フィリピン留学が大学生や社会人に人気の理由とは?留学期間別に見る学習の効果やセブ島でおすすめの学校などを紹介

フィリピン留学が大学生や社会人に人気の理由とは?留学期間別に見る学習の効果やセブ島でおすすめの学校などを紹介

近年、フィリピン留学に対する注目度が上がっており、大学生や社会人の間で、長期休暇や転職活動の合間に留学する人が増えてきています。

しかし、なぜ英語ネイティブの国ではないフィリピン留学が人気なのか分からないとか、フィリピンに留学して本当に効果があるのかと疑問に思う人がいると思います。

そこでこの記事では、フィリピン留学の特徴やメリット、留学期間別に見る学習の効果などについて解説します。

記事の後半では、フィリピンの中でも人気の留学地である、セブ島のおすすめの学校も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

フィリピン留学の特徴やメリットとは?

フィリピン留学の特徴やメリットとは?

フィリピン留学の特徴としてまず挙げられるのが、そのコストパフォーマンスの良さです。

欧米留学の半額ほどの費用で留学できるにも関わらず、マンツーマン授業が中心のため、短期間で確実に英語力を上げることができます。

さらに、授業を自分好みにアレンジできる学校が多く、自分に最適なカリキュラムを自由に組むことができるのも大きなメリットです。

例えば、スピーキングを強化したい人が英会話の授業を多めに入れてもらうとか、仕事で使える英語を身に付けたい人がビジネス英語の授業を中心にカリキュラムを組んでもらう、などといったアレンジが自由にできます。

自分が学びたい分野にフォーカスし、短期間の留学でも効率良く学習することが可能なため、転職活動の合間に留学を希望する社会人や、長期休暇を利用して留学しようと思ってい大学生にフィリピン留学はおすすめです。

費用面や授業の内容に関しての利点だけではなく、フィリピン留学には、勉強に集中できる環境が整っているというメリットもあります。

留学中は基本的に寮生活で、食事の提供や洗濯のサービスなどがあるため、英語学習だけに集中することができます。

欧米留学でも、ホームステイをすれば食事の提供はしてもらえますが、ホストファミリーに当たり外れがあるため、毎日質のいい食事を提供してもらえるとは限りません。

その点、フィリピン留学では、栄養バランスを考慮した日本人好みの食事を提供してくれる学校が多く、衣食住で余計なストレスを感じることなく、勉強に専念することが可能です。

フィリピン留学でどれぐらい英語は上達する?留学期間別の学習効果を紹介

フィリピン留学でどれぐらい英語は上達する?留学期間別の学習効果を紹介

短期間でも効果があると言われているフィリピン留学ですが、具体的にどれぐらいの期間留学する必要があるのかが気になる、という人は多いのではないでしょうか。

そこでここからは、留学期間別に、フィリピン留学でどれぐらい英語力が向上するのかを詳しく解説していきます。

留学期間が1~2週間の場合

留学期間が1〜2週間の場合は、大きな効果を感じることはできません。

フィリピンでの生活に慣れた頃に留学が終わってしまうので、雰囲気を味わうことしかできない可能性があります。

少しでもいいので効果を感じたいという人は、目標を絞って勉強しましょう。

例えば、自己紹介だけは完璧にできるようにする、「L」と「R」の発音を使い分けられるようにするなど、小さな目標の達成を目指すことで、短期間でも有意義な留学生活を送ることができます。

なお、中長期の留学を予定している人でフィリピンへ行くのが初めてという場合は、長期留学の下見として1〜2週間ほど留学してみることをおすすめします。

フィリピンでの生活は日本の生活と違う部分が多く、事前に短期の留学で現地の暮らしに慣れておくことで、スムーズに中長期留学をスタートさせることが可能になります。

また、学校の雰囲気やレベルが自分に合っているかどうかを知ることもできるので、海外留学が初めての人や、フィリピンでの留学が不安な人は、中長期留学の下見として1〜2週間の短期留学を活用しましょう。

留学期間が1ヶ月の場合

留学して1ヶ月が経つ頃には、なんとなく先生や他の留学生が言っていることが分かるようになってきます。

英語を聞いたり、英語で話したりすることに慣れてくる時期なので、多くの人が勉強が楽しいと感じるようになってきます。

しかし、まだ自分の意見を言ったり複雑な会話を聞き取ったりするのは難しいので、日常会話ができるようになるには、もう少し時間が必要です。

なお、仕事で使える英語を身に付けたい人にとっても十分な期間ではありません。

ただし、英語で話す際の心理的障壁を破壊するには十分な期間なので、海外旅行や英会話が好きな人であれば得るものは多いはずです。

留学後は英語で話すことにためらいがなくなり、積極的に相手と話そうとする姿勢が身に付きます。

また、1ヶ月の短期留学がきっかけとなり、長期留学に挑戦して英語力を向上させる人は多いので、夏季休暇中などにまとまった時間が取れる大学生や、海外生活に興味がある人は、まずは1ヶ月間の留学を試してみましょう。

留学期間が2ヶ月の場合

留学期間が2ヶ月の場合は、リスニング力の向上を特に実感する人が多く、ゆっくり話してもらえば相手の言っていることが分かるようになります。

スピーキングに関しては、まだ複雑な会話をすることはできませんが、簡単な話題であれば途切れることなくテンポよく会話することが可能になります。

また、留学生同士の会話であれば、複数人で話していても積極的に発言できるようになり、英語で会話することがどんどん楽しくなってきます。

自分でも英語力の伸びを感じる時期なので、現地で留学を延長する人も出てきます。

留学期間が3ヶ月の場合

3ヶ月は、しっかりと英語力を向上させたい人におすすめの留学期間です。

基礎的な文法が身に付き、生活に必要な語彙も増えるため、基本的な日常会話ができるようになります。

全くの英語初心者でも、ある程度のレベルアップを実感できるため、確実に英語力を身に付けたい場合は、3ヶ月以上のカリキュラムに参加しましょう。

また、TOEICコースなどの各種英語試験対策コースを受講した人の多くは、3ヶ月間で大幅にスコアアップします。

日本で事前に基本的な文法知識や語彙力を身に付けておけば、3ヶ月間のフィリピン留学で、TOEICスコアを200点以上伸ばすことも不可能ではありません。

従って、試験対策をしっかりしたい場合も、3ヶ月以上の留学プランを立てましょう。

留学期間が半年の場合

留学期間が半年になると、普段の生活で困ることが少なくなり、スムーズに日常会話ができるようになります。

先生や他の留学生とも活発なディスカッションができるようになり、専門的な話でない限り、会話に詰まることはほぼありません。

さらに、複数人で話している時もしっかりと自分の意見を言えるようになります。

また、各種英語試験対策コースに通う場合は、高スコアを狙えるようになり、TOEICで800点以上の点数を取ることも夢ではありません。

800点を超えると英語を使う仕事に就ける可能性が非常に高くなるため、仕事で英語を使いたいという人には、半年以上の留学がおすすめです。

【欧米留学と比較】フィリピン留学の具体的な費用とは?

【欧米留学と比較】フィリピン留学の具体的な費用とは?

格安と言われるフィリピン留学ですが、欧米留学と比べて実際にどれぐらい安いのか、気になるという人は多いと思います。

そこで、具体的な留学費用を比べてみましょう。

まずは、1ヶ月間の学費ですが、アメリカやイギリスなど欧米の学校の費用は、20〜30万円前後が相場です。

一方、フィリピンの語学学校の授業料の相場は15〜20万円前後で、選ぶ学校によっては、欧米の学校の半額程度まで授業料を抑えることが可能です。

さらに、欧米の学校では1クラス15人前後のグループレッスンを受講しますが、フィリピンのカリキュラムでは、マンツーマン授業が中心となります。

従って、学費や授業の内容を比べるだけでも、フィリピンはかなりお得な留学先といえます。

次に1ヶ月間の生活費に関してですが、欧米の中でもアメリカは特に物価が高く、ホームステイの費用あるいはアパートの家賃を含めると、15〜20万円前後の費用がかかる計算になります。

カナダやオーストラリアはアメリカに比べると少し費用が下がりますが、それでも10万円前後は見積もっておく必要があります。

一方、フィリピンの場合は寮の滞在費と食費が授業料に含まれるため、生活費として別途かかるのは外食費やお小遣いだけです。

しかも、物価が欧米諸国に比べて格段に安いため、1月あたり2〜3万円用意しておけば、十分に暮らせます。

アメリカ留学の生活費と比べると、月額で10〜15万円ほど費用を抑えることができるため、とにかく費用を抑えたい人にとって、フィリピン留学は非常に魅力的な選択肢です。

最後に、現地までの航空券代金についても比較します。

アメリカやカナダ行きのチケットは、飛行距離が長いため高額になる場合が多く、片道で8〜10万円前後が相場です。

英語圏で比較的安く渡航できる国はオーストラリアですが、最低でも片道で5万円はかかってしまいます。

一方で、フィリピンへの渡航は飛行距離が短いため、比較的航空券代金を抑えることが可能です。

さらに、フィリピンと日本間には格安航空会社が就航している路線が多く、タイミングによっては片道1万円程度でチケットを購入することができます。

以上のように、フィリピン留学は学費、生活費、渡航費のどれをとっても欧米留学より大幅に費用を抑えることが可能です。

欧米留学を検討しているけど費用面が心配という人は、フィリピン留学もあわせて検討してみましょう。

フィリピンで一番人気の留学地・セブ島のおすすめの学校4選

フィリピンで英語留学ができる語学学校は様々な都市にありますが、語学学校の数が一番多く、人気の留学地となっているのが、フィリピンを代表する観光地セブ島です。

そこでここからは、セブ島内にあるおすすめの学校を4つ紹介します。

それぞれの特色や魅力を解説しますので、学校選びの際の参考にしてください。

English Fella 2

English Fella
© 2020. All Rights Reserved.

English Fella 2は、緑に囲まれた落ち着いた環境の中で、ストイックな留学生活を送ることができるスパルタ式の学校です。

平日の外出が禁止だったり、義務自習があったりと校則は厳しめですが、その分高い留学効果を期待することができ、TOEICなどの英語試験のスコアがアップした卒業生は多くいます。

講師の質にも定評があり、科目ごとに専門の講師がいるので、全ての分野において高い水準の授業を受けることができます。

また、厳しすぎる校則が不安な人向けに、平日の一部を外出可能とする「Jスパルタ」というコースがあるので、しっかり勉強したいけど自分のペースを守りたい、という人でも大丈夫です。

施設の設備も充実しており、施設内にプールやジム、カフェがあるだけでなく、ナースステーションもあるので、長期の留学であっても過ごしやすい環境が整っています。

TARGET

TARGET
© TARGET Global English Academy All Rights Reserved.

TARGETは、セブ市内にある日本人経営の学校です。

コンドミニアムを改装した寮は、他の語学学校の一般的な寮より快適で、清潔で綺麗な部屋の中で、充実した留学生活を送ることができます。

留学中に提供される食事の評判も非常に良く、日本食レストランのシェフが監修した、日本人の口に合う料理が1日に3食提供されます。

さらに、日本人スタッフのサポートが手厚い点も魅力で、日本語による学習カウンセリングがあるので、初めての海外留学が不安な人でも安心です。

なお、厳しい校則や義務自習はありませんが、1日最大8コマのマンツーマンレッスンが受けられるほか、追加代金を支払えば土日祝も授業を受けることが可能なので、留学期間が短い人でもしっかりと勉強できる体制が整えられています。

従って、転職活動中の社会人や、短期留学を検討している大学生にもおすすめの学校です。

SMEAG Capital

SMEAG Capital
© 2018 セブ留学はSMEAG┃セブ島留学・フィリピン留学

SMEAG Capitalは、セブ市内にある語学学校の中でも大規模の語学学校の「SMEAG」が運営する、3つのキャンパスのうちの一つです。

日本人に人気が高いCapitalキャンパスの一番の特徴は、セブ島の学校の中で唯一、TOEICとTOEFLの公式試験会場になっている点です。

慣れ親しんだキャンパスの中で落ち着いて公式試験を受けることができるので、緊張しやすい人にとっては大きなメリットとなります。

また、公式試験の会場に認定されているだけあり、真面目で意識の高い生徒が集まってくるため、モチベーションを保ちながら留学生活を送ることができます。

授業や講師の質にも定評があり、学校が研究を重ねて独自に作成した教科書を使いながら、1日最大10時間の密度の濃い授業を受講することが可能です。

TOEICやTOEFLでハイスコアを狙いたい人は、選択肢に入れておきたい学校の一つです。

QQ English

QQ English
© 英会話を「教師の質」で選ぶならQQ English

QQ Englishは、オンライン英会話の提供もしている、セブ市内にある老舗の語学学校です。

講師全員がTESOLと呼ばれる国際英語教授資格を保持しており、質の高いレッスンを受講することができます。

さらに、通常の4倍のスピードでスピーキングが上達すると言われている、「カランメソッド」というカリキュラムを提供している学校でもあり、短期間でもしっかりと英語力を向上させることができる点が魅力です。

また、オンライン英会話のサービスを使って、帰国後も英語学習を継続することができるので、短期間しか留学できない人や、長期留学をするには費用が足りない人にもおすすめの学校です。

記事のまとめ

フィリピン留学の特徴やメリット、留学期間別の学習効果などについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

英語留学をするとなると、欧米の国への留学に目が行ってしまいますが、フィリピンには格安で質の高い授業を受けることができる学校が多数存在します。

フィリピン留学で、お得に効率良く英語力を向上させ、就職や転職、海外の大学への編入などにつなげましょう。

【関連記事】
フィリピン留学でエージェントは使うべき?エージェント選びで失敗しないコツや人気のエージェントを紹介