洋書を使った英語学習法。初心者におすすめの洋書も紹介!

洋書を使った英語学習法。初心者におすすめの洋書も紹介!

楽しく手軽に英語の文章に触れることができる洋書は、英語学習に最適です。

そう言われても、「洋書は英語学習に効果的なの?」とか「洋書を使った学習法が分からない…。」などと思われる人は多いでしょう。

この記事では、洋書を活用した英語学習法や洋書の選び方、そして初心者におすすめの洋書を紹介します。

洋書が英語学習におすすめな理由

洋書が英語学習におすすめな理由

まず、洋書が英語学習におすすめな理由を3つ紹介します。

「読書が好きで洋書にチャレンジしてみたいけど、英語学習に効果があるのか不安…。」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.ボキャブラリーが増える

洋書を活用すると、実際の文脈の中で英単語に触れることができるので、単語帳で暗記するよりも覚えやすいというメリットがあります。

特に洋書では、自分の興味のある分野やストーリーに関する英単語が繰り返し登場するので、読み進めていくうちに自然に知識を定着させることができます。

「語彙力を付けたいけれど、暗記が苦手……。」という方は、洋書の活用がおすすめです。

2.楽しく英語が学べる

洋書は、教科書や英語学習コンテンツと比べて、楽しく生きた英語に触れることが可能です。

海外ドラマや洋楽を使った英語学習が推奨されているのと同じように、洋書を使った英語学習も楽しく英語に触れる方法として有効的です。

特に読書が好きという人は、楽しみながら英語力を伸ばすことができるでしょう。

3.英語学習に対するモチベーションを維持しやすい

英語初心者にとって、英語の本は読み応えがあるので、「この本を読めるようになりたい!」などといった具体的な目標ができます。

洋書を英語学習に取り入れることにより、具体的な目標ができ、英語学習に対するモチベーションを高く維持することができるようになります。

英語を習得するにあたっては、「継続すること」が一番大切ですので、洋書はモチベーションを高く維持しやすいという点でおすすめできる学習法です。

洋書を使った英語学習法

洋書を使った英語学習

続いて、「洋書をどう英語学習に取り入れたらいいか分からない…」という人に向けて、洋書を使った学習法を紹介します。

1.辞書を使わずに読む

洋書を英語学習に取り入れるというと、「分からない単語はすぐに辞書で調べる必要がある。」と思うかもしれません。

しかし、英語の多読をするにあたっては、辞書を引かなくてもスラスラ読めることが理想です。

分からない単語が登場するたびに辞書を引いていると、その都度読書を中断しなければならず、肝心の「多読」ができなくなってしまうので注意が必要です。

ですので、洋書の最初の1ページを見た時に、「辞書を使わないと、読めなさそう…。」と感じるようであれば、もう少し簡単な英語で書かれた1冊を選ぶといいでしょう。

できるだけたくさんの英語に触れることができるように、辞書を引く回数は最小限に抑えるのがポイントです。

また、分からない単語が登場しても、すぐに辞書で意味を調べるのではなく、前後の文脈から意味を推測することも大事です。

そうすることで、「文脈から意味を推測する力」が身に付き、文章全体の意味を理解することができるようになります。

文脈から意味を推測する力は、実際の英会話やスピーキングにおいても役立つスキルですので、洋書を活用した英語学習を通して身に付けていきましょう。

2.声に出して読む

「洋書は読みにくい…。」と感じる人は、音読を試してみましょう。

実際に声に出して読むことで、日本語の訳を頭の中でしながら読む返り読みの癖を改善することができます。

また、音読をすることで英語発音の矯正効果も期待できます。

慣れない英語を声に出して読むのは、最初は緊張してしまうかもしれませんが、英語力の伸びを実感しやすい学習法ですので、ぜひ試してみてください。

3.読み終わったら、もう一度読んでみよう!

洋書は一度読み終えたら、もう一度、二度…と繰り返し読んでみましょう。

同じ本を繰り返し読むことで、新たに学んだ英単語や英語表現の復習ができます。

また、何度も読むことにより、知識が定着するだけでなく、英語を読むスピードも向上します。

初心者向け!洋書の選び方

初心者向け!洋書の選び方

続いて、初心者が洋書を選ぶ際に気を付けたいポイントを紹介します。

自分に合う洋書が選べるように、以下で紹介するポイントをしっかりと確認しておきましょう。

初心者が洋書で挫折してしまう理由とは?

そもそも、初心者が洋書に挫折してしまう理由とは何なのでしょうか?

初心者が洋書に挫折してしまう一番の原因は、「今の自分の英語レベルに合った本を選べていないこと」にあります。

どんなに面白いストーリーの本を選んだとしても、自分の今の英語レベルよりも遙かに難しい英語で書かれていたら、理解することができず挫折してしまうでしょう。

ですので、初心者が洋書に挫折しないためには、自分のレベルに合った本を選ぶことが大切です。

「自分のレベルがよく分からない…。」という場合は、「簡単すぎる。」と感じるくらいのレベルの本から読み始めることをおすすめします。

英語のレベルを少しずつ上げていくことで、英文を読むことに対する抵抗感が薄れることはもちろん、自分の英語力に対する自信にもなります。

最初から難しい英語の本を読める必要はないということを覚えておきましょう。

挫折しない洋書の選び方

初心者が洋書に挫折してしまう原因を理解できたところで、実際に洋書を選ぶ時のポイントを紹介します。

「自分の英語レベルに合った本を選ぶ」というポイントに加えて、押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

自分が好きなジャンルの本を選ぶ

洋書を選ぶ際は、自分の好きなジャンルの本を選ぶようにしましょう。

たとえば、受験やテストの「長文読解」において、レベルが同じ英文でも、文章のテーマによって英語の読みやすさは大きく異なりますよね。

読みやすいと感じるテーマは人それぞれですので、自分が好きなジャンルや興味のある内容の本を選ぶと、取り組みやすくなります。

自分が知っている話の本を選ぶ

海外の作者によって書かれた洋書では、一般常識や登場人物の言動が日本文化と大きく異なるため、情景をイメージしにくいことがあります。

そんな時は、映画の原作本や、和訳された本を読んだことがある洋書を選ぶと、取り組みやすくなります。

ストーリーや登場人物をすでに把握しているので、「英語を読むこと」に集中できるようになります。

大まかなストーリーを知っている本なら、分からない単語や英語表現などが登場しても、文脈から意味を推測しやすいのでスムーズに読み進めることが可能です。

文字が大きい児童向けの本を選ぶ

英語学習者が英語ネイティブスピーカー向けに書かれた本を難しいと感じるのは当然のことです。

大人向けの小説や実用書などは、ほとんどの場合、専門用語や難しい英単語やスラングが多く使われています。

反対に、子供向けの児童書であれば、文字が大きいのはもちろん、平易な英語で書かれているので、英語初心者でも取っ付きやすいでしょう。

外国語の本を読むのですから、大人が子供向けの本を読むことに抵抗を感じる必要はありません。

初心者はまず、子供向けの児童書からチャレンジして、徐々にレベルを上げていきましょう。

【ジャンル別】初心者におすすめの洋書5選

【ジャンル別】初心者におすすめの洋書5選

続いて、実際に初心者におすすめの洋書を5冊紹介します。

英語初心者でも読みやすい比較的簡単な英語で書かれている洋書ばかりを選んでいますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.【ディズニー】Zootopia Little Golden Book

【ディズニー】Zootopia Little Golden Book
© Heather Knowles(著) / 出版社: Golden/Disney (2016/1/19)

2016年に公開された大人気ディズニー映画『ズートピア』の児童書(絵本)版です。

2歳〜5歳の英語ネイティブスピーカーを対象とした本ですので、子供でも理解しやすい簡単な英語で書かれているのが特徴です。

かわいいイラスト入りで、『ズートピア』を見たことがあるという人はもちろん、見たことがない人でも読みやすい1冊です。

この「リトルゴールデンブック」シリーズでは、大人気ディズニー映画『モアナ』や『アナと雪の女王』なども絵本として発売しています。

「ディズニー作品を英語で読んでみたい!」という人にとてもおすすめな洋書シリーズです。

2.【恋愛】The Notebook

【恋愛】The Notebook
© ニコラス・スパ−クス(著) / 出版社: Grand Central Publishing (1998/2/1)

英語でロマンス小説を読みたい人におすすめなのが、『The Notebook(きみに読む物語)』です。

『きみに読む物語』は洋画好きなら知らない人はいないほどの名作ですが、実はこの小説を原作にしています。

アメリカのベストセラー作家ニコラス・スパークスが英語ネイティブスピーカーを対象にして書いた小説ですので、この記事で紹介している他の本と比べると英語の難易度は少し高めです。

しかし、ストーリーを知っていればそんなに苦労しなくても読めると思いますので、「英語でロマンス小説を読んでみたい!」という人はぜひチャレンジしてみてください。

3.【ホラー】The Witches

【ホラー】The Witches
© ロアルド・ダール(著) / 出版社: Puffin Books (2007/8/16)

続いて紹介するのは、ロアルド・ダールという大人気作家による『The Witches』です。

ロアルド・ダールは、イギリス出身の作家で、子供はもちろん大人も楽しめる児童書を数多く執筆しています。

ロアルド・ダールの児童書は、どれもシンプルで分かりやすい英語で書かれているので、英語学習コンテンツとしてとてもおすすめです。

中でも『The Witches』は、大人気作品のひとつで、大人でもハラハラしてしまうホラーストーリーとなっています。

文字だけでなく挿絵が適度に入っているので、最後まで飽きずに読むことができますよ。

4.【児童小説】Charlie and the Chocolate factory

【児童小説】Charlie and the Chocolate factory
© ロアルド・ダール(著) / 出版社: Puffin Books (2007/8/16)

続いて紹介するのは、2005年に公開された映画『チャーリーとチョコレート工場』の原作本です。

映画を見たことがある人は多いと思いますが、原作がロアルド・ダールによって書かれた児童小説であることを知っている人は少ないのではないでしょうか。

こちらの児童小説は、映画版と大まかなストーリーは同じですが、異なる部分も多いので、ストーリーを知っている人でも飽きずに読むことができます。

映画版が好きという方は、ぜひ「映画版との違い」に注目して読み進めてみてください。

上記で紹介した『The Witches』と同様に、簡単で分かりやすい英語で書かれた児童書ですので、英語初心者の人におすすめです。

5.【ミステリー】A to Z Mysteries

【ミステリー】A to Z Mysteries
© ロン・ロイ(著) / 出版社: Random House Books for Young Readers (1997/9/23)

続いては、ミステリー要素を楽しみたいという人におすすめの1冊です。

6歳〜9歳の英語ネイティブスピーカーを対象とした本ですので、難しい英単語はほとんど使われていません。

『A to Z Mysteries』は、シリーズ化されていますので、ミステリー好きの人はもちろん、「シリーズ本を読みたい!」という人におすすめです。

洋書を安く手に入れる方法

洋書を安く手に入れる方法

最後に英語学習に効果的な「洋書」を安く手に入れる方法を2つ紹介します。

「洋書で英語を勉強したいけど、洋書は値段が高くて手が出ない…。」という方におすすめの方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.Kindle

Amazonによって提供されている電子書籍サービス「Kindle」を使用することで、洋書を安く手に入れることができます。

「Kindle」と聞くと、電子書籍専用デバイスが必要だと思う人が多いかもしれませんが、実はスマートフォンやタブレット端末に専用アプリをインストールすることで、手軽に利用できます。

「Kindle」を利用して、洋書を安く読むおすすめの方法は以下の2つです。

  • 読みたい洋書を購入する

  • 「Kindle Unlimited」に登録する

これら2つの方法を使う学習スタイルやメリットを、それぞれ紹介します。

まず、ひとつ目の「読みたい洋書を購入する」というのは、Amazonの公式サイトで読みたい洋書の「Kindle版」を購入する方法です。

オンライン書籍化されている洋書であれば、紙の本を購入するよりも圧倒的にお得に購入することができます。

そして、2つ目は、月額980円で洋書を含む幅広いジャンルの本が読み放題になる「Kindle Unlimited」に加入する方法です。

1ヶ月にたくさんの洋書を読むという方や、英語の多読をしている方は、「Kindle Unlimited」への登録がおすすめです。

また、Kindleアプリは、「辞書機能」や「マーカー機能」など、洋書を読む際に役立つ機能もそろっているので、紙の本よりも英語学習には適しています。

電子書籍に抵抗がない方は、ぜひKindleの利用を検討してみてください。

2.古本屋

定価が高い洋書を安く手に入れるもうひとつの方法は、洋書を取り扱っている古本屋を利用する方法です。

「洋書コーナー」を設けている古本屋さんを利用すれば、定価よりも安く洋書を購入することができますよ。

また、インターネットの古本屋さんや、メルカリやラクマなどのフリマサービスでも洋書を安く手に入れることが可能です。

「洋書をコスパよく活用したい!」という人は、古本屋さんを利用してみましょう。

まとめ

この記事では、洋書を活用した英語学習法と、初心者におすすめの洋書を紹介しました。

英語初心者が洋書を選ぶ際は、

  • 自分の英語レベルに合った本を選ぶ(辞書を使わずに読めるレベル)

  • 自分の好きなジャンルの本を選ぶ
・文字が大きい児童向けの本を選ぶ

これら3つのポイントを押さえて本を選ぶと、挫折しにくいのでおすすめです。

洋書を活用して、楽しく英語に触れましょう!

関連記事

  1. 即戦力の英会話力が身につくビジネス英会話勉強法とは?挨拶・電話会議で使えるフレーズ・文例も伝授

  2. 英語で薬・日用品を購入しよう!海外の薬局で使える英会話フレーズと例文

  3. 英語の電話対応時に使える例文まとめ【英語での営業やホテル予約時に使える表現も紹介】

  4. 英会話最速上達法は全ての表現をグッバイにすること!1000時間理論の真実と併せて解説

  5. 英会話スピーキング力を効果的に上げる方法とは?3つの練習ステップとおすすめの勉強法を紹介します。

  6. 知っておくと役に立つ日常英会話のフレーズと例文【旅行編】