいという強い意志さえあれば問題はないはずです。

忙しくて毎日勉強に時間を費やすことができない初心者の皆さんはぜひ一度、無料で試してその内容を確かめてみてください。

まとめ

まとめ
以上の四つが、今回紹介する初心者でも独学で学べるおすすめの英会話教材です。

人間は十人十色で、学び方や、習熟度も人それぞれです。ですから、自分にとって最適な英会話教本も人によって違います。

そのような条件を加味した上で、それぞれの学習方法や進捗度に対応した教本を今回は四つ紹介しました。

それぞれに強みと弱みがあり、また学習に対するアプローチも違います。
本来であれば全て試して自分に合ったものを選ぶのが良いのでしょうが、なかなかそんな時間を確保することはできないでしょう。

そこで、本を選んいでる時間なんてないという忙しい方は、ぜひこの記事を参考にして選んでみてください。

間違った英語を間違ったまま学ばないためにも、ちゃんとした英会話教材を選び、コツコツと勉強することが習得への近道です。

ぜひ、この中から自分に合った英語教材を選択して学習してください。

英会話教室などと違い、独学は孤独で大変かもしれませんが、強い意志を持って努力を積み重ねていけば、必ず習得することができます。

そして、英会話教室に通わなことで浮いたお金で海外に渡航して、独学で学んだ英語を実際に使ってみることをおすすめします。

関連記事

  1. 【独学で学ぶ】純ジャパでも英会話が上達する勉強法

  2. 英会話の例文暗記の効果とは?正しいやり方やおすすめの教材などを紹介

  3. 英会話のスピーキングテストの種類と選び方

  4. 海外で映画を見てみよう!映画館で使える英会話フレーズと例文

  5. 英語で注文してみよう!レストラン・カフェで使える英会話フレーズと例文

  6. 英会話のリスニング能力を鍛えるなら、「聞き流し」がおすすめ!