TOEICを初めて受けるならコレ!おすすめ参考書7選!

TOEICを初めて受けるならコレ!おすすめ参考書7選!

英語資格を何か持っていますか?

英検は中学、高校時代に勉強の一環として受験した経験がある人は多いと思います。
しかし、就職や転職に向けて資格取得をしたい人にとっては、「TOEIC Listening & Reading Test(※以下TOEIC)」が一番必要な資格になります。

近年は履歴書やエントリーシートの資格欄に、TOEICの点数を記入させる企業が非常に増えています。
なぜなら、現代はグローバル化が進み、海外と提携を結ぶ企業が増加するのに伴い、英語力が求められるようになってきたからです。

多くの大企業は海外で活躍できる人材を求めており、その能力を示すひとつの指標としてTOEICのスコアが重要になります。

就職・転職活動を始める前に慌てて勉強を始める人が多く、何も対策しないで受験すると必ず失敗するのがTOIEC。
今回は初めて受ける人に向けた対策と、おすすめの参考書を紹介します。

【TOEIC高得点が必須の企業もあります】

人気の就職先である楽天の社内公用語が英語というのは有名な話です。

入社までに800点を取るように指示され、もし取得ができなかったら減給の対象になり昇格ができないという事例もあります。

海外進出が成功しているユニクロも、部署によりますが最低700点のラインが転職の際に必要になります。

このようにグローバル企業や人気企業に就職しようとしている人にとって、TOEICの高得点取得は避けては通れないハードルです。

TOEICの概要と心構え

TOEICは、年に10回実施される選択形式の試験です。

リスニング100問、リーディング100問の合計200問の設問があり、990点満点で採点されます。

試験時間は約2時間あるので、たっぷりあるように思えますが時間との闘いになります。

どんなに英語が得意な人でも、何も対策しないで臨むと絶望的なスコアが返ってくるのがTOEICの怖いところです。
合計200問という、学校の定期テストや大学受験では経験したことのない量をこなさなければなりません。

非ネイティブでTOEIC初心者である人が全てを読み解くのは、正直不可能に近いことです。
だから初めて受験する人は、専門の参考書を用いてパートごとに対策する必要があります。

TOEICは全ての英文を丁寧に読む必要はないので、設問をテクニックで読み解く方法を教えてくれる参考書を選びましょう。

参考書の選び方、勉強方法

参考書の選び方、勉強方法

1.ネットの口コミをしっかり見てアタリをつける

参考書を購入しようと本屋に行くと、あまりにも量が多いのでどれを購入しようか迷ってしまう人と思います。

始める前から途方に暮れてしまうので、事前にインターネットで口コミを調べることが大切です。
Amazonや楽天は口コミ投稿数が多いので、特に参考になります。

あるいは短期間で高得点を取得した人の体験談を探したり、実際に自分の周りで高得点を取得した人にオススメを聞いたりするのが良いでしょう。

2.書店に行き、取り組めそうな参考書を見つける

参考書のアタリがついたらすぐに購入するのは間違いです。
なぜなら初心者が取り組めそうなボリュームなのか、実際に確かめる必要があるからです。

オススメの参考書はいくつかありますが、人によってはボリュームや文字数の多さを重荷に感じることがあります。
参考書は、TOEICに対するやる気を左右するものになるので、面倒くさがらず是非書店で手にとって決めることをオススメします。

3.自分のレベルに合わせたものを選ぶ

TOEICの参考書はレベル別に分かれています。

初心者の方が張り切って、「これさえすれば900点獲得!」等のキャッチコピーがついた本を選んではいけません。

初めてTOEICを受ける人は、試験の全体像がわかるものや答えの導き方、テクニックが紹介されているものを選ぶべきで、TOEICのスコアが伸びてきてからハイレベルな人向けの参考書にシフトチェンジしていくのがベストです。

まずはコレ!初心者のための総合参考書3選

TOEIC初心者には、まずTOEICの全体像がわかる総合参考書をおすすめします。

パートごとの説明と読解のためのテクニックが明確で、模擬試験がついている入門書的な役割のものが人気です。

①新TOEICテスト 直前の技術

新TOEICテスト 直前の技術
© 新TOEICテスト 直前の技術 ロバート・ヒルキ(著) 相澤俊幸(著) ヒロ前田(著) / 出版社:アルク

TOEICの参考書を多数手がけている、ロバート・ヒルキ氏の一番人気の著書です。
正解が導き出せる定番技術と、最新の傾向対応が紹介されています。

タイトルに「直前の技術」とありますが、むしろ一番初めに読むべき参考書です。

なぜなら、この本はパートごとに問題内容を記した総合対策本であると共に、TOEICで一番大切な「時間内に全て解き終える」テクニックが紹介されているからです。

膨大な問題量であるTOEICを、いかに時間内で正解を導くかというコツが、パートごとに記されています。

例えば、「この問題は何分で回答しなければならないか」とか、「時間節約のコツ」が具体的に説明されています。

本書の特徴は、問題を「森タイプ」「木タイプ」という2つのカテゴリーに分け、全文を読むべきか一部分だけ読むべきかという設問のタイプの見分け方を教えてくれることです。

この考え方でTOEICの時間との闘いは軽減され、本書を読んだ多くの人が短期間でのスコアアップを実現しています。

著者であるロバート・ヒルキ氏は、「20年以上にわたってTOEICを教えてきた、おそらく日本で唯一の人間」と自称されていますが、それも納得のいく目からウロコな一冊です。

②はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略

はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略
© はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略 小石裕子(著) / 出版社:アルク

こちらもTOEICの基礎知識とパートごとの攻略方法、模擬試験対策が全て一冊にまとまっている優れものです。

付属しているCDには頻出単語がまとまっているうえ、音声データをネットでダウンロードできます。
通勤通学などの空き時間学習に大変便利です。

他の参考書と違うところは、TOEIC対策の他に英語力向上の方法として「スラッシュリーディング」のやり方が紹介されている点です。

他には英語そのものの実力アップをはかる勉強法も紹介されているので、英語が苦手な方には特にオススメできる参考書です。

各パートの要点はとてもコンパクトにまとまっており、文字数も他の参考書に比べ少な目でレイアウトも見やすくなっています。

まずは確実に600点を目指したいという初心者の方であれば、重荷を感じず始められる参考書です。

※スラッシュリーディング:日本語とは語順が全く違う英語に慣れるため、英文を頭から理解できるよう、意味のカタマリごとにスラッシュで区切って読んでいく学習方法。

③はじめてのTOEIC L&Rテスト 全パート総合対策

はじめてのTOEIC L&Rテスト 全パート総合対策
© はじめてのTOEIC L&Rテスト 全パート総合対策 塚田幸光(著) / 出版社:アスク

本書はTOEICの受験ガイドに紹介されている、超初心者向けの非常に丁寧な参考書です。
申込方法・受験料、試験日当日の会場の様子まで記されているので、この一冊でTOEICそのものをイメージすることができます。

この本は内容がわかりやすいと評判で、TOEICの入門書として8年連続売上No.1記録しています。

レイアウトは図解が豊富に組み込まれ、色使いも綺麗で読みやすいという魅力があります。

人気の秘密は、別冊でついている単語集にもあります。
頻出単語だけを集めたボリュームのある単語集で、持ち歩いて直前まで見返せるのでグっとスコアがあがります。

更に、CDの音声が無料でスマホにダウンロードできるのも嬉しいポイントです。

一点注意しなければならないのは、模擬試験がついていないので別で購入する必要があります。

更にレベルアップ!各分野別オススメ参考書

更にレベルアップ!各分野別オススメ参考書

TOEICの入門参考書を読んで全貌が理解できたら、今度は自分が弱いと感じる分野を重点的に学びましょう。

TOEICはリスニングとリーディングが半々ずつ出題されるので、それぞれの解き方に特化した参考書で学習することが高得点に繋がります。

そしておろそかにできないのが単語対策です。
受験英語と違い、TOEICには独自の頻出単語が存在します。

効率よく学ぶためには専門の単語集で対策することをオススメします。

リスニング対策:CD2枚付 世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング)

CD2枚付 世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング)
© CD2枚付 世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング) 関正生(著) / 出版社: KADOKAWA

累計80万部突破、「世界一わかりやすい」シリーズの著者であり、TOEIC満点を誇るカリスマ講師・関先生執筆の参考書です。

このリスニング対策本はテクニック本とは違い、「なぜ日本人がリスニングを聞き取れないか」という理由を説明してくれます。

具体的には、「弱形」と呼ばれる英語の一部が弱く曖昧に発音される部分の聞き取りに焦点を当てています。

この弱形を聞き取れるかどうかでリスニングの結果に大きな差がついてしまうのですが、多くの例を挙げて重点的にトレーニングすることができます(単語の「been」を「ベン」と発音するなど)。

本のボリュームや問題量はそこまで多くないので気軽に取り組みやすく、リスニングに対して苦手意識があるTOEIC初心者の人にはオススメです。

リーディング対策:TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング
© TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング 加藤優(著),野村知也(著),Paul McConnell(著),中村紳一郎(監修)
Susan Anderton(監修) / 出版社: ジャパンタイムズ

公式問題集よりも+αの要素を学びながら、リーディングスコアを確実にアップできる参考書です。

模擬試験が5回分も入っていて価格が約2000円と、コスパに優れている点が人気です。

公式問題集には解説がほとんどありませんが、この参考書はとにかく詳しく解説されている点に特徴があります。

正解を導くためのポイントと考え方を丁寧に解説しているので、本番同様の試験に慣れながら実力を効率よく伸ばすことができます。

本書の問題を繰り返し解くと、リーディングのスコアを9割取得できるようになるといわれています。

また、解答解説ページに問題と同じ文が掲載されているので、解説ページにポイントを書き込めます。
このように繰り返して使えることも人気の理由になっています。

問題以外にも、スコアアップに直結する解答戦略や学習ポイントをアドバイスしたコラムも充実しています。

単語対策:TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ
© TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ TEX加藤(著) / 出版社: 朝日新聞出版

いくらリスニングやリーディングを鍛えても、TOEICに頻出する単語の対策をしなければ高得点には繋がりません。
通常の単語集ではなく、TOEICに特化したものを選ぶことが重要になります。

本書は、TOEICに特化した「特急シリーズ」の火付け役となった参考書です。
シリーズには文法や熟語など色々な種類のものがあるので、書店で目にしたことがある人も多いかもしれません。

本書は「100%の出る単語帳」と謳うほど網羅性においては右に出るものはなく、非常に使いやすくなっています。

しかもただの単語帳ではなく、実際に本番で出てくる形で掲載されているのが特徴です。

本書にはCDがついていませんが、音声ファイルを無料でダウンロードすることができます。

これにより通勤、通学などの隙間時間を利用して効率よく学習できるので初心者でも高得点を狙えます。

模擬試験問題集:TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問
© TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問 ヒロ前田(著),テッド寺倉(著),ロス・タロック(著) / 出版社: アルク

各々の分野で力を蓄えたら、実際の模擬試験の対策に移りましょう。
本番は約2時間という長丁場。集中力を持続させながら力を発揮できるように、模擬試験は必ず行うようにして下さい。

本書の特徴は、公式問題集よりも解説が詳しいことです。

TOEIC初心者の方が模擬試験対策をするのであれば、公式ではなく迷わずこちらをオススメします。

本書は本番同様のボリュームが3回分あるので、少し重いという難点があります。
しかし解説ページを切り離せるようになっているので、解説ページを持ち歩いて読むだけでも勉強になると評判です。

公式問題集の価格は2回分で約3000円なので、3回で3000円を切るというコスパの良さも魅力です。

空き時間にアプリも活用しよう!

空き時間に便利なアプリも活用しよう!

通勤通学時や昼食休憩時など、ちょっとした空き時間を有効活用してTOEICの対策ができると嬉しいですよね。

現代は参考書だけではなく、スマートフォンアプリでも学習することができます。

参考書と違って無料で提供されるものが多いので、まずは下記オススメアプリをダウンロードしてみましょう。

TOEIC presents English Upgrader

TOEIC presents English Upgrader
© TOEIC presents English Upgrader / 一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション(IIBC)

このアプリは、TOEICの運営団体である一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション(IIBC)が提供しているので、TOEIC公式アプリといっても過言ではありません。

基本的なリスニングとリーディングを無料で学べるうえに、リスニングはエピソードごとにダウンロードが可能なので非常に使いやすいと評判です。

スタディサプリイングリッシュ

スタディサプリイングリッシュ
© スタディサプリイングリッシュ / 株式会社リクルート

このアプリは月額3,278円(税込)と少し高額ですが、初心者が確実に高得点を目指すのであればオススメのアプリです。

なぜならこのアプリひとつで、TOEIC20回分以上の問題演習ができるからです。

TOEIC講義の動画が300本以上あるうえ、専属コーチがつき直接指導を受けられるなどサービス内容が充実しています。
本気でTOEICに向けて対策したい人は、まずは一週間無料のプランに登録してみましょう。

TOEICの初心者のための対策まとめ

TOEICの初心者のための対策まとめ

TOEICを初めて受ける人は、受験料6,490円を払うからにはしっかり対策をして臨まないと悲惨な結果を招いてしまいます。

なぜなら授業で習ってきた英語の学習だけでは太刀打ちできない問題量と、独自の出題傾向があるからです。
目標をどこに置くかによりますが、TOEIC初心者の方に最低限取り組んで欲しい対策をまとめると次のようになります。

① 総合参考書でパターンと解き方を理解する

初心者の方は、本文の最初で紹介した総合参考書に必ず目を通して下さい。

TOEICには解き進めるためのテクニックがあります。
そのテクニックを知って勉強に取り組むか知らないで取り組むかでは、理解度が全然違います。

各パートの特徴と回答の導き方を理解し、それと同時にTOEICの問題を解くコツを学ぶことを最初の段階でやりましょう。

② 単語学習をしっかり継続する!

TOEIC専用の単語帳は、目標スコアごとにページが進んでいくものが大半なので、一冊購入したら目標レベルの単語はしっかり学ぶことが大切です。

TOEICは時間との闘いになるので、キーセンテンスに未知の単語が出てきてしまっても、悩んで推測する時間はありません。
寝る前の少しの時間でいいので、継続してコツコツ単語を覚えていくことがスコアアップに繋がります。

③ 本番までに模擬試験を受ける!

TOEICは時間配分が非常に大切です。
実際の試験は45分間もリスニング問題があり、その後1時間以上リーディング問題を解き進めます。

模擬試験の対策をしなかった人は必ず「時間が足りなくて途中で終わった!」という結果になってしまうでしょう。
そうならないように、必ず実践的な模擬試験を受けるようにして下さい。

大事なのは、本番同様に途中休憩なしで、約2時間しっかり集中して取り組むことです。

以上、TOEIC初心者のための対策と、おすすめ参考書の紹介でした。
しっかり対策をして初めての試験に立ち向かいましょう。

関連記事

  1. 英語の資格試験王道、TOEICとTOEFLの違いー試験内容と対策法を解説

  2. TOEFL iBTとITPはどちらを受けるべき?高スコアを取るための対策と勉強方法

  3. TOEICと英検の特徴は?迷っているならTOEICを受験するのがおすすめ