【大人向け】フォニックスの学習がおすすめな理由と学習方法を解説

【大人向け】フォニックスの学習がおすすめな理由と学習方法を解説

英語学習の土台作りに重要な「フォニックス」というものを知っていますか?

フォニックスとは、英語の文字と発音の規則のことで、平たくいえば、日本語の「あいうえお表」のアルファベットバージョンのようなものです。

文字と音のルールをしっかりと理解することにより、きれいな英語の発音を身につけることができます。

そこで、この記事では、大人の英語学習においてフォニックスを取り入れるべき理由と、大人におすすめのフォニックス学習法を解説します。

「フォニックスを勉強してみたい!」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

フォニックスとは?

フォニックスとは?

フォニックス(Phonics)とは、英語の文字と発音の正しいルールを学ぶ学習法のことで、英語学習の土台作りにおいて重要だと考えられています。

外国人が「あいうえお表」を使って日本語を学ぶように、日本人が英語を学ぶ際は「フォニックス表」を用いた英語の基礎学習が欠かせません。

大人がフォニックスを学習する場合、これまでに習得した英語の誤った発音を修正するという意味が含まれるため、「発音矯正」と呼ばれることもあります。

フォニックスをしっかりと学習することにより、英語を正しく発音することができるようになります。

日本語と英語の「文字と発音」の違い

日本語と英語では、「文字と発音のルール」が大きく異なります。

日本語の場合、「あ」の発音は「あ」、「い」の発音は「い」と、文字と発音が一致しています。

しかし、英語の場合、「A(エイ)」の発音は「ェア」、「B(ビー)」の発音は「ブ」と、文字と発音が異なります。

そのため、日本語では文字を覚えるだけで、自然と正しい発音を習得することができますが、英語では、文字と発音をセットにして正しく覚える必要があります。

例えば、“Cat”を正しく発音するためには、「C=クッ」「A=ェア」「T=トゥ」というフォニックスの知識が必要です。

フォニックスは子共向けの学習方法?

インターネットで「フォニックス」と検索すると、「早期の学習がおすすめ」とか「子供向けのフォニックス学習法」などといった情報がたくさん見つかります。

確かに、フォニックスは幼少期〜小学校低学年のうちに学習することで、効果を得やすい学習法と考えられています。

しかし、これは大人がフォニックスの学習をするべきではないということではありません。

大人でも、フォニックスを学習することで得られるメリットはたくさんあります。

大人がフォニックスを学習するべき理由については、下記で詳しく紹介していきますね。

【大人向け】フォニックスの学習がおすすめな理由

【大人向け】フォニックスの学習がおすすめな理由

ここまでで、フォニックスとは何かを解説してきました。

そこで次に、フォニックスの学習をおすすめする理由を4つ紹介します。

「フォニックスを学習するかまだ迷っている…」という方は、ぜひ参考にしてください。

1.カタカナ英語を脱却できる

英語学習において、多くの人が難しいと感じるのは「発音」ではないでしょうか。

日本人が英語の発音を難しいと感じる理由は、先ほど少し紹介したように、英語の文字は発音とイコールではないからです。

でも、多くの英語学習者は、日本語で「あいうえお」を「あいうえお」とそのまま発音するように、英語のアルファベットもカタカナを使ってそのまま発音しようとしてしまいます。

つまり、日本人の発音する英語が「カタカナ英語」と呼ばれてしまうのは、フォニックスのルールを理解できていないからということになります。

ですので、カタカナ英語を脱却するためには、英語の音のルール(フォニックス)を理解することが必要です。

カタカナ英語を脱却し、ネイティブスピーカーのようなきれいな発音を身につけておけば、自然とスピーキング力も向上します。

英語の発音を矯正したいという方は、フォニックスの学習が効果的です。

2.リスニング力が向上する

フォニックスを学習すると、アルファベットの正しい「音」を理解できるので、リスニング力の向上が期待できます。

例えば、英語の「L」と「R」は、日本語ではどちらも「ら」の音ですので、日本人にとって聞き分けが難しい音とされています。

しかし、フォニックスを学習しておけば、“Rice(米)”と“Lice(シラミ)”といった一文字違いの単語でもしっかりと聞き分けられるようになるでしょう。

リスニング力を鍛えるためには、英語をたくさん聞くことも大切ですが、リスニングの基礎をしっかりと身につけたいのであれば、まずはフォニックスで英語の「音」を理解しておくことをおすすめします。

3.効率よく英語を学べる

フォニックスは、主に英語の「発音矯正」に効果がある学習法ですが、フォニックスを学習すると、「英単語学習」や「リーディング」などの他の分野も効果的に学習することができるようになります。

具体的には、フォニックスを学習すると、

  • 知らない英単語の正しい発音を予測できる

  • 初めて聞く英単語のスペルを予測できる

などといったスキルが身につくため、英語学習全般において効率的に英語を学習できます。

フォニックスは、英語学習の土台作りに最適ですので、できるだけ早い段階で学習するといいでしょう。

4.自信につながる

日常会話やかんたんな会話なら、英語を問題なく話せるのに、「発音が悪いから…」と自分の英語力に自信が持てないのであれば、フォニックスで発音矯正を行いましょう。

フォニックスを学習すれば、きれいな発音が身につき、「カタカナ英語」を脱却できるので、自信につながります。

自分の英語力に自信がつくと、人前で積極的に英語を話せるようになるので、スピーキング力が向上します。

自分の英語の発音にコンプレックスがあるという人は、フォニックスの学習がおすすめです。

【大人向け】フォニックス学習方法4選

【大人向け】フォニックスの学習方法4選

続いて、大人におすすめのフォニックス学習方法を4つ紹介します。

「フォニックスを学習してみたいけど、何から始めていいか分からない…」という方はぜひ参考にしてください。

1.YouTubeの動画を使った学習方法

フォニックスは、英語の「音」を学習する方法ですので、YouTubeにアップロードされている動画を通して、実際に「音」を聞くと効果を得やすいのでおすすめです。

正しい発音は、文字で確認するより、実際に英語話者の正しい発音をお手本にする方が理解しやすいでしょう。

ここでは実際に、大人の英語学習で活用したいおすすめのフォニックス動画を3つ紹介します。

1.Phonics Song with TWO Words / ChuChu TV

こちらは30億回以上の再生回数を誇る、世界中の子供達・英語学習者が視聴しているフォニックスの歌動画です。

基礎的な英単語を用いて、A〜Zの正しい発音がとても分かりやすくまとめられています。

子供向けに作られたものですが、フォニックスを始めて学習する大人にもおすすめです。

「何から始めていいか分からない」という人は、この歌動画をとりあえず一度視聴してみることをおすすめします。

2.【カタカナ英語を卒業!】究極の発音法!大人のフォニックス(Phonics)/重森ちぐさ 英語・英会話講師

こちらの動画では、英語のフォニックスが英会話講師である「森ちぐささんによって詳しく解説されています。

日本人に向けて、日本語でフォニックスが解説されている動画ですので、英語初心者の方でもかんたんに理解することができます。

アルファベット一文字ずつ、じっくりと正しい「音」を学習したいという人におすすめです。

3.『あいうえおフォニックス』英語発音

こちらはひとつの動画ではなく、フォニックスを学ぶのにおすすめのYouTubeチャンネルです。

「BとVの発音」や「aの発音」など、重要な発音がそれぞれ2〜6分くらいの動画で詳しく解説されています。

動画1本の再生時間が短いので、スキマ時間を利用して、少しずつ学習していくことができます。

2.教材本を使った学習方法

続いて紹介する学習法は、フォニックスに特化した教材本を活用する方法です。

「発音」の勉強とはいえ、しっかり机に向かって取り組みたいという方は教材を活用するのがいいでしょう。

とはいえ、「どの教材本を選んだらいいか分からない…」という方は多いでしょう。

ここでは、フォニックスの学習におすすめの教材本を2冊紹介します。

1.書いて覚えるフォニックス 英語発音マスター/マガジンランド
書いて覚えるフォニックス 英語発音マスター
© 齋藤留美子・齋藤了 (著) | 出版社: マガジンランド

フォニックスの基本ルールから、アルファベット26文字の正しい発音方法まで、フォニックスのすべてがこの1冊で学習可能です。

この本には、スマホまたはパソコンから音声データをダウンロードできるQRコードが掲載されています。

スマホに音声データを入れておけば、外出先でもフォニックスの学習ができるので便利です。

実際に音声を聞きながら学習することができるので、しっかりと正しい発音を学習することができます。

2.書いて覚えるはじめてのフォニックス/ナツメ社
書いて覚えるはじめてのフォニックス
© 齋藤留美子・齋藤了 (著) | 出版社: ナツメ社

こちらは、初めてフォニックスを学習する大人におすすめの1冊です。

「英語の発音を一からやりなおしたい!」という人に向けて、英語の正しい発音の仕方がとても分かりやすく解説されています。

アルファベットの「フォニックス読み」を、実際に書いて身につけることができます。

3.アプリを使った学習方法

ゲーム感覚で楽しく学習ができる英語アプリは、フォニックス学習との相性が抜群です。

アプリを使うと、スキマ時間にどんどん学習を進めることができるので、学習のためにまとまった時間を確保できないという人はぜひ活用してみてください。

ここでは実際におすすめのフォニックス学習アプリを2つ紹介します。

1.Phonics Genius
Phonics Genius
© Alligator Apps | 販売元 Innovative Mobile Apps Ltd

価格:120円

こちらはフォニックスをフラッシュカードで学べるアプリです。

120円の買い切り型ですので、教材よりも安価でフォニックスの学習ができます。

英語ネイティブスピーカーの子供向けに作られたアプリですが、大人の英語学習者にもおすすめです。

実際に正しい発音を聞きながら、ゲーム感覚で楽しくフォニックスを学習することができます。

2.英語発音速成攻略

英語発音速成攻略

© Transwhiz | 販売元 Otek International Inc.

価格:無料(App内課金あり)

フォニックスを日本語のアプリで学習したいという方には、こちらのアプリがおすすめです。

スペルと発音の規則を楽しく学習することができます。

フォニックスの学習と合わせて、音声を聞いてスペルを書き取るといった学習も可能ですので、フォニックス学習だけでなく英語の基礎学習にも活用できるアプリです。

4.英会話教室を利用する方法

おすすめの学習法の最後は、英会話教室を利用する方法です。

ここまでで紹介した学習法を見て、「独学でフォニックスを学習するのは難しそう…」と思った方は、オンライン英会話や英会話教室を利用するのがいいでしょう。

英会話教室を利用すれば、実際に自分の発音へのフィードバックをしてもらいながら、発音矯正することができるので、効率的に正しい発音を身につけることができます。

最近では、大人向けにフォニックスのレッスンを行っているオンライン英会話が増えてきていますので、フォニックスを本格的に習いたいという方は積極的に利用しましょう。

フォニックスを効果的に学習するポイント

フォニックスを効果的に学習するポイント

最後に、フォニックスを学習する際に押さえておきたいポイントを紹介します。

フォニックスを効率よく学べるように、確認しておきましょう。

暗記ではなく理解する

フォニックスの発音ルールを、しっかりと理解せずに、ただ暗記するのはやめましょう。

試験勉強のようにフォニックスルールを暗記しても、実際に正しい音を発音できなければ意味がありません。

動画やCDの音声などを繰り返し聞いて、英語耳を鍛えると効果的です。

「ルールを思い出さなくても、自然に正しく発音できること」を目標に、暗記ではなく、体にしみこませることに重点を置きましょう。

フォニックス学習を先延ばしにしない

フォニックス学習は、早期に学習することでより高い効果が得られるといわれています。

ですので、大人がフォニックスを学習する場合、英語学習を始めたら、できるだけ早い段階でフォニックスを学習することをおすすめします。

この記事で紹介したように、フォニックスを理解することで、単語学習やスピーキング学習などにおいて効率的な学習が可能になります。

フォニックスは英語学習の土台作りに最適な学習法ですので、ぜひ早い段階で学習しておいてください。

「英語力がまだまだ低いから…」とフォニックスの学習を先延ばしにするのではなく、英語初心者だからこそフォニックスを学習するべきと考えるようにしましょう。

ネイティブスピーカーの「音」を参考にする

フォニックスのルールは、「A=ェア」「B=ブ」…のように表記されますが、これはあくまでも、英語の発音をカタカナで表したものです。

ですので、正確な音を理解するためには、ネイティブスピーカーが発する「音」を実際に聞く必要があります。

YouTubeや教材の音声データなど、実際に正しい「音」を参考にしながら、学習を進めていきましょう。

まとめ

この記事では、英語の基礎学習において重要な「フォニックス」の基礎知識や学習方法を紹介しました。

フォニックスは、英語の発音矯正と英語学習の土台作りに最適な学習方法です。

自分の英語の発音に自信を持つためにも、できるだけ早い段階でフォニックスを学習しておくことをおすすめします。

フォニックスを学習する際は、ぜひこの記事で紹介したポイントと学習法を参考にしてください。

【関連記事】
英語の発音記号とは?発音記号を覚えるメリットや、それぞれの記号の読み方と単語例などを紹介